コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

ブログを書くのはすごいとみせかけて、17字と140字の世界よりよっぽど楽してる

f:id:jin428:20200305220734j:plain

みなさんこんばんは。

思ったことをつらつら書き連ねるのが癖になってきました。

昨日はこんなこと書きました。

 

 

www.jinpe.biz

 

落合さんに影響を受けているのがもろばれで少し恥ずかしいですが、まあいいでしょう。一生厨二でいましょうね~!

 

 

今日もタイトルそのままなんですが、ブログをこうずっと書いてきたり、最近はあまり構成も考えずにつらつら吐き出したりして、思っていることを書こうかなと、思っております~。

 

 

 

ブログ書いている人のこと、どう思いますか?

 

 

すごいなあって思ったりしてません?

(自分でいうな案件ですが…)

 

 

でも実は全くそんなことなくて、ぼくがいまやっている俳句の17文字とか、Twitterの140字とかで情報とか想いを伝えるほうがよっぽど難しいんですよね~

 

 

今書いている記事なんて、なーんも考えずに打ってますからね~

 

 

この文字数を減らす、つまり、情報とか想いを圧縮するのってほんと難しいんですよ。やっている方はわかってもらえるはずです~!

 

 

 

最近は俳句を詠んでいます。

 

これけっこう目の付け所よいなあと思ったんですが、たぶん伝わってないんですよね笑

 

 

よく行っている銭湯にラミネートでその銭湯のスタッフが作った新聞が貼っているんですが、これ貼っているのって、お風呂にお湯が貼ってなくて、蒸気が漂っていない、誰もいない銭湯なんだろうなあと想いを馳せて詠んだわけです。

(こういう解説後からするのが一番はずい笑)

 

 

ここまで説明してようやくなんのことだか分かる人だっていると思うし、やっぱり意味が伝わっているのは両者にとって無理のない、気持ちいい状態なんじゃないかなあと思うんです。

 

 

だから、こうあれこれ説明できるブログって実はほんと楽なんですよね。

 

 

かといって、いつもちゃんと構成を考えて論理的に説明するようなブログはまたちょっとわけが違います。

 

 

ぼくのこの記事みたいにむちゃくちゃな構成で思っていることをただただ書いていくのは、Twitterの140字よりも俳句の17字よりもよっぽど楽なんだぜ~というよくよく考えれば当たり前の話でした~

 

 

 

エモ要素すら入れれなくてすみません~

 

 

 

 

ここまで読んでくださり本当にありがとうございます~