コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

文化的規範と価値観の原理に関する研究:不確実性と死亡時の意味合いが文化的世界観の侵害に対する反応と強化に与える影響について (Van den Bos et al., Journal of Experimental Social Psychology, 2005)

f:id:jin428:20210216132446j:plain

みなさんこんにちは。

微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

文化的規範と価値観の原理に関する研究:不確実性と死亡時の意味合いが文化的世界観の侵害に対する反応と強化に与える影響について (Van den Bos et al., Journal of Experimental Social Psychology, 2005)

結論から言うと、死亡率と不確実性の重要性の両方が、彼らの文化的世界観の違反や強化に対する人々の反応に影響を与え、不確実性の存在感が死亡率の存在感よりも人々の反応に大きな影響を与えることを明らかにしており、前者は後者よりも規範や価値観に対する反応のより重要な前兆である可能性があることを示唆

 

背景

■公正さが人間の生活において最も重要な社会規範や価値観の一つであることを説得力を持って示してきた

・不公平な扱いは人々の文化的世界観を侵害するのに対し、公平な扱いは人々の文化的世界観を強化する

・学生が自分の大学を称賛することは、学生の文化的世界観を強化することであり、大学を批判することは学生の世界観を侵害することであると主張することができる

■テロマネジメント理論

・死への恐怖は自己防衛のための本能に根ざしている。人間は他の種族とこの本能を共有しているが、死が避けられないことを認識しているのは人間だけである。この自己防衛本能と死の必然性の認識の組み合わせが、麻痺するような恐怖を生み出す可能性を秘めているのである。

・恐怖の潜在的な可能性は、文化的不安のバッファー(文化的世界観と自尊心からなる社会心理構造)によって管理されているとする

・自分の死について考えるように求められた人は、死について考えるように求められなかった人に比べて、自分の規範や価値観に反する人に対してより否定的に反応し、自分の文化的規範や価値観を補強する人に対してより肯定的に反応することを示している

■不確実性管理理論

・より完全な説明については、Lind & Van den Bos, 2002; Van den Bos & Lind, 2002を参照

・このモデルが世界が不確実な場所であるという観察から始まることは注目に値する

・不確実性を排除する必要性、または不確実性を許容可能で認知的に管理可能なものにする方法を見つける必要性を感じている

・公平性の経験は、物事をより確かなものと 思わせるか、不確実性をより許容可能なものにするか、あるいはその両方に よって不確実性を改善する効果を持つことができると提案

・不確実性は、どのように振る舞えばよいか、また、自分自身を発見した物理的・社会的環境から何を期待すべきかについての自信を奪う

・不確実性は、それゆえに、主観的な不確実性を軽減する行動の動機とな ることが多い

・人々が日常生活の中で不確実性に対処するために、公正または不公正な待遇の認識をどのように利用しているかに明確に焦点を当て、人々が不確実性を感じているとき、または自分の世界の不確実性の側面に注目しているとき、人々は特に公正さについて強い懸念を抱いていると論じている

・このモデルは、これまでに他の優れた説明に対して検証されたことがない

 

実験1

■死と不確実性のどちらかが浮き彫りにされた

▶参加者に仕事に応募し、その仕事の選考プロセスが9つのパートからなることを想像

▶その意思決定の手順には、精度の高い情報(すべての部分が採点されている)と、精度の低い情報(1つの部分のみが採点されている)が使われていることを学習

▶従属変数は、彼らが扱われた方法に対する参加者の感情的反応

■参加者:ユトレヒト大学の学生100名(男性35名、女性65名)

■デザイン:2(サリエンス:不確実性 vs 死亡率)×2(プロシージャ:正確 vs 不正確)

■結果

・怒り尺度での2×2 ANOVAでは、手順の主効果、F(1, 96) = 32.35、p < 0.001、およびサリエンス・マニピュレーション、F(1, 96) = 5.71、p < 0.05、有意な交互作用効果、F(1, 96) = 4.19、p < 0.05が得られた

・死亡率の顕著な条件で統計的に有意な手順効果、F(1, 96) = 6.62、p < 0.02、η2 = 0.07

・手順の効果が不確実性の顕著な条件では、死亡率の顕著な条件よりも3倍大きい(F(1, 96) = 29.92、p < 0.001、η2 = 0.24)

