コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

神経認知詩学:文学受容の神経科学的・感情認知的基盤を調査する方法とモデル (Jacobs, Frontiers in Human Neuroscience, 2015)

f:id:jin428:20201102181815j:plain
みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます!昨日の論文はこちら▽

 


www.jinpe.biz

 

今日はレビュー論文! 

Fiction Feeling仮説

・感情的な内容の物語は、中立的な内容の物語よりも、読者が主人公に共感し、テキストの世界に没頭するように誘う

(例えば、前島皮質や中帯状皮質を中心とした脳の感情的共感ネットワークに関与することによって)

Panksepp-Jakobson仮説

・進化には芸術受容のための適切なニューロンシステムを発明する時間がなかった

→文学的な読書についてはなおさらであるが、読書時に経験する情緒的・美的プロセス(Jakobsonの「詩的機能」参照)は、おそらくPanksepp(1998)によって最もよく説明されているように、我々がすべての哺乳類と共有している古代の感情回路にリンクしているに違いないとする仮説

 

神経認知詩学のための方法とツール

・文学的なテキストに対する読者の反応は、テキスト文脈読者(すなわち、スキルモチベーションパーソナリティ;Dixon et al., 1993参照)という3つの要因のグループによって決定

→テキスト分析のためのツールに焦点を当て、文脈と読み手の要因については周辺的にしか言及しない

 

テキスト分析

・文学的テキストは、(1)メトリック、(2)音韻論的、(3)構文的、(4)意味的特性によって、方法論的に記述することができる

・さらに、テキストの特徴を、(a)亜語彙的特徴、(b)語彙的特徴、(c)間語彙的特徴、(d)超語彙的特徴に階層的に分析することができる

→4*4のマトリックス

・どんなテキストでも、BAWL、Affective Norms for German Sentiment Terms' (ANGST; Schmidtke et al., 2014a,b)、または英語用の同様のツール(Whissell et al., 1986; Bradley and Lang, 1999; Citron et al., 2012)を使用して「様式的に」分析することができる

 - 詩の感情ポテンシャルの定量化(Aryaniら、2015)

 - ハリー・ポッター小説の一節の定量化(Hsuら、2015b)

    - E.T.A.ホフマンのブラックロマンティックな物語「サンドマン」の定量化(Jacobs、2015; Lehneら、2015)

 

Foreground (FG) と Background (BG)

・単純な 4 × 4 の行列は、詩的なテキストを扱うための中心的な区別 (FG対BGの特徴) を欠いている

 

FG :「作者、(文学的な) テキスト、読者の間の動的な相互作用を指す実用的な概念」(Van peer, 1986)

 

FGの特徴は、注意の捕獲、スキーマータや状況モデルの適応、新しい意味のゲシュタルトの構築、自己内省、または懸念を介して審美的なプロセスを促進すると仮定

・Van Peer et al. (2007)のFG質問票や最近の経験質問票 (Kuiken et al., 2012)の翻案のように、テキストのBG/FG係数を決定するための尺度を採用することによって、経験的に問題に取り組むことができる

・Lüdtke et al. (2014) は最近、「気分の詩」(Meyer-Sickendiek, 2011)を分析するために特別に設計された12項目のPoetry Reception Questionnaire(PRQ)を用いて、18世紀から20世紀のドイツの詩(例えば、Hölderlin, Heym, 18世紀のドイツ語の詩)にはBGの特徴があるという仮説のための証拠を発見

→描かれたモチーフや現象、経験(例えば、朝の静けさ)との親和性など、18~20世紀のドイツの詩(例えば、Hölderlin、Heym、Beckerなど)のBGの特徴が、読者の感情反応や没入プロセス、特に気分共感を誘発しているという仮説の証拠を発見した。

・3つの修辞変数と潜在的なFGの特徴である韻律、メートル、brevitas(すなわち、芸術的な短さ)が、理解のしやすさと美しさの評価、および説得力の選択に及ぼす影響を調査することによって、このことを調べた(Menninghaus et al., 2014)

→完全にレトリック化されていないバージョン(すなわち、brevitas/meterと韻律が無効化されたバージョン)が最もわかりやすいと判断されたのに対し、3つの特徴をすべて備えたレトリック化されたバージョンが最も美しいと判断された

 

神経美学の観点から

・人が美しいもの(文章を含む)を見ることで経験する喜びが、脳の一般的な報酬回路の一部を自動的にリクルートすることを一貫して示している(Kühn and Gallinat, 2012)

→Panksepp-Jakobson仮説を確認

・文字通りの言語に比べて比喩的な(前景の)言語では左扁桃体が有意に活性化することが示されており、これは後者の方が感情的関連性が高い(Sander et al., 2003)および/または感情的強度が高い(Phan et al., 2004)ことを示していると考えられる

LIFG (左下前頭回)は、比喩的言語処理とリテラル言語処理を区別する最大の効果を持つ構造であることが判明

 

NCPM

・修辞学、美学、詩学、実験的読書研究、あるいは認知・情動神経科学など、さまざまな分野からのアイデアや結果を統合し、言語と情動のギャップを埋めようとする折衷的で包括的な取り組み

・(書かれた)文学の受容に理論的に関与する精神的プロセスと、3つの主要な研究レベル(ニューロン、主観的ー経験的、客観的ー行動的)におけるそれらの相互関係についての多くの仮説を明示し、それによって検証可能なものとすることで、より具体的な形式的モデル化への第一歩を踏み出す

 

コメント

文学の審美性を論じるうえでとても重要な論文の1つ。もちろん以前に読んでいたが、難しくてあまり理解できなかった。正直今回も100%理解できたわけではないが、NCPMとその主要な役割であるBGとFGについて前よりは分かった気がする。

BGとFGは文学の審美性研究ではとても重要な概念だということが改めてよくわかり、今まで勉強を怠っていたなと思った。文脈のことも比喩や対句などの修辞技法も、没入やアイトラックなどの鑑賞者の様子もBG・FGと密接に関わっていて、避けては通れないはずであって、もう一度勉強したいと思った。

論文

Jacobs, A. M. (2015). Neurocognitive poetics: methods and models for investigating the neuronal and cognitive-affective bases of literature reception. Frontiers in Human Neuroscience, 9(186).