コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

美的感情と美的人格:開放性は興味と快楽の体験における新規性への感受性を予測する (Fayn et al., Frontiers in Psychology, 2015)

f:id:jin428:20201231234851j:plain
みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

アブストだけです!!

 

www.jinpe.biz

 

さっそくいきます!

 

美的感情と美的人格:開放性は興味と快楽の体験における新規性への感受性を予測する (Fayn et al., Frontiers in Psychology, 2015)

パーソナリティの開放性/知能領域と美的エンゲージメントの間には安定した関係がある。しかし、これらはいずれも単純な構成要素ではなく、関係性は存在するものの、その関係性を説明するプロセスに基づく証拠はまだ不足している。本研究では、いくつかの異なる美的感情に対する開放性と知能の側面の影響を評価することで、この関係を明らかにしようとした

 

2つの研究では、視覚芸術への反応における覚醒と興味、喜び、混乱の感情の個人間および個人内の違いを調べた。その結果、「開放性」は「知性」とは対照的に、より大きな覚醒、興味、喜びを予測し、一方で「混乱」はどちらの側面も説明しにくいことが示唆されました。

 

開放性の違いは、個人内の感情評価の偶発性、特に新規性と興味、新規性と快楽の関係に関連していた。開放性が高い人は、特に作品の新規性に影響を受けていた。快楽については、この関係は評価の質的構造の違いを示唆していた。開放度の高い人では、新規性の評価は快楽の経験の一部であるが、開放度の低い人ではそうではなかった。この研究は、開放性と知性を広い領域の別個の側面として研究することの有用性を支持し、開放性と美的状態との関係を、個人内の評価プロセスの観点から明らかにした。

 

論文

Fayn, K., MacCann, C., Tiliopoulos, N., & Silvia, P. J. (2015). Aesthetic emotions and aesthetic people: Openness predicts sensitivity to novelty in the experiences of interest and pleasure. Frontiers in Psychology, 6, 1877. https://doi.org/10.3389/fpsyg.2015.01877