コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

意味があまり感じられなくて、たぶん無目的なものを「好き」だけでやりたい人がいて、それを笑いながらも乗っかる

f:id:jin428:20200304234514j:plain

みなさんこんばんは〜🌛

今日も適当に書きます。

酔っ払ってるか、めっちゃ眠いか、めっちゃ疲れている状態で、読んで欲しいです。

 

 

 

先日、Teacher Aideで合宿的なものをしました。

 

 

なんとこの合宿までもメンバーが企画運営してくれて、ぼくは全く企画に携わっていません。

 

 

その子がやりたいから生まれた企画。

 

 

で、合宿までならまだしも、そのコンセプトたるや完全に主催者の好みで、面白かったのです。

 

 

歴史、特に室町時代とかが好きな彼が提案した合宿コンセプトは「一揆」

 

 

 

 

 

意味不明でしょーーー??

 

 

 

 

それを真顔で提案して、説明する。

 

 

傘連判状とかいう、歴史の教科書で見たやつを書いたり、かつての一揆の集会?が行われた宇治の平等院に行ったりしたいということであった。

 


f:id:jin428:20200304233106j:image

 

(一応言うとくと、一揆っていうのは全部が全部革命みたいなことじゃなくて、一致団結してやっていこーみたいな感じらしい。)

 

 

もちろん、そいつはアツい。めちゃくちゃアツい。

 

 

そして、周りのみんなはめちゃくちゃ冷めてる。「なにあいつ」みたいな感じで笑ってる。

 

 

見事なまでの対比。「熱」と「冷」

 

 

 

でもね

 

 

 

それでいいんだよ、って思ったお話です。

 

 

意味がよくわからん、そして、たぶん重要な意味なんてそこにはなくて、ある種無目的的なものなんだけど、

(気持ちを1つに!みたいなまとめ方もできるんだけど、そうすると逆に陳腐笑)

 

 

その人が心動かされるもので、「やってみたい!」って思えるものならやってみたらいいんじゃないかな?

 

 

それで、周りの人が嫌じゃなくて、なんとなくそれに乗っかるみたいな雰囲気、ぼくは大好きだなあ。

 

 

それで、今度はその周りの誰かが、「自分の好き」を実現してもらったらの話なんだし、結局は交代交代なんじゃないかなあ〜って思うんです。

 

 

今日はこのへんにしておきます〜

  

 

 

こんな文章読んで頂きありがとうございます〜!