コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

美的感情を祭る:生態学的に有効な美の刺激に対する反応と美への形質的関与との関係を探る (Diessner et al., Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts , 2020)

f:id:jin428:20210111231350j:plain

みなさんこんばんは。

微かに混じり合う教育と心理学とアートと。

じんぺーです。今日も論文を読んでいきます。

 

 

www.jinpe.biz

 

美的感情を祭る:生態学的に有効な美の刺激に対する反応と美への形質的関与との関係を探る (Diessner et al., Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts , 2020)

生態学的に有効な美の刺激に対する美的感情の反応を調査した研究はほとんどなく、可能な美的感情の全範囲を包括的に測定した研究はさらに少ない。

研究1では、幅広い刺激(野生の自然、ネズパース族の芸術品、年長者の道徳的な美しさ、建築物、絵画、自然のスライド)に対する美の鑑賞者(N = 41)の美的感情反応を調査している。すべての刺激は、比較条件(装飾されていない廊下)に比べて、原型的、快感的、認識的な美的感情のレベルが有意に高く、否定的な美的感情が低かった。美の体験が生態学的に有効であればあるほど、美的感情のレベルが高くなることが報告されている。美しさへの評価の特質レベル(AoB)は、一部の美的刺激に対する美的感情のレベルを有意に、しかし弱く予測した。このサンプルのサブセット(n = 14)では、アール・ヌーヴォーとアール・デコ建築のスライドは同様のレベルの美的感情を喚起し、アール・ヌーヴォーの方が高いレベルの認識論的美的感情を刺激する傾向があることが示された。

研究2では、参加者(N = 124)は、ギャラリーの展示室または同様の大きさの装飾のない部屋で手彫りの塗装されたアンティーク中国の寺院の祭壇のいずれかを観察するためにランダムに割り当てられた。その結果、祭壇の部屋では、平屋の部屋よりもはるかに高いレベルの美的感情が経験されていることが示された。美的感情のレベルは、形質AoBのレベルによって軽度ではあるが有意に予測された。一般的な議論では、道徳的な美しさを美的感情のための善意の刺激として認識することが含まれていた。

 

論文

Diessner, R., Genthôs, R., Simmons, H., Lysne, H., & Arthur, K. (2020). Altar-ing aesthetic emotions: Exploring responses to ecologically valid beauty stimuli and their relationship to trait engagement with beauty. Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts. Advance online publication. https://doi.org/10.1037/aca0000368