コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

意味のあるものは喜びをもたらす:タイトルが美的体験に与える影響 (Millis, Emotion, 2001)

f:id:jin428:20210102225307j:plain

みなさんこんにちは。

教育と心理学について考えているじんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

昨日の論文はこちら▽

 

www.jinpe.biz

 

意味のあるものは喜びをもたらす:タイトルが美的体験に与える影響 (Millis, Emotion, 2001)

結論から言うと、タイトルの有無と種類は、条件と実験の間で操作された状態で、参加者はイラストや写真を見て、美的体験の理解度や質(楽しさ、興味など)について評価した結果、比喩的なタイトルは、タイトルがない場合や説明的なタイトルよりも、より大きな美的体験につながった(精緻化効果)

 

背景

■視覚芸術作品を含むさまざまな視覚的シーンを鑑賞する際には、認知的処理と感情的処理が複雑に絡み合っている

・概念間の明示的な関係を理解することに加えて、我々はしばしば、様々な構成要素がどのように組み合わされて全体を形成しているのか、芸術家によって描かれた虚構の世界、芸術家の意図についての推論を導き出す

・理解の過程では、喜び、不快感、関与、関心などの感情的な反応を経験することがある

→このような認知的・感情的反応を総称して美的体験と呼ぶ

■タイトルが美的体験にどのように影響を与えるかという問いを、この 2 つのタイプの表現が認知的・感情的処理にどのように異なる影響を与えるか

・テキストや単純な線画のタイトルは、適切なスキーマを活性化することで理解度に影響を与えることが示されている(Bower, Karlin, & Dueck, 1975; Bransford & Johnson, 1972, 1973; Dooling & Lachman, 1971)

・タイトルが何らかの方法でアートワークの曖昧さをなくすならば、アートワークにタイトルを加えた表現は、アートワークのみの表現よりも一貫性があることを示唆

■タイトルは、結果として得られる表現の精巧さの度合いにも影響を与えるかもしれない

・説明的なタイトルは、鑑賞者が容易に観察できるものと大きく重複(e.g., Woman Planting Flowers)

・比喩的なタイトルは、明示的なアートワークとは異なるスキーマータや概念を誘発し、より精巧な表現を可能にする可能性がある(e.g., One Day at a Time)

・Cupchik, Shereck, Spiegel (1994)の研究では、彫刻に付随する言語的な情報が個人の解釈に付加された場合、美的な反応が増加することが示されている

 

研究1

表題なし、記述的表題、精緻な表題のいずれかを持つ30点の具象作品を評価

参加者:生理学部生100名

材料:15枚のカラーイラストと15枚のモノクロ写真は、アート、デザイン、写真の出版された本から選ばれた。すべての芸術作品は代表的なもの

手続き:①作品の意味をどの程度理解しているか、②作品をどの程度楽しんでいるか、③作品にどの程度興味を持っているか、④作品がどの程度の感情を呼び起こしたか、⑤作品がどの程度の思考を呼び起こしたか

・に出して話す条件の参加者は、作品を見ながら(ただし、質問に答える前に)声に出して話すように求められた。彼らはアートワークを見ながら「考えていることを話す」ように指示された。

結果

・理解度:無題条件、記述条件、および精緻条件における理解の平均は、それぞれ3.87(SD = 0.90)、4.08(SD = 0.91)、および4.15(SD = 0.80)(F(2, 108)=17.22、p < 0.001; F2(2, 28)=9.16、p < 0.001)。タイトルなしの平均は記述的平均と精緻な平均よりも有意に低く、これらは互いに有意な差はなかった。

・美的体験:タイトルなし、説明的、精緻な条件の平均評価はそれぞれ3.34(SD = 0.72)、3.35(SD = 0.69)、3.56(SD = 0.68)(F1(2, 216) = 15.74、p < 0.001; F2(2, 28) = 11.94、p < 0.001)

・タイトルの効果は写真よりもイラストの方がはるかに顕著

 

