コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

心理学のお話

高文脈文化と低文脈文化:中国、韓国、アメリカの文化の比較 (Kim et al., Psychology & Marketing ,1998)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

美的評価のダイナミクスを説明するための認知メカニズム (Carbon, i-Perception, 2011)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

美的アハ体験:ゲシュタルトに繋がる洞察を得た時の喜び (Muth & Carbon, Acta Psychologica, 2013)

みなさんこんにちは。 微かに混じりあう教育と心理学とアートについて発信しています。じんぺーです!今日も論文を読んでいきます。

"見た目は好きだけど、美しくない":美しさを超えた感覚的な魅力 (Muth et al., Poetics, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信しています。 今日も論文を読んでいきます。

医学生の曖昧さ耐性と性格およびメンタリングプログラムへの参加との関係:横断的研究 (Nakhostin-Ansari et al., Annals of Medicine and Surgery, 2021)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

過去と一緒に痛みを減衰させる:ノスタルジアが身体の痛みを軽減する (Kersten et al., Frontiers in Psychology, 2020)

みなさんこんばんは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!(2日ほどお休みしてしまいました…)

曖昧に表現された感情を効果的に処理するための前頭葉ネットワーク(Nomura et al., Neuroscience Letters, 2003)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信しておりますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

人間の意思決定における不確実性の程度に対応する神経システム (Hsu et al., Science, 2005)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートの中にいるじんぺーです。今日も論文を読んでいきます!昨日の論文はこちら▽

4つの人種集団における不確実性尺度の心理学的分析 (Norton, Journal of Anxiety Disorder, 2005)

みなさんこんばんは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。じんぺーです! 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

Hofstede価値観調査モジュール (1994) の心理測定特性の国際的研究:個人レベルと国/地方レベルの結果の比較(Spector, Applied Psychology: An International Review, 2001)

みなさんこんばんは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。じんぺーです! 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

ミニマリスト・イン・スタイル:日本における自己,アイデンティティ,そしてウェルビーイング (Kan et al., Self and Identity, 2009)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。じんぺーです! 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

人工物の意図を理解することで、精神状態の帰属に特化した領域の神経活動を喚起する(Steinbeis & Koelsch, Cerebral Cortex, 2009)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。 じんぺーです!今日も論文を読んでいきます。

不確実性への不寛容と物質使用障害者のネガティブな感情との関係は?感情的苦痛を経験したときの行動をコントロールできないことの役割 (Bottesi et al., Addictive Behaviors, 2021)

みなさんこんばんは! 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。 昨日の論文はこちら▽

音楽と文学:共感と予測のメカニズムは共有されているか?(Omigie, Frontiers in Psychology, 2015)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。じんぺーです! 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

音楽と詩の表現意図、曖昧さ、美的体験 (Margulis et al., Plos One, 2017)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。じんぺーです! 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

意味のあるものは喜びをもたらす:タイトルが美的体験に与える影響 (Millis, Emotion, 2001)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。今日も論文を読んでいきます。 昨日の論文はこちら▽

中国人大学生における経験への開放性,外向性,および主観的な幸福感:特性畏敬の媒介的役割(Dong & Ni, Psychological Reports, 2020)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文を読んでいきます▽

美的感情と美的人格:開放性は興味と快楽の体験における新規性への感受性を予測する (Fayn et al., Frontiers in Psychology, 2015)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。 アブストだけです!!

マインドフルネス,曖昧性耐性と異人種間交際への態度 (Robinson, preprint, 2019)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

マインドフルネスの側面を探るためのセルフレポート評価法の使用 (Baer et al., Assessment, 2006)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

瞑想中および非瞑想中のサンプルにおける五面性マインドフルネス質問票の構成上の妥当性 (Baer et al., Assessment, 2008)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。今日も論文を読んでいきます。 昨日の論文はこちら▽

高齢者におけるコンパッションフォーカス療法の曖昧性耐性と死への不安に対する効果 (Baharvandi et al., Aging Psychology, 2020)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

五面性マインドフルネス質問票の日本語版の開発と検証 (Sugiura et al., Mindfulness, 2012)

みなさんこんばんは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

医療トレーニングにおける曖昧性耐性と心理的well-being:体系的レビュー (Hancock, & Mattick, Medical Education, 2020)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

マインドフルネス、自己理解、カウンセラーの特徴とセッション変数 (Fulton, Journal of Mental Health Counseling, 2016)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。(アブストのみ) 昨日の論文はこちら▽

予測と脳:音楽のサウンドが快になる方法 (Salimpoor et al., Trends in Cognitive Sciences, 2015)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

芸術の背後にある心を見る:子ども、チンパンジー、サル、象などの類似性の高い絵画と抽象表現主義の絵画を見分けることができる (Hawley-Dolan & Winner, 2011)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

子どもにはつくることはできない:素人観察者でも抽象美術の意図と構造を見分けることができる (Snapper et al., Cognition, 2015)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

なぜあなたは私のことを聞かない?反対意見への受容性の測定 (Minson et al., Management Science, 2019)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。 昨日の論文はこちら▽

価値観のニーズの根拠:認知的閉鎖の必要性と価値の優先順位との関連性 (Calogero et al., Personality and Individual Differences, 2009)

みなさんこんにちは。 教育と心理学について考えているじんぺーです。今日も論文を読んでいきます。 昨日の論文はこちら▽