コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

ナショナリズム、パーソナリティ、意思決定:軍事的多国籍チーム編成シナリオのためのSJTからのエビデンス (Mattews et al., Personality and Individual Differences, 2018)

f:id:jin428:20210122085931j:plain

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートについて考え続けていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます!

 

 

www.jinpe.biz

 

さっそく行きます!

 

ナショナリズム、パーソナリティ、意思決定:軍事的多国籍チーム編成シナリオのためのSJTからのエビデンス (Mattews et al., Personality and Individual Differences, 2018)

結論から言うと、SJTのパフォーマンスの予測因子には、一般的な意思決定能力、低いナショナリズム、ビッグ・ファイブとダーク・トライアドの性格特性が含まれていた。

 

背景

■グローバリゼーションは文化的アイデンティティを脅かすものとして認識されることもあり、ナショナリズムや外国文化に対する敵意の高まりにつながる可能性がある

・特にチームリーダーが経験が浅く、確立された運営手順ではなく自分の判断に頼らなければならない場合には、強いナショナリズム的な態度が多文化チームの構築の成功を妨げる可能性がある

■多国籍企業の意思決定の主要な成果の基準は、シチュエーション・ジャッジメント・テスト(SJT:Reinerman-Jones, Matthews, Burke, & Scribner, 2016)であった

・複雑で現実的なシナリオに対処するための回答の選択肢を評価することを回答者に要求

・リーダーシップ、対人スキル、チームワークスキルなど、軍事的意思決定能力に寄与する構成要素について検証されている

・開発の根拠は、米国の指揮官が直面する3つのタイプのジレンマに焦点を当てた

①チーム編成に対して個人的なコントロールをどれだけ発揮するか

②外国の同盟国をどれだけ信頼するか

③指揮官が外国のパートナーの動機や能力についての洞察力を欠いている場合、外国のパートナーとの協働の不確実性をどの程度許容するか

■多国籍チームの意思決定に影響を与える要因(図1)

・ナショナル・アイデンティティ:共通の集団的アイデンティティを共有し、大切にしているというアメリカ人の認識

・文化的知性(CQ: cultural intelligence):アウトグループへの対応における一般的な能力、すなわち異文化の人々と効果的に仕事をするために必要な認知能力、行動能力、動機付け能力のレパートリー

・一般的な意思決定コンピテンシーとスキル

・外向性、同意性、情緒的安定性などの広範な特性

 

目的

・ナショナル・アイデンティティ、特にナショナリズムと愛国心が多国間意思決定のSJTのパフォーマンスを予測するかどうかを検証する(研究1~3)

・文化的コンピテンシー、パーソナリティ、一般的な意思決定コンピテンシーなどの他の関連因子をコントロールしても、ナショナル・アイデンティティが予測可能であるかどうかを検証

 

研究1

・ナショナル・アイデンティティの4つの側面、すなわち、ナショナリズム、愛国心、民族中心主義、多文化主義を評価

・軍事的多国籍意思決定のためのReinerman-Jonesら(2016)のSJTのパフォーマンスの予測因子として、ナショナル・アイデンティティと文化的知性(CQ)を比較

参加者:86名の学生+94名のAMT参加者

尺度

・SJT:21のテキストベースのシナリオのそれぞれで、相手国の要員とチームを組む米軍を管理する米軍司令官の役割を担うことに。それぞれの選択肢が状況を処理する上でどの程度効果的であるかを1~7段階で評価。

・ナショナル・アイデンティティ尺度(Li & Brewer, 2004):愛国心(5項目)、ナショナリズム(6項目)、および多文化尺度(4項目)を評価

・民族中心主義は、Neuliep and McCroskey (1997)の15項目の尺度

・CQ尺度:20項目でメタ認知、認知、動機、行動のサブスケールを持つ

結果

・ナショナリズムはSJTと有意に負の相関を示したが、民族中心主義は正の相関を示していない

・愛国心も多文化主義もSJTとは無関係

・民族中心主義は低い動機付けCQと関連

 

