コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

瞑想中および非瞑想中のサンプルにおける五面性マインドフルネス質問票の構成上の妥当性 (Baer et al., Assessment, 2008)

f:id:jin428:20201225183752j:plain

みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

昨日の論文はこちら▽

 

www.jinpe.biz

 

 

一昨日の論文にも引用されていた論文を読んでいきます!

 

 

www.jinpe.biz

 

瞑想中および非瞑想中のサンプルにおける五面性マインドフルネス質問票の構成上の妥当性 (Baer et al., Assessment, 2008)

結論から言うと、豊富な瞑想者と非瞑想の比較群におけるFFMQの構成妥当性のいくつかの側面を調査し、ほとんどのマインドフルネスのファセットは、瞑想の経験と心理的症状と幸福に有意に関連していた。

 

背景

■マインドフルネスに基づく介入の有効性に関する実証的文献は急速に増加

・マインドフルネスの実践が有益な結果をもたらすメカニズムやプロセスを検討した研究は少ない

■複数の著者は、複雑な構成要素をファセットレベルで評価することは、他の変数との関係を明らかにするために不可欠であると主張

■FFMQ

・観察ファセットに関する、いくつかの予想外の所見

・4つのファセットは、包括的なマインドフルネスの構成要素の明確な指標であるが、観察するファセットはこのモデルには適合しなかった

・Baerら(2004)がKIMSの開発において報告した以前の所見では、瞑想経験のあるサンプルとないサンプルでは、観察ファセットが異なる動作をする可能性があることが示唆

・Baerら(2006)は学生サンプルから、ある程度の瞑想経験があると報告した参加者(N = 190)を選んだ。このサブサンプルでは、CFAは、5つのファセットすべてがマインドフルネスの要素であるという階層モデルに良好な適合性を示した

 

方法

参加者:定期的な瞑想者(N = 278),人口統計学的に類似した非瞑想者(N = 252)、瞑想をしていない学生(N=259), 非瞑想のコミュニティのサンプル (N=293)

尺度:FFMQ

・Brief Symptom Inventory (BSI; Derogatis, 1992):心理的症状および身体的愁訴の範囲を測定

・Profile of Mood States (POMS; McNair, Lorr, & Droppelman, 1971):いくつかのタイプの否定的な感情と身体症状を測定する

・Dessression Anxiety Stress Scales(DASS; Lovibond & Lovibond, 1995):否定的感情と身体症状を測定する

・PWB(Ryff, 1989):自己受容、他者との肯定的な関係、自律性、環境支配、人生の目的、個人的成長

 

結果

 ■Baerら(2006)によって記述された階層的な5因子モデルは、経験豊富な瞑想者のサンプルで再現された(高いモデル適合)

■年齢と教育の効果をコントロールした場合、瞑想経験はマインドフルネスの4つのファセット(意識を持って行動する以外のすべてのファセット)と有意かつ正の相関がある

・瞑想の経験は、メンタルヘルスの仕事がコントロールされている場合でも、これらの側面に有意に関連している

 ・瞑想者と人口統計学的に類似した非瞑想者と比較した結果、瞑想者は、5つの面のうち4つの面で高いスコアを示した。しかし、意識して行動することに関しては、比較は有意ではなかった。

■ほとんどの下位因子、サンプルで心理的症状と負の相関、PWBとは正の相関

■瞑想経験はFFMQのDescribing, Nonjudgement, nonreactivityを媒介して、心理学的Well beingに繋がる。

コメント

FFMQを瞑想経験者に適応した研究。瞑想経験者は学歴も高くて(学位取得者)、白人が多くて、、という最後の考察が印象に残っている。生活にある程度の余裕がないと瞑想しようなんて頭にもよぎらないんだろうなあと思ったりした。「観察」因子は相変わらず少し他の因子と違った挙動を見せるらしいけど、それが瞑想経験者と非経験者とでは方向が逆にもなりうるのも面白いなあと思った。尺度ができた2006年の論文も読まないと。

 

論文

Baer, R. A., Smith, G. T., Lykins, E., Button, D., Krietemeyer, J., Sauer, S., Walsh, E., Duggan, D., & Williams, J. M. G. (2008). Construct Validity of the Five Facet Mindfulness Questionnaire in Meditating and Nonmeditating Samples. Assessment, 15(3), 329–342. https://doi.org/10.1177/1073191107313003