コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

論文メモ

人工知能 vs. マヤ・アンジェロウ:人はAIが生成した詩と人間が書いた詩を区別できない(Köbis & Mossink, Computers in Human Behavior, 2021)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

CG-Art:芸術的創造性の人間中心的バイアスを解明する(Arriagada, Connection Science, 2020)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

芸術家の抽象芸術と子供や動物の抽象芸術を区別する:人間の知覚と機械の知覚の比較(Shamir et al., ACM Transactions on Applied Perception, 2016)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

共感は音楽における感情表現の知覚と関連するか?マルチモーダル時系列解析(Wollner, Psychology of Aesthetics, Creativity, & the Arts, 2012)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニン2A/1A受容体の刺激が社会的排除処理に及ぼす影響(Preller et al., PNAS, 2016)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

5HTR2A-1438 A/G核酸多型がメタコントラスト・マスキング課題の成績に影響を与える:脆弱性テストと錐体細胞の神経調節への示唆(Maksimov et al., Neuroscience Letters, 2015)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

韻と韻律の曖昧さの効果(Wallot & Menninghaus, Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, & Cognition, 2018)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 論文を読んでいきます。

CAN: Creative Adversarial Networks, スタイルの学習とスタイル規範からの逸脱による「アート」の生成(Elgammal et al., preprint, 2017)

みなさんこんばんは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

アート作品の評価におけるAIの属性知識の役割について(Gangadharbatla, Empirical Studies of the Arts, 2021)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

アート作品の評価におけるAIの属性知識の役割について(Gangadharbatla, Empirical Studies of the Arts, 2021)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

俳句に音楽のテーマを取り入れる指示をすると、俳句の創造性が高まる(Sifonis & Sullivan, 2019)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

人工知能創造と人間の芸術創造の美的体験についての考察 (Xu & Hsu, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

会話の間、ギャップ、オーバーラップ(Heldner & Edlund, Journal of Phonetics, 2010)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

目が語る「詩を読む」ということ(Menninghaus & Wallot, Poetics, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

ヒト脳における5-HT1A受容体と5-HTTの局所的共発現に関するPET研究(Lundberg et al., Psychopharmacology, 2007)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

大脳皮質前頭葉の錐体細胞におけるセロトニン1Aおよびセロトニン2A受容体の共同発現と生体内での相互作用について(Amargós-Bosch et al., Cerebral Cortex, 2004)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 論文を読んでいきます。

TPH遺伝子と創造的洞察力の関連性について(Zhang & Zhang, Psychology of Aesthetics, Creativity, & the Arts, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニン受容体遺伝子(5-HT1A)がアレキシサイミア特性と愛着志向を調節する (Gong et al., Psychoneuroendocrinology, 2014)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニン1A受容体遺伝子は気分障害に感受性を与える:大うつ病および双極性障害患者を対象とした拡張メタアナリシスからの結果(Kishi et al., European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 2013)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

中国人集団において,5-HTTLPR遺伝子と5-HTR1A遺伝子の複合効果がネガティブなライフイベントと大うつ病性障害の関係を修飾することを解明 (Zhang et al., Journal of Affective Disorders, 2009)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

文楽の感情表現を用いたロボットの動作設計:音と動きの中の「序破急」に着目して(Dong et al., Advanced Robotics, 2020)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

アートに関する脳:強烈な美的体験がデフォルトモードネットワークを活性化する(Vessel et al., Frontiers in Human Neuroscience, 2012)

みなさんこんにちは。 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

画像の曖昧さと流暢さ(Jakesch et al., PLOS ONE, 2013)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

複雑な感情に直面する:顔の感情表現の分析的知覚と全体的知覚は、それぞれ別の脳ネットワークで行われる(Meaux & Vuilleumier, NeuroImage, 2016)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

予測脳の中の複雑な感情(Hoemann et al., Current Opinion in Behavioral Sciences, 2017)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

美的体験のダイナミクスはデフォルトモードネットワークに反映される(Belfi et al., Neuroimage, 2019)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

幸福に対する全体的な見方:幸福の負の側面を信じる傾向は米国よりも日本の方が強い(Uchida, Psychologia, 2011)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニン-1A受容体C-1019G多型が脳機能ネットワークに影響を与える(Zheng, Scientific Reports, 2017)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

セロトニン-1A受容体を介したデフォルト・モード・ネットワークの差異ある制御(Hahn et al., PNAS, 2012)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。

曖昧さの神経学(Zeki et al., Consciousness and Cognition, 2004)

みなさんこんにちは! 微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。 今日も論文を読んでいきます。