コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

自己不確かさの妥当性が自尊心の努力を高めることを示す神経生理学的・行動学的証拠 (Yang et al., Biological Psychology, 2019)

f:id:jin428:20210217144755j:plain

みなさんこんにちは。

微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

 

www.jinpe.biz

 

自己不確かさの妥当性が自尊心の努力を高めることを示す神経生理学的・行動学的証拠 (Yang et al., Biological Psychology, 2019)

結論から言うと、自己不確かさが顕著な場合、自尊心関連性が高い(低いではない)課題でのパフォーマンスが向上し、エラー発生後のエラーポジティブの振幅が大きくなることが示された。

 

背景

■自己不確かさ

・人々が未来を予測することができないと感じたとき(Van den Bos & Lind, 2002)、または彼らの認知、影響、または行動の間の矛盾や葛藤を経験したときの主観的な経験

・世界観、または中核的価値観(例えば、「努力は報われないのか」)に疑念を抱くようになる

■意味維持モデル(MMM)

・個人の意味の枠組みが乱されると(例えば、自己確認の枠組み)、彼らはこの世界で自分自身に意味を再インストールする別の意味の枠組みを再確認することによって意味の補償を求める

・人々の確実性の必要性が破壊されると、自己価値と自尊心の感覚を取り戻すために努力するかもしれない

▶自己不確かさを経験させられた場合、意味の代償として自尊心を追求しようとする努力が増えるのだろうか?

■脳波

・ERN:負の偏向であり、通常、エラーの発生後100ms以内にピークを迎える。エラー発生後の「アラーム」として機能し、認知制御の必要性と行動調整の必要性を知らせるものである。

・ERNの動機付けの可能性:ERNは、エラーの不確実性に対する感度が高い人(例えば、不確実性に対する不寛容度が高い人)でERNが高くなるように、エラーの動機的な意味合いに敏感

・Pe:通常、エラー応答後200-400msの間にピークを迎えるゆっくりとした正の偏向。エラー検出、およびその後の行動適応(Overbeekら, 2005)のような意識的なエラー処理メカニズムのみを反映する。

・モチベーション特性がERNよりもPeに密接に関連している可能性を示唆する研究もある

 

方法

■デザイン:2(不確実性の妥当性:自己不確実性 vs. コントロール)×2(自尊心の関連性:高 vs. 低)

■参加者:92名の学生

■手続き

・自尊心高条件ではカバーストーリー(この課題でのパフォーマンスが学業成績と対人関係の質(両方とも自尊心の重要な源泉である)を効果的に予測できる)

・不確実性の妥当性操作(自己不確実性対コントロール)であった想像力テスト:自己不確かさの条件では、参加者は、自分自身、自分の人生、または自分の将来について不確かさを感じさせるそれらの側面について考えるように求められた

・Stroopタスク

・現在のモチベーションと自尊心の努力への欲求を報告

・カバーストーリーの操作チェック

・語彙決定タスク

 

結果

■2(不確実性の妥当性)×2(自尊心の妥当性)のANOVA

・総合精度については、不確実性の存在感の主効果が有意

・不確実性の妥当性×自尊心の妥当性の相互作用効果も有意(F(1,86)=4.67、p = 0.033、η2 = 0.051)

・高尊重度条件では、自己不確かさ条件(M = 0.91、SE = 0.01)の参加者は対照群(M = 0.84、SE = 0.01)よりも有意に良好な成績を示した(F(1,86) = 10.74、p = 0.002、η2 = 0.111)

■ERNとPeについて2(不確実性の妥当性:自己不確実性 vs. コントロール)×2(自尊心の妥当性:高 vs. 低)×2(応答:エラー vs. 正)の2つの混合因子ANOVA

・エラー試行の振幅(M = -4.93μV、SE = 0.58)が正しい試行(M = 3.97μV、SE = 0.55)よりも大きいことを示す応答の有意な主効果

・応答×自尊心関連性の交互作用、F(1,85)=4.12、p = 0.045、η2 = 0.046によって修飾

■Pe

・エラー試行の振幅(M = 7.45μV、SE = 0.88)が正解試行の振幅(M = 4.71μV、SE = 0.73)よりも高いことを示す応答の有意な主効果

・不確実性の妥当性×自尊心の妥当性の相互作用効果も有意

■自尊心努力の動機の現在のレベルを測定する項目を従属変数として、2(不確実性の妥当性)×2(自尊心関連性)ANOVA

・予想通り、相互作用効果は有意で、F(1,86) = 5.14、p = 0.026、η2 = 0.056

▶不確実性の参加者(コントロールと比較して)は、以前に自尊心を追求する機会がなかったときに、より強い自尊心を追求する動機を表明した(すなわち、自尊心を追求する機会がなかったときに、より強い自尊心を追求する動機を表明した)

 ■探索的分析

・自尊心(M = 28.98、SD = 4.77)のレベルが高いほど、自己概念の明確さ(M = 25.43、SD = 4.22)、β = 0.60、t = 6.99、p < 0.001、不確実性に対する不寛容(M = 54.93、SD = 13.07)、β = -0.48、t = -5.15、p < 0.001)のレベルが高いことを有意に予測

・2(不確実性の妥当性)×2(自尊心の妥当性)のANOVAに提出したところ、有意な主効果や相互作用効果は見られなかった

▶形質の違いによって説明できなかった

■追加データ

・不確かさの操作は不確かさの感情を有意に増加させる(Ms = 2.97と2.35、SDs = 0.99と0.82)、t(94)= 3.35、p = 0.001、d = 0.68)が、状態の自尊心のレベルは有意に変化しない(Ms = 64.93と66.21、SDs = 11.85と12.93)、t(94)= -0.50、p = 0.615、d = -0.10)ことが確認

■自尊心に関わる課題をうまくこなすことで、能力や価値があると感じるようになり、それが意味があると感じるようになり、自己不確かさに対抗することができる

 

コメント

読みたかった不確実性管理理論というよりは、意味維持理論(MMM)に関連した論文だった。ERPをエラーモニタリングの意識・無意識的作用を抽出するのに使っていておもしろいと思った。自尊心が不確実性に直面した時に大事らしい!

 

 

論文

Yang, Q., Ybarra, O., Van den Bos, K., Zhao, Y., Guan, L., Cao, Y., ... & Huang, X. (2019). Neurophysiological and behavioral evidence that self-uncertainty salience increases self-esteem striving. Biological Psychology, 143, 62–73. https://doi.org/10.1016/j.biopsycho.2019.02.011