▶結果は、不確実性に関連した思考が手続き的公平性の変動に対する人々の反応の主要な原因であるという不確実性管理モデルの推論を支持する証拠を提供し、不確実性の妥当性が手続き的公平性の経験に対する人々の反応のより重要な原因であることさえ示唆

 

実験2

■コントロール条件を追加

■参加者:ユトレヒト大学の学生120名(男性39名、女性87名)

■デザイン:3つの条件(サリエンス:不確実性 vs 死亡率 vs テレビ)×2つの条件(手順:音声 vs 無音声)

■結果

・予想通り、意見を述べる機会を得た参加者は、そのような機会を得なかった参加者(M = 3.1、SD = 1.5)に比べて、手続きがより公正であると判断した(M = 5.4、SD = 1.2)

・手順の主効果、F(1, 120) = 16.93、p < 0.001をもたらしました;交互作用効果、F(2, 120) = 4.15、p < 0.02

・サリエンスの主効果は非有意

・テレビの条件、F(1, 120) = 0.19、p < 0.67、η2 = 0.00よりも、死亡率の高いサリエント条件、F(1, 120) = 4.83、p < 0.04、η2 = 0.04の方が、より強い手順効果が見られ、さらに、不確実性の高い状態で見つかった手順効果(F(1, 120) = 20.21、p < 0.001、η2 = .14)が大きい

 

実験3

■怒りに加えて、悲しみも従属変数に追加

■参加者:ユトレヒト大学の学生84名(男性27名、女性57名)

■デザイン:2(サリエンス:不確実性対死亡率)×2(論文:ポジティブ対ネガティブ)

■結果

・2×2ANOVAでは、参加者の怒り反応に対する論文操作の主効果、F(1, 80) = 22.51、p < 0.001は、有意なサリエンスと論文の相互作用効果、F(1, 80) = 1.52、p > 0.22によって修飾されなかったことが明らかに

・参加者の悲しみの感情は、記事操作の主効果であるF(1, 80)=9.09、p < 0.01、有意な相互作用効果であるF(1, 80)=4.36、p < 0.05が明らかに(アーティクル効果は、不確実性が顕著な条件では、F(1, 80) = 13.02、p < 0.001で有意であり、死亡率が顕著な条件では、F(1, 80) = 0.43、n.s.で統計的に有意ではなかった)

 

実験4

■従属変数に世界観防衛反応

■参加者:ユトレヒト大学の学生104名(男性24名、女性80名)

■デザイン:2(サリエンス:不確実性対死亡率)×2(論文:ポジティブ対ネガティブ)

■結果

・2×2のANOVAでは、論文操作の主効果、F(1, 100) = 41.87、p < 0.001が得られました;この効果は予測された交互作用効果、F(1, 100) = 4.29、p < 0.05によって修飾された

・効果量:死<不確実性

 

実験5

■実験2の再挑戦(コントロール<死を明らかに)

■参加者:ユトレヒト大学の学生180名(男性45名、女性135名)

■3つの条件(サリエンス:不確実性 vs 死亡率 vs テレビ)×2つの条件(手順:正確 vs 不正確)

■結果

・怒り:3×2のANOVAは、手順操作の主効果、F(1, 174) = 177.84、p < 0.001を示した;有意なサリエンスと手順の交互作用効果、F(2, 174) = 21.82、p < 0.001によって修飾された効果(テレビ<死<不確実性)

・悲しみ:3×2のANOVAでは、手順操作の主効果、F(1, 174) = 82.58、p < 0.001、有意な交互作用効果、F(2, 174) = 3.77、p < 0.03(テレビ=<死<不確実性)

・世界観防衛反応:3×2のANOVAでは、手順操作のみの有意な主効果、F(1, 174)=63.12、p < 0.001、および統計的に有意ではない交互作用効果、F(1, 174)=2.04、p = 0.13(テレビ=死<不確実性)

 

論文

Van den Bos, K., Poortvliet, M., Maas, M., Miedema, J., & Van den Ham, E. (2005). An enquiry concerning the principles of cultural norms and values: The impact of uncertainty and mortality salience on reactions to violations and bolstering of cultural worldviews. Journal of Experimental Social Psychology, 41, 91-113.