コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

なぜあなたは私のことを聞かない?反対意見への受容性の測定 (Minson et al., Management Science, 2019)

f:id:jin428:20201216160623j:plain

みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

昨日の論文はこちら▽

 

www.jinpe.biz

 

なぜあなたは私のことを聞かない?反対意見への受容性の測定 (Minson et al., Management Science, 2019)

結論から言うと、反対意見に対する受容性を18項目からなる自己申告式尺度を開発し、受容性の高い人ほど、支持する政策主張と反対する政策主張をより公平に評価するといった発見をいくつかした。

 

背景

■社会心理学、判断と意思決定、行動経済学、マーケティングの研究文献には、個人が他者の反対意見に自分自身をさらけ出したり、思慮深く検討したり、公正に評価したりすることを妨げる認知バイアスの数々が記録されている

■受容性が高い人ほど、支持的な発言や反対的な発言、証拠を公平に求め、関心を持ち、評価するようになると理論化

■反対意見に対する受容性は、情報消費の3つの異なる段階で作用していると考えられる

(1)情報探索

(2)情報注意

(3)情報評価


目的

反対意見に対する受容性尺度を構築し、検証し、我々の尺度が実験室と現場の両方で、関連する尺度の予測力を超えて行動を予測することを実証すること

 

研究1

参加者:Mturkで集められた205名(男性57%、平均年齢[Mage]= 34)

尺度:反対意見への受容性、Big Five、Need for Closure, Perspective Taking、Need to evaluate scaleなど

結果:

■22項目について探索的主成分因子分析を行った。固有値が1より大きい4つの因子を保持し、複数の因子に負荷がかかっていたり、文言が十分に明確でなかったりする4つの項目を除去

→最終的な尺度は4つの因子を含み、全体的な尺度の信頼性が高い(α = 0.87)

・態度が一致しない見解に対する感情反応

・反正反対の見解に対する好奇心

・反対の意見を持つ人に対する軽蔑的な志向

・議論の対象にはならないという一連の信念

■受容性は、個人およびグループの忠誠度尺度(Beer and Watson 2009)およびThomas-Kilmannインベントリ(Kilmann and Thomas 1977)の協力度サブスケールと正の相関があったが、これらの相関は控えめであり、新しい尺度が別個の構成要素を測定していることを改めて示唆

 

研究2

参加者:MTurk(n = 400、52%男性、Mage = 35)

手続き:参加者は、第115期米国上院議員20名のリストを閲覧

→上院議員の投票歴がリベラルかコンサバティブかを、-1(極端にリベラル)から+1(極端にコンサバティブ)までの範囲で示した

→、リストに載っている議員のプレスページを見る機会があることを正直に伝え、参加者には、プレスページを見たい議員を少なくとも5人選ぶように指示

結果:参加者はかなりのレベルの選択的暴露を示しました。参加者の選択的曝露スコア (M=0.69、SD = 0.24)

・重要なことは、Need for Cognitionをコントロールした後、受容性は参加者が閲覧を選択した議員の選択的露出の低さと政治的変動の高さを予測

 

研究3

自己申告による受容性が、信念を肯定する議論と否定する議論をどれだけ熱心に検討するかを予測するかどうかを検証する

・注意力と熟考の指標としてマインドワンダリングを用いる

参加者:467人(49.5%男性、Mage = 38)

手続き:「非常にリベラル」から「非常に保守的」までの7段階の尺度を使用して政治的所属を測定

→バーニー・サンダース上院議員とミッチ・マコネル上院議員の2つの上院演説を視聴(新法案に対する評価で顕著な違い)

→4つのマインドワンダリングプローブを各演説に挿入して、参加者が態度と一致する内容と態度と一致しない内容を聴取している間に、タスクとは無関係の思考を経験する傾向を評価した

結果:

