コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

感情の調節のための社会文化的な道具的アプローチ:文化とポジティブな感情の調節(Ma et al., Emotion, 2018)

f:id:jin428:20210110222504j:plain

みなさんこんばんは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートと。じんぺーです!

今日も論文を読んでいきます。

 

 

www.jinpe.biz

 

 

感情の調節のための社会文化的な道具的アプローチ:文化とポジティブな感情の調節(Ma et al., Emotion, 2018)

我々は、感情調節に対する社会文化的な道具的アプローチを提案している。このアプローチによれば、ポジティブな感情を和らげるのではなく、味わうという文化的な違いは、人が積極的に目標を追求しているとき(すなわち、より高い認知的努力を必要とする状況)の方が、そうでないとき(すなわち、より低い認知的努力を必要とする状況)よりも顕著になるはずである。

4つの研究が私たちの理論を支持しました。

1. ヨーロッパ系アメリカ人は日本人よりもポジティブな感情の有用性が高く、害が少ないと認識した

2. ヨーロッパ系アメリカ人はアジア人よりもポジティブな感情を相対的に好む傾向が強いと報告したが、この文化的な違いは、認知的努力が中程度または低い状況ではなく、認知的努力が高い状況で大きくなった

3. ヨーロッパ系アメリカ人は、典型的な高認知努力の文脈である試験を受ける準備をしているときに、アジア人よりもポジティブな感情を和らげるのではなく、味わうようにしていると報告したが、この文化的差異は試験が予想されないときには減衰し、参加者が見知らぬ人との交流を予想しているときには消失した

 

これらの知見は、文化的背景と状況的要求が相互に作用して、人々がポジティブな感情をどのように調節するかを形成していることを示唆している。

 

論文

Ma, X., Tamir, M., & Miyamoto, Y. (2018). A socio-cultural instrumental approach to emotion regulation: Culture and the regulation of positive emotions. Emotion, 18(1), 138–152. https://doi.org/10.1037/emo0000315