研究2

精緻化効果を説明する2つの仮説

活性化仮説:精巧なタイトルの方が記述的なタイトルよりも多様な概念が活性化されるために起こる

(記述的<精巧=ランダム,精巧なタイトルもランダムなタイトルも、アートワークとともに、全体としては同じ数の概念を活性化するが、記述的なタイトルよりも多くの概念を活性化するから)

完全性仮説:精緻化効果は追加概念の活性化からではなく、その活性化の結果として生じる最終的な(精緻化された)表現から生じる

(ランダム <= 記述的 < 精巧)

■実験2では、ランダムなタイトル条件を追加し、無タイトル条件を省略

参加者:心理学の学部生120名

手続き:本物(N = 44)または偽無視(N = 43)に分ける。擬無視条件の参加者には、タイトルはすべて実験者が作成したものであること、作品の本当のタイトルではないこと、作品を評価している間は無視すること、作品の評価に影響を与えないようにすることを指示。

結果

平均値は、タイトルとメディアを参加者内因子、指示を参加者間因子とした3(タイトル)×2(メディア)×2(指示)

・理解度:ランダム条件(M = 3.68; SD = 0.74)の平均値は、記述的条件(M = 4.44; SD = 0.84)および精緻条件(M = 4.41; SD = 0.66)よりも有意に低かった。偽無視条件(M = 4.02)の参加者は実条件(M = 4.33)の参加者よりも理解度が低かった(F1(1, 85) = 5.63, p < 0.05; F2(1, 28) = 46.75, p < 0.001)

 ・美的体験:精巧なタイトル(M = 3.95; SD = 0.65)は記述的なタイトル(M = 3.74; SD = 0.63; p < 0.01)よりも美的スコアが高いことが示され、それによって実験1で報告された精巧化効果を再現。

→平均値のパターンは、活性化仮説よりも完了仮説を支持した:アートワークとそのタイトルが精巧で首尾一貫した表現に貢献するほど、美的反応は高くなる

 

研究3

美術初心者と美術の専門家を比較

■専門家の方が初心者よりも精緻化効果が小さいかもしれない

・専門家は訓練や経験が豊富であるため、形式的、様式的、関係性を重視する傾向があり、初心者は意味的な内容を重視する(Cupchik, 1992; Parsons, 1987)

参加者:ノーザンイリノイ大学の学部生92名

材料:30色のイラスト(半分は、表象であり、実験1の複製で使用されるのと同じ作品、他の15は、抽象的なもの)

結果

アートの種類(表象対抽象)とタイトル(なし、記述的、精緻)を当事者内因子とし、専門知識(初心者対専門家)を当事者間因子

・理解度:記述的なタイトル(M = 3.77; SD = 1.23)と精緻なタイトル(M = 3.68; SD = 1.18)は同程度の理解度を示し、どちらもタイトルなし(M = 3.36; SD = 1.20)よりも理解度が高い。専門家は、初心者(M = 2.28)よりも抽象美術の方が理解しやすいと評価した(M = 3.04)

・美的体験:全体的には、抽象作品(M = 3.00)よりも具象作品(M = 3.81)の方が評価が高い。専門家は、抽象的な作品(M = 3.24)を表象的な作品(M = 2.75)よりも高く評価。

 ・表象作品の鑑賞では、熟練者には精緻化効果が見られたが、初心者には見られなかった

 

コメント

各研究ごとに2要素ずつくらい条件を変えていて、20年前は色々試したいことがあったのかなあ、と思った。仮説を立てる時にどっちに結果が転んでもいいように序論を組み立てていたのが印象的(けっこう硬くて、やってみたいけど、論をしっかり組み立てるのは大変そう)。理解度と美的体験は異なる指標というある種当たり前のことも押しつつ、タイトルから作者の意図を読み取りつつ、首尾一貫した鑑賞がある時に美的な評価も上がるという、この後の流暢性理論にもつながっていくんだろうなあと思った。

 

 

論文

Millis, Keith. (2001). Making Meaning Brings Pleasure: The Influence of Titles on Aesthetic Experiences. Emotion, 1(3), 320-329. https://doi.org/10.1037//1528-3542.1.3.320-329