■同党の上院議員の演説中にプローブの39.52%(SD = 33.71%)に反応して心の迷走を報告し、反対党の上院議員の演説中にプローブの53.83%(SD = 36.07%)に反応してマインドワンダリングを報告

■自己申告の受容性は、態度が一致しているスピーチと態度が一致していないスピーチを見ているときに参加者が報告したマインドワンダリングの違いの強い予測因子であった(b = -4.80%、SE = 1.68%、t = -2.86、p = 0.004)

→受容性が高い人は、単に反対意見にさらされたいという気持ちが強いだけでなく、反対意見への注意をより一貫して持続させている

 

研究4

受容性が高いほど、自分の立場に関係なく、議論に対してより公平な評価をすることとどの程度の相関関係があるのかを検討

参加者:MTurkを通じて参加者(n = 258、49%男性、Mage = 38)

手続き:受容性尺度、認知の必要性尺度(Cacioppo et al. 1984)、変化への抵抗性尺度(Oreg 2003)を記入

→「米国は不法労働者の国境越えを防止するために人的・財政的資源をより多く投入すべきである」という次の文への同意・不同意のレベルを、-3(強く同意しない)と+3(強く同意する)の7点満点の尺度で述べた

→この声明を支持するか反対する10の議論を見た

結果:

■自分の見解を支持する議論を、反対する議論よりも肯定的に評価した(M = 3.65、SD = 0.85、M = 2.50、SD = 0.81、それぞれ、t(213) = 14.10、p < 0.001)

■受容性は、態度と一致する主張と態度と一致しない主張がより類似して評価される程度を有意に予測

・同じ回帰では、Need for CognitionもResistance to Changeも有意に予測しなかった

■賛成論者と反対論者の評価の差は、平均以上の受容力を持つ参加者の方が、平均以下の受容力を持つ参加者よりも小さくなっている

 

研究5

受容性と市民生活の重要な特徴である、新たに選出された米国大統領とのエンゲージメントとの関係を検証する

参加者:MTurkを通じて参加者(n = 2,239、男性46%、Mage = 34)

手続き:2016年10月と2017年1月の2回に分けてデータ収集を行った

→第1波の間に、参加者は彼らの人口統計学的特徴、政治的イデオロギーのいくつかの尺度を報告し、3つの性格尺度(閉鎖性の必要性尺度(Roets and Van Hiel 2011)、積極的開放的思考(AOT)尺度(Gürçay-Morris 2016)、および受容性の尺度)に答えた

→2017年大統領就任直後に開始した第2波では、参加者は就任演説への暴露と反応を報告

結果:

■受容性は、演説を見る可能性の高さと関連していた(b = 0.05、SE = 0.01、t = 3.99、p < 0.005)

■参加者にスピーチ全体の印象を報告してもらうと、選挙前のドナルド・トランプ支持の明確な効果と、「受容性」(同じく選挙前の約3ヶ月前に測定)の効果が観察

→2016年の大統領選挙前に高い受容性を報告した参加者は、たとえ就任したばかりの大統領に反対していたとしても、情報を求める傾向(トランプ大統領の就任演説を見る意欲が高く、多様なニュースソースから演説に関連する追加情報を得ることへの関心が高い)

 

コメント

自分が読みたかったのは「曖昧さへの態度」が出てくる研究1くらいだったけど、おもしろくて読み進めてしまった(それでも27ページもある論文で最後のGeneral Discussionは読まなかった)。

反対意見への受容性が「複雑性・新規性希求」と正に相関し、「曖昧さへの不快感」には負に相関するというのは驚くべきことでもないのだけど、弁別的妥当性の検証とか因子に絞り方、項目の絞り方など勉強になるところも多かった。

研究2~5の研究デザインも見事で結果もきれいに出ていて魅力的だった。

 

 

論文

Minson, J. A., Chen, F. S., & Tinsley, C. H. (2019). Why won’t you listen to me? Measuring receptiveness to opposing views. Management Science, 66, 3069–3094.