コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

論文メモ

俳句における時間についての日本と西洋の視点(MuMurray, 2020)

みなさんこんにちは。 じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

クロスカルチャー・ポエトリー:日本の俳句が英国の現代詩に与えた影響についての比較研究(Salloom, 2020)

みなさんこんにちは。 じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

自閉症と不確実性への不寛容:相性の悪いペア(Bervoets et al., Trends in Cognitive Sciences, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

中国におけるCOVID-19発生の異なる時期におけるクリエイティブパブリシティの役割:漢詩のクリエイティブパブリシティを例として(Jia et al., Frontiers in Psychology, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

アートに触発される:美的魅力が高ければ高いほど、創造的な文章を書く作業において、心の中のインスピレーションが高まる(Welke et al., PACA, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

Do You See What I See? 研究室と博物館での美的体験の調査(Specker et al., PACA, 2017)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

アート鑑賞はどのようにして創造性を高めるのか?(Ishiguro & Okada, Journal of Creative Behaviour, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

芸術的創造から美的受容へ:アートのミラーモデル(Tinio, PACA, 2013)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

受容的・創造的な文化活動のパターンと、成人の健康感、不安、抑うつ、生活満足度との関連性:HUNT調査(ノルウェー)(Cuypers et al., NorwayJ Epidemiol Community Health, 2012)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

日本、トルコ、ドイツの異文化情動神経科学的性格比較(Özkarar-Gradwohl et al., Culture and Brain, 2020)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

音楽がもたらすノスタルジア:感情、記憶、そしてパーソナリティ(Barrett et al., Emotion, 2010)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

「美しさは物事そのものの質ではない」:アートに対する暗黙の嗜好に影響を与える認識論的動機付け(Chirumbolo et al., PLoS ONE, 2014)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

美的自己:音楽や芸術における美的センスが私たちのアイデンティティを構成する重要性について(Fingerhut et al., Frontiers in Psychology, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

認知的欲求と現実的絵画および非現実的絵画の鑑賞・理解・視聴時間との関係について(Ostrofsky & Shobe, Empirical Studies of the Arts, 2015)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

経験の中の芸術:実証的心理学は芸術的価値の評価に役立つか?(Reber, Leonardo, 2008)

みなさんこんにちは! じんぺーです今日も論文を読んでいきます。

美的感情の次元とクラスター:セマンティックプロファイル分析(Beermann et al., Frontiers in Psychology, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

美術鑑賞における瞳孔の反応:美的感情の影響(Kuchinke et al., PACA, 2009)

みなさんこんにちは! じんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

努力のヒューリスティック(Kruger et al., Journal of Experimental Social Psychology, 2004)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

アートな心と美術史の出会い:鑑賞科学のための精神史的な枠組みを目指して(Bullot & Reber, Behavioral and Brain Sciences, 2013)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

ニコチン受容体遺伝子多型と自発的まばたき率との関連について(Nakano et al., Sci Rep, 2015)

みなさんこんにちは! 今日も論文を読んでいきます。

共感型学習モデルを用いた中学校の美術授業の効果について(You et al., Current Psychology, 2020)

みなさんこんにちは! じんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

The Curious Case of Threat-Awe: 理論的・実証的な再概念化(Chaudhury et al., Emotion, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

人間は曲線のある物体を好む(Bar & Neta, Psychological Science, 2006)

みなさんこんにちは! じんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

Wu Guanzhongの中国絵画におけるホワイトスペースの評価と分析(Fan et al., Leonardo, 2019)

みなさんこんにちは! じんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

観測者は曲面が好きなのか、それとも角度が嫌いなのか?(Bertamini et al., British Journal of Psychology, 2016)

みなさんこんにちは! 今日も論文を読んでいきます。

西洋画と東アジア画の鑑賞における文化の影響について(Trawiński et al., 2021)

みなさんこんにちは。 今日も論文を読んでいきます!

散歩に出たドット:人間らしい動きで描かれた線が好まれる(Chamberlain et al., British Journal of Psychology, 2021)

みなさんこんにちは。 じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

逆境の中で生まれた人間の価値が「感動」を生む(Strick & van Soolingen, Cognition and Emotion, 2017)

みなさんこんにちは。 じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

画家の画風に合わせたアクションでキャンバスの下地を作り、美的感覚を高める(Ticini et al., Frontiers in Human Neuroscience, 2014)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

線の引き方を想像する:視聴者の評価と心拍数に基づく書道鑑賞の促進要因について(Matsumoto & Okada, Frontiers in Human Neurosience, 2021)

みなさんこんにちは! じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。