コーヒー1杯の暖かさ

心理学を専攻する教育大生が、教員を目指さずに、日本の教育に一石を投じます。

【SHOWROOM VSシリーズVol.5】VSあゆみさん編

f:id:jin428:20191005002605p:plain

 みなさまこんにちは!

教育と心理学について日々考えておりますじんぺーです。

前回は、SHOWROOM VS シリーズのにっせんくん編について書きました。

 

 

www.jinpe.biz

 

 

おもしろい話たくさんしてくれたので、ぜひ読んでくださいね~

 

 

そして、今回はずっとお話したかった方とコラボすることができました~

 

 

 

 

VS あゆみさん編

今回の対談相手はlightfulという教育団体を立ち上げ、代表をされているあゆみさんという方です。

 

 

twitter.com

 

lightfulもフォローしちゃいましょう!

 

twitter.com

 

そして、あゆみさんが取材されていた素敵な記事を見つけたので、そちらも貼っておきます!

 

gakusei-kichi.com

 

うん、、もうこれ読んでもらったら、なんにも言うことないな笑

 

 

....

 

 

冗談です~今回も3つほどお話したこと書きますね!

 

 

あゆみさんとのお話➀ 「サラリーマン or 先生」を選ぶ時期が早い?!

f:id:jin428:20191005011759j:plain

あゆみさん、はじめましてやったんですけどね~

めちゃくちゃラフな感じで話し続けてしまいました笑

 

 

そんなゆるい雰囲気で話が進む中、「おっ」と思った話が出てきました。

 

 

それが、サラリーマンと学校の先生を決める(決めないといけない)時期が早すぎるのではないか、という話。メインは、仕事を決めるための情報量が少ないという話でしたね~

 

 

学校の先生になるための1番最初の選択は、高校生の進路選択の時期で、「教職課程」がある大学かどうかというのを考えます。

 

 

教職課程に来たら授業や実習を経て、教採を受けますが、そんな学生がみてきた学校や教育の姿って教育の全体像のほんの1部分で、それだけでお仕事を決めるのは難しいとあゆみさんは言っておられました。

 

 

公立だけ、私立だけ、自分がみてきた学校だけ…

 

 

それだけで自分の将来を決めなくてはいけない現状に危機感を抱いているようでした。そんな問題意識から、lightfulのコンテンツも生まれてきたのかもしれませんね!

 

 

あゆみさんとのお話② lightful誕生物語

f:id:jin428:20191005013841p:plain

lightfulのめちゃくちゃ画期的なビジネスモデルの話もとってもおもしろいのですが、ぼくがここで書くのもなんか違う気もするので、あゆみさんの人間的な部分に触れていきますね~

 

lightfulの誕生秘話です!

 

 

lightfulは昨年の6月に立ち上がったそうです。

 

 

一緒に立ち上げた副代表の方は、あゆみさんとは全くタイプが違うと何度か言ってました。タイプは違うながらもリスペクトし合う2人のようです。

 

 

高校の同級生、でも当時はそんなに仲良くはなく、それでもなぜか「お互い将来一緒に仕事しそうだね」と言い合っていたようです。。

 

 

いや、そんなマンガみたいなことある?!?!

 

 

ぼくの大好きなマンガ、「バクマン。」を思い出さずにはいられませんでした。

(読んだことない人はぜひ)

 

 

そして、当時の直観通り2人は一緒にlightfulを立ち上げることになります!

(大学院生さんも加わり4人が立ち上げメンバーのようです!)

 

 

ドラマチックすぎる。。これはずるい。。

 

 

あゆみさんとのお話③ 先生も学生もハッピーになるには…

f:id:jin428:20191009214742j:plain

 最後はやっぱり、あゆみさんの活動のお話を。

 

 

あゆみさんが初めてTwitterに現れた時、ぼくはすごく驚きました。

 

 

なぜなら、あゆみさんがやろうとしていたことは、まさにぼくのやりたいことだったからです。

 

 

ぼくがやりたかったことは、マンパワーが圧倒的に不足している今の学校に、教員志望の学生を送り込む(ちょっと言い方悪いですね…)ことです。

 

 

教育大学などの大学、また教育委員会にも実はそういう仕組みはあります。支援員や学生ボランティアという位置づけです。

 

 

そんな仕組みにぼくは疑問を持っていました。

 

 

www.jinpe.biz

 

www.jinpe.biz

 

 その理由については詳しくは書きませんが、こちらを読んでいただけると嬉しいです。

 

 

簡単にいえば、学校に入る学生にもしっかりとした対価を支払うべきと思っていたのです。

 

 

そんなぼくと同じ考えだったのが、あゆみさんです。ぼくが「こうしたいなあ」と思っていたことを現在進行形で動かしていました。とても驚いたし、とても嬉しかったのを覚えています。

 

 

 あゆみさんがどのような仕組みでシステムを構築したかという話は本当に興味深かったです。(ぼくの口からよりも、本人から聞いてみてください~)

 

 

既に何校かで、学生が入っているみたいです!

実際に行動に移しまくっている姿に刺激を受けます!!

 

 

lightfulがもっと本格的に広まりだしたら、学校内にいい風が吹いて、働き方も少しずつ変わっていくのではないかととても楽しみにしています。

 

 

なんか、あゆみさんならやってのけそうなんだよな~

 

 

お互いにもっと活動広げて再会したいですね~

 

 

実は、lightfulもTeacher Aideもあまり関係ないところで、あゆみさんとはおもしろい企画進めてます~そちらもお楽しみに~

 

 

 

あゆみさん、関西来て、お話してくれて本当にありがとうございました!

 

あゆみさんからの宣伝!! 

 lightfulでは現在、学生のインターンさんを募集しているそうです。

 

こちらのURLに飛んでいただいて、LINE@を追加するとさらなる情報を得ることができます。

 

line.me

 

また、ぼくも対談した、キタバくんとあゆみさんが#電カフェでお話するようです。

 

 

こちらもぜひチェックお願いしますー!!

 

 

次回SHOWROOMの宣伝!!

今度は、なんとあのざるさんとお話をする予定ですよ~

 

 

10月16日21時頃からです!!

 

www.showroom-live.com

 

 

 

こちらのルームのフォローして頂き、お待ちください~

 

 

ではまた~

 

 

本日もここまで読んでくださりありがとうございました!

f:id:jin428:20190925184013j:plain

 

エモい季節です。