コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

芸術の背後にある心を見る:子ども、チンパンジー、サル、象などの類似性の高い絵画と抽象表現主義の絵画を見分けることができる (Hawley-Dolan & Winner, 2011)

f:id:jin428:20201217134755j:plain

みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

 

www.jinpe.biz

 

 

芸術の背後にある心を見る:子ども、チンパンジー、サル、象などの類似性の高い絵画と抽象表現主義の絵画を見分けることができる (Hawley-Dolan & Winner, 2011)

結論から言うと、美術学生とそうでない学生に、抽象表現主義者の絵と子供や動物の絵をペアにして見せ、どちらが好きか、どちらが良いと判断したかを尋ねた結果、参加者はプロの絵を好み、ラベルが逆になっていてもプロではない絵よりも優れていると判断した。

 

背景

■20世紀の抽象表現主義者の作品は、しばしば子供の絵画に例えられてきた(Fineberg, 1997)

・美術市場は、未就学児の作品をプロの作品と同等と見なしたり(Bar-Lev, 2007)、プロの絵画と間違われたり(Chittenden, 2007)して、多額の費用を投じようとしてきた

・チンパンジーの絵画は「偉大な」芸術と誤解されている(Hussain, 1965)

・ランダムなコンピュータで生成されたデザインとモンドリアンの絵画(作品にはラベルが付けられていなかった)を比較するように求められたとき、人々はコンピュータで生成された画像を好む+どの画像がモンドリアンによってあったかを推測するように求められたとき、参加者はより頻繁にコンピュータの画像を選んだ(Noll、1966)

■絵画の評価は、絵画が有名な芸術家によって描かれたものであることを示すラベルが添付されている場合に、より肯定的に評価されることが確立されている(Chittenden, 2007; Farnsworth & Misumi, 1931)

■。非表象芸術を含め、人々が芸術作品に反応するとき、芸術家の心、つまり芸術家が何を計画し、何を意図したのかを推測せずにはいられない(Bloom, 2004; Donald, 2006; Freeman & Adi-Japha, 2008)

 

方法

参加者:心理学専攻の学部生40名(男性11名、女性29名、年齢18~23歳、M=19.3)、美術系の学生は、スタジオアート専攻の学部生32名(男性12名、女性20名、年齢18~33歳、M=20.3)

材料:少なくとも1冊の主要な美術史の教科書に掲載されている抽象表現主義者の作品30点+子ども・動物の絵30点

手続き:

・絵画の10組は帰属ラベルなしで提示され、10組は正しいラベル(「アーティスト」、「子供」、「猿」、「象」)で提示され、10組は不正確なラベルで提示

・「どちらの画像が好きですか?なぜですか?(好み)」と「どの画像がより良い作品だと思いますか?なぜですか?(判断)」

 

結果

■嗜好と判断は乖離していた。対になる標本のt検定では、参加者は嗜好よりも判断のために専門的な作品を選ぶことが多い (t(71) = -5.53、p < 0.001)

■美術学生は非美術学生よりも専門的な作品を好む傾向が強い(F(1, 70) = 8.94, MSE = 276.03, p < .004)

■判断にはラベリング条件の主効果があり、F(2, 140) = 5.39, MSE = 280.35, p = 0.006であったが、選好にはなく、F(2, 140) = 1.21, MSE = 245.92, p = 0.30

・判断の場合、ラベリング条件はグループと相互作用し、F(2, 140) = 4.99, MSE = 280.35 p < 0.008. また、ラベル付け条件の影響を受けたのは美術系以外の学生のみ

■自分の好みを正当化するために、美術学生は非美術学生よりも多くのメンタリスティックな回答をした(専門的な作品と非専門的な作品の選択を合わせた場合)、F(1, 34) = 8.71, MSE = 234.65, p < .006

 

コメント

昨日の論文とも関連が深い研究。

チンパンジーや像、4歳児が描いた抽象画とプロの描いた抽象画の評価を比べている。好みと判断を分けて、その違いを鮮明に示していて、きれいだなあと思う。

 

論文

Hawley-Dolan, A., & Winner, E. (2011). Seeing the Mind Behind the Art: People Can Distinguish Abstract Expressionist Paintings From Highly Similar Paintings by Children, Chimps, Monkeys, and Elephants. Psychological Science, 22(4), 435–441. https://doi.org/10.1177/0956797611400915