コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

中国人集団において,5-HTTLPR遺伝子と5-HTR1A遺伝子の複合効果がネガティブなライフイベントと大うつ病性障害の関係を修飾することを解明 (Zhang et al., Journal of Affective Disorders, 2009)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

文楽の感情表現を用いたロボットの動作設計:音と動きの中の「序破急」に着目して(Dong et al., Advanced Robotics, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

【2021年春学期】大学の授業形態を考える上で押さえたい3つのポイント

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 最近は、だらだらと読んだ論文のメモを書いてしまっていますが、今日は最近考えていることについてまとめてみます。テーマは大学の授業形態です。

アートに関する脳:強烈な美的体験がデフォルトモードネットワークを活性化する(Vessel et al., Frontiers in Human Neuroscience, 2012)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

画像の曖昧さと流暢さ(Jakesch et al., PLOS ONE, 2013)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

複雑な感情に直面する:顔の感情表現の分析的知覚と全体的知覚は、それぞれ別の脳ネットワークで行われる(Meaux & Vuilleumier, NeuroImage, 2016)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

予測脳の中の複雑な感情(Hoemann et al., Current Opinion in Behavioral Sciences, 2017)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

美的体験のダイナミクスはデフォルトモードネットワークに反映される(Belfi et al., Neuroimage, 2019)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

幸福に対する全体的な見方:幸福の負の側面を信じる傾向は米国よりも日本の方が強い(Uchida, Psychologia, 2011)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニン-1A受容体C-1019G多型が脳機能ネットワークに影響を与える(Zheng, Scientific Reports, 2017)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニン-1A受容体を介したデフォルト・モード・ネットワークの差異ある制御(Hahn et al., PNAS, 2012)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

曖昧さの神経学(Zeki et al., Consciousness and Cognition, 2004)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

日本語版Levels of Emotional Awareness Scale(LEAS-J)の信頼性と妥当性について(Igarashi et al., Biopsychosocial Medicine, 2011)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

アルチンボルドのことは好きですか?審美眼が知覚の曖昧さを解決するための脳活動を調節する(Boccia et al., Behavioural Brain Research, 2015)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

聴覚と視覚の双安定知覚の分離可能性と共通性(Hirohito et al., Cerebral Cortex, 2012)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

予測プロセスと音楽の特異なケース(Koelsch et al., Trends in Cognitive Sciences, 2019)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

不確実性と驚きが音楽の楽しさと扁桃体、海馬、聴覚皮質の活動を共同で予測する(Cheung et al., Current Biology, 2019)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

アートに報酬を:ビジュアル・アートの予測誤差に関する暫定的な説明 (Van de Cruys, S & Wagemans, I-Perception, 2011)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

Covid-19パンデミックへの社会的適応における音楽的美的感情の役割(Sarasso et al., Frontiers in psychology, 2021)

みなさんこんにちは! 今日も論文を読んでいきます。

心の中の美:美しさの鑑賞は、知覚の促進と注意の増幅と相関する(Sarasso et al., Neuropsychologia, 2020)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

文化、弁証法、そして矛盾についての推論(Peng & Nisbett, American Psychologist, 1999)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

文化と混合感情:日本とアメリカにおけるポジティブな感情とネガティブな感情の同時発生(Miyamoto et al., Emotion, 2010)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

「自由な」選択はあるのか:二つの文化における自己と不協和音(Kitayama et al., Psychological Science, 2004)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

心地よい感情と不快な感情の関係に及ぼす文化的影響:アジアの弁証法哲学か、個人主義・集団主義か? (Schimmack et al., Cognition and Emotion, 2002)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

変化への期待と矛盾への寛容さの文化的差異:実証的研究の10年(Spencer-Rodgers et al., Personality and Social Psychology Review, 2010)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

複雑な感情とは何か、どのような条件がそれを育むのか?生涯経験、文化、社会意識(Grossmann & Ellsworth, Current Opinion in Behavioral Sciences, 2017)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

畏敬の念のポジティブな側面とネガティブな側面を感じる素質の個人差と文化差(Nakayama et al., Journal of Cross-Cultural Psychology, 2020)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

過去からの爆発:ノスタルジアの恐怖管理機能(Routledge et al., Journal of Experimental Social Psychology, 2008)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

注意制御の神経基質に対する文化的影響(Hedden et al., Psychological Science, 2008)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

Every penny counts: 全体論的・分析的思考スタイルがCovid-19の時代の寄付の意思決定に及ぼす影響について(Zhou et al., Personality and Individual Differences, 2021)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。