コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

異なる創造性領域におけるパーソナリティと思考スタイル (Haller & Courvoisier, Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2010)

f:id:jin428:20201204230255j:plain

みなさんこんばんは。

今日も論文を読んでいきます。

アブストだけです。最近注意散漫で生産性低いので、なんとかしたいです…

 

 

www.jinpe.biz

 

 

異なる創造性領域におけるパーソナリティと思考スタイル (Haller & Courvoisier, Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 2010)

性格と思考スタイルの両方における創造性の決定的な側面は、例えば、外向性と内向性の間を移動したり、ヒューリスティック思考とアルゴリズム思考の間を移動したりするような思考スタイルの中で、人格的特徴の中で変化する能力や傾向であるかもしれない。

このような移動性は、「複雑な」性格の特徴である。性格テストや思考スタイルテストでは、複雑さは、同じ全体的な特徴を測定する項目に対する回答のばらつきの大きさに現れていると予想される。この問題は、視覚芸術の学生158名、音楽の学生136名、心理学の学生309名を対象に調査されました。

美術学生(視覚芸術学生と音楽学生)は、それぞれ心理学学生と音楽学生よりも良心性の複雑さを示した。視覚芸術学生は、心理学の学生よりも全体的な複雑さ(性格や思考スタイル全体の平均複雑さ)をさらに示した。より伝統的な分析では、視覚芸術学生は心理学の学生よりも神経症的で、経験に対してオープンで、ヒューリスティックな思考に傾倒しているのに対し、音楽学生は視覚芸術学生よりも外向的で、協調性が高く、心理学の学生よりもヒューリスティックな思考に傾倒していることが明らかになった。

このように、ビジュアルアート学生と音楽学生、心理学学生を性格や思考様式で区別することができた。

 

論文

Haller, C. S., & Courvoisier, D. S. (2010). Personality and thinking style in different creative domains. Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 4(3), 149–160. https://doi.org/10.1037/a0017084