コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

DARMA:二軸レーティングとメディアアノテーションのためのソフトウェア (Girard & Wright, Behavior Research Method, 2018)

f:id:jin428:20201123232916j:plain
みなさんこんばんは!

教育と心理学について考えているじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

 

 

www.jinpe.biz

 

早速行きます!

 

DARMA:二軸レーティングとメディアアノテーションのためのソフトウェア (Girard & Wright, Behavior Research Method, 2018)

結論から言うと、コンピュータのジョイスティックを操作することでリアルタイムで提供され、感情状態の知覚や表現、社会的シグナルの伝達など、情緒的なプロセスや対人関係の研究に特に適しているDARMAの開発を目指した研究。

 

背景

■行動や経験を完全に理解するためには、時間に依存するパターンを理解する必要がある

・大規模な時間のマクロレベル(要旨)分析と、離散的なセグメントのミクロレベル(原子レベル)分析に二極化する傾向

■連続測定システムが開発された(Girard & Cohn, 2016)

・評価者が自分の知覚や経験(例えば、見たもの、聞いたもの、感じたもの)を高頻度で報告することに依存している

■ソフトウェアパッケージ

・ESL(Schubert 1999)

・FEELtrace(Cowie et al. 2000)

・RTCRR(Schubert 2007)

・EMuJoy(Nagel, Kopiez, Grewe, & Altenmuller, 2007)

・CMS(Messinger, Cassel, Acosta, Ambadar, & Cohn, 2008)

・JoyMon(Sadler, Ethier, Gunn, Duong, & Woody, 2009)

・Gtrace(Cowie, McKeown, & Douglas-Cowie, 2012)

・CARMA(Girard 2014)

■一般的な円周モデルは、感情的円周 (情を価 値(不快から快感へ)と覚醒(低エネルギーから高エネルギーへ)の次元を用いて記述) と対人的円周 (エージェンシー(支配への服従)とコミュニオン(温かさから冷たさへ)の次元を用いて社会的相互作用を記述)

 

方法

■性格病理が恋愛機能に及ぼす影響に関する大規模な研究から、74組の恋愛カップルをサンプリング

・6人の学部研究者は、対人行動の観察的測定のためにDARMAを使用する訓練を受けた

・分析には6人の評価者全員の平均を使用

→評価者間の信頼性の平均は、エージェンシーがICC = 0.85、コミュニオンがICC = 0.75と優れていた

■DARMAは、MATLABプログラミング言語で書かれた

・ロジクールエクストリーム3Dプロ

 

結果

■レーティングを分析および解釈するためのツールも利用可能(現在、拡張中)

・Analyze Ratingsオプションでは、各注釈ファイルの記述統計、およびそれらの評価者間の一致度と信頼性の推定値を計算して表示(Girard & Cohn, 2016; McGrac & Wong, 1996; LeBreton, Burgess, Kaiser, Atchley, & James, 2003)

・時系列分析については、より多くの選択肢が計画中

■スモークプロットは、1人のレイター(または平均系列)に関する詳細な情報を提供し、「セントロイド」プロットは複数のレイター間での比較を可能にする

■過去に連続測定ソフトウェアを使用したことのある研究者(その多くは対人関係心理学の分野の専門家である)を対象に、オンライン調査を実施

・ほとんどのユーザー(82%)がDARMA全体に非常に満足している(M = 6.73)

 

コメント

昨日に続きContinuous Annotation に関する論文を紹介。見た目で理解しやすいUIで(Matlabが使えるとしたら)とても便利なツールとなりえると思った(それが難しいのだけど)。とりあえず自分が今しないといけないことは、できるだけ多くの「2次元の情動はジョイスティックで追える(妥当性がある)」という証拠をできるだけたくさん集めることなのかなあと思う。今回は対人的円周による実験であったが、情動のことも何度も言及していたので、妥当性があるという確信がさらに強まった。MRI内ではどうだろうか。

 

論文

Girard, J.M., & Wright, A.G. (2018). DARMA: Software for dual axis rating and media annotation. Behavior Research Method, 50, 902–909. https://doi.org/10.3758/s13428-017-0915-5