コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

予測と脳:音楽のサウンドが快になる方法 (Salimpoor et al., Trends in Cognitive Sciences, 2015)

f:id:jin428:20201220233913j:plain

みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。昨日の論文はこちら▽

 

www.jinpe.biz

 

予測と脳:音楽のサウンドが快になる方法 (Salimpoor et al., Trends in Cognitive Sciences, 2015)

結論から言うと、中脳辺縁系の報酬回路でドーパミンが放出されると、予測や結果に結びついた強化が行われ、音楽的快楽はドーパミン系と皮質領域の複雑な相互作用を伴う。

 

ポイント

報酬予測と脳

・脳の主な目的は、報酬を得る事象を予測すること

・いくつかの報酬(例:音楽)はより抽象的な形をとることがあり、「期待よりも良い」というのは非常に主観的であり、過去の経験によって形成された個別化された皮質プロセスの統合を必要とする

→音楽の喜びは、期待の生成、その発展と結果の予測、予測の違反や確認に依存していると考えられている

 

音楽における予測の役割

・個々の音が時間をかけて展開されるパターンに整理されて初めて、強い快感を誘発することができる

・時間的な次元は、音楽がどのようにして強力な感情的影響を与えるかを理解する上で鍵

・音楽を聴くと、時間的に展開する音のパターンが認識され、それが期待や予測の継続的な生成につながり、期待感が生まれる

・音楽における期待の2つの主要なソース:馴染みのある音楽がどのように展開されるかについての明示的な知識、および過去の音楽鑑賞履歴に基づく一般的な音楽のルールについての暗黙の理解

→期待のこれら2つの形態は、異なる神経的相関関係を持つ

・音楽の構造的側面の処理に関与している下前頭前野領域、尾状部、扁桃体の音楽的期待の違反の間に血行動態の活動が増加

→期待の違反が感情と直接関連していることを示唆

 

音楽における予測誤差

・最初の暴露では、曲のいくつかの側面のいずれかが、その人が以前に経験したことのある音楽との相対的なある程度の許容可能な分散のために、正の予測誤差を引き起こす可能性

・何回か聴いた後でも、暗黙的または明示的なレベルで一部の特徴のみが捕捉され、かなりまばらである可能性が高い。記憶されている表現が不完全であるため、何度も音楽を聴いたり演奏したりした後でも、予測が成功して正の予測エラーを出し続けることが可能

 

ドーパミンと音楽の報酬価値

・ラクロプリドポジトロン断層撮影とfMRIを併用して、参加者が自分で選択した快楽の高い音楽を聴いている間に線条体の2つの領域(尾状核と後天性核、NAcc)でドーパミンの放出を示した

→この研究ではまた、音楽のピーク快楽の瞬間を期待しているときと経験しているときとでは、これらの領域の血行動態反応に差があることも明らかになった 

→望ましい音のイベントを聞いたときにドーパミンが放出されるだけでなく、快楽のピークに至るまでの音楽イベントは、個人が親しみやすい音楽を聞いたときに期待感を生み出し、ドーパミンの放出につながる可能性があることを示唆

・以前に聞いたことのない音楽を用いて明示的な期待の可能性を排除し、暗黙の期待だけでも予測の形成と評価に関与する中脳辺縁系領域を活性化できることを示した

 

期待の源泉

・ネットワーク解析により、皮質下のドーパミン作動性領域が高次皮質領域と協働して美的快楽を生み出すことを示唆

・音楽の嗜好性が高まると、NAccは聴覚野、下前頭回(IFG)、前頭前野前突皮質(VMPFC)、前頭前皮質眼窩(OFC)、扁桃体との高い機能的接続性を示す

 

音楽的報酬をもたらす神経相互作用

・一次聴覚野と二次聴覚野の両方を収容する上側頭皮質(STC)は、音程の処理、および音程と音調の関係の抽出を含む、音楽に関連した幅広い聴覚処理に関与

・STCの電気刺激は音楽の幻覚を誘発し、この領域の活動の増加はイメージや音楽への親近感と関連しており、以前に聞いた聴覚情報を記憶していることを示唆している

 

脳領域

・一次聴覚野と二次聴覚野の両方を収容する上側頭皮質(STC)は、音程の処理、および音程と音調の関係の抽出を含む、音楽に関連した幅広い聴覚処理に関与

・右IFGは、音楽の構造的側面の処理に関与している。IFGとSTGはしばしば共活性化されており、音楽の様々な側面を処理するために一緒に働く可能性がある

・扁桃体、VMPFC、および内側OFCは、感情処理、特に報酬の検出と評価に関与するコアおよび拡張大脳辺縁系の領域

→音のイベントを快感として知覚するには、ドーパミン系と、以前に獲得した音のテンプレートを含む皮質領域との間の複雑な相互作用が関与し、時間的および階層構造を追跡し、報酬価値と感情を統合し、内部状態を検出し、刺激に報酬価値を割り当て、報酬に関連した刺激について価値に基づいた決定を行う

 

コメント

レビュー論文を読んだ。脳の機能的結合で説明できる音楽体験は記述できているのかなあと思う。このくらいなら理解できそう。

 

論文

Salimpoor, V. N., Zald, D. H., Zatorre, R. J., Dagher, A., McIntosh, A. R. (2015). Predictions and the brain: How musical sounds become pleasurable. Trends in Cognitive Sciences, 19, 86–91.