コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

論文メモ

リスク認知におけるセロトニンの効果の解明:5-HTTLPRのSキャリアは不確実性ではなく、主に結果の大きさと関係している (MIllroth et al., Behavioral Neuroscience, 2017)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニントランスポーター遺伝子多型領域(5-HTTLPR)は中国の大規模サンプルにおける曖昧さとリスクの下での意思決定に影響を与える (He et al., Neuropharmacology, 2010)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

文化と地位関連行動:非対称ダイアドにおける相互作用の日米の認識(Kowner, & Wiseman, Cross-Cultural Research, 2003)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

GIVE ME GESTALT!:オブジェの高い検出能力を示すキュビズム作品の好例 (Muth et al., Leonardo, 2013)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです! 今日も論文を読んでいきます。

東対西:東アジア文化における宗教の心理学 (Clobert, Current Opinion in Psychology, 2021)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

実存的な脅威の下での自己の不確実性に抗して流れに身を任せる (Yang et al., Self and Identity, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

自己不確かさの妥当性が自尊心の努力を高めることを示す神経生理学的・行動学的証拠 (Yang et al., Biological Psychology, 2019)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

曖昧さに対する許容度に及ぼすケースメソッドの影響 (Banning, Journal of Management Education, 2003)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

不確実性とCOVID-19:私たちはどのように対応すべきか? (Koffman et al., Journal of the Royal Society of Medicine, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

文化的規範と価値観の原理に関する研究:不確実性と死亡時の意味合いが文化的世界観の侵害に対する反応と強化に与える影響について (Van den Bos et al., Journal of Experimental Social Psychology, 2005)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

異文化コミュニケーションの有効性、文化的知性と知識の共有 不安・不確実性マネジメント理論の拡張 (Presbitero & Attar, International Journal of Intercultural Relations, 2018)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

不確実性マネジメント理論の自己への拡張-正義・社会比較志向・反社会的労働行動の関係性 (Thau et al., Journal of Applied Psychology, 2007)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

異文化間の言葉による欺瞞 (Leal et al., Legal and Criminological Psychology, 2018)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

高文脈文化と低文脈文化:中国、韓国、アメリカの文化の比較 (Kim et al., Psychology & Marketing ,1998)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

美的評価のダイナミクスを説明するための認知メカニズム (Carbon, i-Perception, 2011)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

美的アハ体験:ゲシュタルトに繋がる洞察を得た時の喜び (Muth & Carbon, Acta Psychologica, 2013)

みなさんこんにちは。 微かに混じりあう教育と心理学とアートについて発信しています。じんぺーです!今日も論文を読んでいきます。

(無) 秩序を求めて:秩序は魅力的だが、軽度の無秩序と複雑な秩序は興味を喚起する (Muth et al., Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2019)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

"見た目は好きだけど、美しくない":美しさを超えた感覚的な魅力 (Muth et al., Poetics, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信しています。 今日も論文を読んでいきます。

医学生の曖昧さ耐性と性格およびメンタリングプログラムへの参加との関係:横断的研究 (Nakhostin-Ansari et al., Annals of Medicine and Surgery, 2021)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

過去と一緒に痛みを減衰させる:ノスタルジアが身体の痛みを軽減する (Kersten et al., Frontiers in Psychology, 2020)

みなさんこんばんは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!(2日ほどお休みしてしまいました…)

小説を読む喜びは、フロー、存在感、識別、サスペンス、認知的関与によって説明される (Thissen et al., Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

kindchenschemaの普遍性と特異性:キュートな長方形の異文化研究 (Cho et al., Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

曖昧に表現された感情を効果的に処理するための前頭葉ネットワーク(Nomura et al., Neuroscience Letters, 2003)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信しておりますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

リスクテイク傾向の個人差は思春期におけるリスクと曖昧な意思決定の神経処理を変調させる(Blankenstein et al., Neuroimage, 2018)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信しているじんぺーです! 今日も論文を読んでいきます!

E-テキスタイルという新しい領域での合意審査:専門家、準専門家、初心者の審査員からの洞察比較 (Phonethibsavads, Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信をしていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

人間の意思決定における不確実性の程度に対応する神経システム (Hsu et al., Science, 2005)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートの中にいるじんぺーです。今日も論文を読んでいきます!昨日の論文はこちら▽

ナショナリズム、パーソナリティ、意思決定:軍事的多国籍チーム編成シナリオのためのSJTからのエビデンス (Mattews et al., Personality and Individual Differences, 2018)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートについて考え続けていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます!

ウイルス的に行く:COVID-19パンデミック時のフェイクニュースの検出と拡散に恐怖、社会認知的分極化、問題解決能力がどのように影響を与えるか (Salve et al., Frontiers in Communication, 2021)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。じんぺーです! 今日も論文を読んでいきます!

組織の中における曖昧性耐性:定義の明確化と今後の研究の展望 (McLain et al., Frontiers in Psychology, 2015)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。 じんぺーです!今日も論文を読んでいきます。

開放性とその他のビッグファイブの特性と混合した感情の気質との関係(Barford & Smillie, Personality and Individual Differences, 2016)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートと。 じんぺーです!今日も論文を読んでいきます。