コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

GIVE ME GESTALT!:オブジェの高い検出能力を示すキュビズム作品の好例 (Muth et al., Leonardo, 2013)

f:id:jin428:20210222174205j:plain
みなさんこんにちは。

微かに混じり合う教育と心理学とアートについて発信していますじんぺーです!

今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

GIVE ME GESTALT!:オブジェの高い検出能力を示すキュビズム作品の好例 (Muth et al., Leonardo, 2013)

結論からいうと、キュビスムの専門知識を持たない参加者でも、キュビスムの中に隠された物体を検出することができれば、キュビスムの作品をより高く評価することがわかった。

 

背景

■人間の視覚システムは,世界から受ける非常に曖昧で不安定な刺激から秩序を継続的に構築している

・芸術作品は、多くの場合、予測エラー、矛盾、不確定性、曖昧さなどを鑑賞者に提示することで、知覚や認知のメカニズムを利用し、明らかにし、そして遊びながら、同時に様々な解釈の精緻化を誘発する

・キュビズムの絵画は、日常的なものであふれているため、すぐに認識することが非常に困難な断片的な方法で描かれているために、隠されていることが多い

・芸術の哲学者ジョージ-ディッキーは、心理学者HekkertとLederによると、"多様性の均一性 "または "複雑さの中のシンプルさ" の認識を強調

・Van de CruysとWagemansは、芸術作品はしばしば鑑賞者の知覚的予測を侵害することがあり、その侵害によって誘発される認知的不確実性を軽減することで美的快感を得ることができることを示唆

・ラマチャンドランは知覚的グルーピングのプロセスは一般的に「報酬系」として知られる神経構造とリンクしていると主張

 

方法

■参加者:20名(Mage=23.8歳、範囲:19-36歳、女性13名)

■刺激:パブロ・ピカソ(47)、ジョルジュ・ブラック(33)、フアン・グリ(40)のキュビズム作品120点の写真

■手続き:2つのブロックで構成

・被験者は絵の好き嫌いを7件法で評価

・アートワーク内のオブジェクトをどれだけ検出できるかを7件法で評価

 

結果

・キュビズム作品内の物体の検出能力と好みとの間に強い関係(r= 0.781、p < 0.001)

 

考察

・この発見は、秩序の検出と鑑賞との関連についてのこれまでの提案、不確実性の低減による報酬、複雑さの中にある単純さの検出と一致

・キュビズム絵画の場合、ゲシュタルト認識が肯定的な鑑賞と結びついている理由は、これまで見えなかった対象が認識されるという事実だけではなく、複雑な知覚プロセスに対処するための流暢さが増したことによるものかもしれない

・キュビスムの初期の支持者である批評家ギョーム・アポリネールが強調したように,これは鑑賞者の大きな関与と努力を必要とし,美的快楽を高めるものである

・精巧さと鑑賞との間のこのリンクは、革新的な素材の精巧さによって評価が増加するが、従来の簡単な刺激によっては増加しないことを示す実証的研究によって支持されている

・芸術作品の鑑賞を理解することは、人間の心の働きを理解することにつながる

 

コメント

Leonardoの短い論文。結果1つだが、考察もおもしろくて、ピカソが認識不可能性と認識可能性の間のバランスを追及して作品を作っていたという例は目を引いた。この研究をきっかけに曖昧さと美的評価の研究を積み上げていった研究グループだったのであろう。

 

論文

Muth, C., Pepperell, R., & Carbon, C. C. (2013). Give me gestalt! Preference for cubist artworks revealing high detectability of objects. Leonardo, 46, 488-489. doi:10.1162/ LEON_a_00649