コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

美的応答性評価 (Aesthetic Responsiveness Assessment: AReA):英語とドイツ語による芸術に対する反応性の個人差を評価するためのスクリーニングツール (Schlotz et al., Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2020)

f:id:jin428:20201031205940j:plain
みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。

今日もアブストだけです。休日なのでお許しあれ~

昨日の論文はこちら▽

www.jinpe.biz

 美的応答性評価 (Aesthetic Responsiveness Assessment: AReA):英語とドイツ語による芸術に対する反応性の個人差を評価するためのスクリーニングツール (Schlotz et al., Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2020)

 

アブストラクト

人は芸術作品に対する反応の仕方に違いがある。このような個人差を測定することは、反応のばらつきを説明したり、特に反応のある部分集団を選択したりするのに役立つ。我々は、関連する行動や経験を示す項目のサンプルに基づいて、英語とドイツ語の芸術作品に対する反応性の個人差を評価するためのスクリーニングツールである美的反応性評価(Aesthetic Responsiveness Assessment: AReA)を探索的に構築した。探索的因子分析および確認的因子分析の結果、美的鑑賞強烈な美的経験創造的行動という3つの一次因子と、美的反応性という2次因子が示唆された。美的反応性は、米国とドイツの参加者N = 781人を対象に評価され、測定の不変性分析では、言語のバージョン間で完全なメトリックと部分的なスカラーの不変性が示された。AReAスケールのスコアは良好な信頼性推定値を示した。検証研究では、AReAスケールのスコアと関連する構成要素の測定値、および音楽、視覚芸術、詩に対する反応を継続的および遡及的に記録したものとの間に期待される関連性が確認された。要約すると、AReAは、探索的構築戦略と確認的構築戦略を組み合わせて構築された、美的反応性を評価するための有望な、心理測定的に評価された尺度である。AReAは、英語とドイツ語を話すサンプルの両方でスクリーニングツールとして使用することができる。

論文

Schlotz, W., Wallot, S., Omigie, D., Masucci, M. D., Hoelzmann, S. C., & Vessel, E. A. (2020). The Aesthetic Responsiveness Assessment (AReA): A screening tool to assess individual differences in responsiveness to art in English and German. Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts. Advance online publication. https://doi.org/10.1037/aca0000348