 研究2

性格的特徴が、意思決定、国民性、文化的能力に影響を与える可能性を検討

参加者:166 名の学生と 76 名の AMT ワーカー

尺度

・Saucier(2002)の40項目の形容詞的ミニマーカー(FFM)

・27項目のSD3調査(ダークトライアド:Jones & Paulhus, 2014)

・Propensity to Trust(Evans & Revelle, 2008):他者を信頼するための11項目

・曖昧さに対する不快感

・Rotter (1966) の Locus of Control スケール

・Thomas et al. (2015)のshort form cultural intelligence scale (SFCQ):文化的文脈を越えて、文化的に異なる個人と効果的に交流するために必要な能力。知識(2項目)、スキル(5項目)、メタ認知(3項目)のサブスケール

・Intergroup Anxiety Scale (IAS: Stephan & Stephan, 1985):外国人と交流する際に、3つのポジティブな感情(例えば「リラックスしている」)と3つのネガティブな感情(例えば「防御的」)をどの程度経験しているかを評価

結果

・ナショナリズム(r = -.29)、愛国心(r = -.14)と SJT のパフォーマンスの間の有意な負の相関

・ナショナリズとCQ尺度のうち2つと負の相関

・SJTとCQの間には有意な相関は見られず、文化的知性の役割が疑問視された

・ダークトライアドと追加の特徴の両方がFFMで説明された分散に有意に追加されており、ナショナリズムはパーソナリティの複数の側面に敏感である可能性

 

研究3

一般的な意思決定コンピテンシーが、ナショナリズムと SJT のパフォーマンスの両方にどのように関係しているかを検討

参加者:202 名の学生と 72 名の AMT ワーカー

尺度

・3 つの A-DMC サブテスト (Bruine de Bruin et al., 2007) :フレーミングへの抵抗力やサンクコストバイアスなどの特定のバイアスに関係

・10項目のDecision Rulesテスト

 ・16 項目の社会規範認識テスト

・信頼度の過不足:恋愛関係、経済、健康、人生の整理などのトピックについて、34の「真偽」を客観的に採点した一般知識の質問から評価

結果

・より良いSJTパフォーマンスは、より低いナショナリズム、3つのA-DMCテストのすべてのスコア、そしてより少ない自信と関連

・ナショナリズムは、 Decision Rules のスコアの低さ、社会規範の認識の低さ、一般知識の低さと関連

・2段階重回帰分析では、ナショナリズムが意思決定能力をコントロールした上でSJTのパフォーマンスを予測することが示された

 

研究4

SJTの反応傾向がパフォーマンスの低下や悪化と関連しているかどうかを検証

参加者:すべての研究(N = 696)からのプールされたサンプルを使用

手続き

・5名の審査員(教員2名、博士研究員1名、大学院生2名)が、84の回答選択肢のうち、選択肢を選択することで、(1)内部的・外部的な支配の軌跡、(2)信頼の高低、(3)不確実性の回避や寛容さを示唆する度合いについて、それぞれ1~5段階の尺度で評価しました

・パフォーマンスの向上は、他者への権限の委譲傾向(外部支配の軌跡)、外国人を信頼する傾向、不確実性を受け入れる傾向と関連

結果

・3つの主要な構成要素(internal locus, trust, uncertainty avoidance)の尺度は内部整合性に欠けていたが、それでもSJTを予測

・ナショナリズム(β= -0.09, p < 0.01)と同様に、ポジティブ、信頼、および不確実性回避のすべてが最終的な方程式に有意な(p < 0.01)寄与をした

 

コメント

長い論文を読んだが、曖昧さへの態度と行動(ここではSJT)との関連は明らかにされなかった。残念。研究4の手法は面白くて、選択肢への反応傾向を人が再評価してそれを得点にして、再分析していた。使うことはあまりないかもだけど、知れてよかった。

 

 

論文

Matthews, G., Reinerman-Jones, L. E., Burke, C. S., Teo, G. W. L. & Scribner, D. R.
(2018). Nationalism, personality, and decision-making: Evidence from an SJT for
military multi-national teaming scenarios. Personality and Individual Differences, 127,
89-100. https://doi.org/10.1016/j.paid.2018.01.045