コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

ドーパミンD4受容体遺伝子(DRD4)は独立型と相互依存型の社会的志向の文化的差異を調整する (Kitayama et al., Psychological Science, 2014)

f:id:jin428:20210316113252j:plain

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートをテーマに発信していますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

 

ドーパミンD4受容体遺伝子(DRD4)は独立型と相互依存型の社会的志向の文化的差異を調整する (Kitayama et al., Psychological Science, 2014)

結論から言うと、文化的差異(ヨーロッパ系アメリカ人はより独立しており、アジア生まれのアジア人はより相互依存的)は、7回または2回対立遺伝子の保有者では、非保有者に比べて有意に顕著であった一方、非保持者には文化的差異は見られなかった

 

背景

■可塑性対立遺伝子と呼ばれる特定の遺伝子多型(Caspi et al., 2003; Sheese, Voelker, Rothbart, & Posner, 2007)によって、個人が環境から受ける影響が異なることを示す研究が増えている(Belsky & Pluess, 2009)

・rs53576のG対立遺伝子を少なくとも1つ持っているヨーロッパ系アメリカ人(GGまたはGA遺伝子型)は、持っていない人(AA遺伝子型)に比べて、強い苦痛を感じたときに他人に感情的なサポートを求める傾向が強い

・ヨーロッパ系アメリカ人と比較して、韓国人は、苦痛の程度にかかわらず、感情的なサポートを求める度合いが低いことが報告されており、この傾向は、このOXTR多型によって緩和されることはなかった

・全体論的注意 (Masuda & Nisbett, 2001) の文化的差異が、セロトニン1A受容体遺伝子 (HTR1A) の多型rs6295 (C(-1019)Gとも呼ばれる) によって同様に調整される

■DRD4

・DRD4多型は、側坐核、線条体、前頭前野など、脳の報酬処理領域を支配する中枢神経系のドーパミン経路の神経伝達効率に影響を与える

・リピートの数は2〜11個と大きく異なるが、最も多いのは2、4、7個のリピートを持つアリル(すなわち、2R、4R、7Rアリル)

・4R対立遺伝子と比較して、7Rおよび2R対立遺伝子は、ドーパミンのフィードバック抑制が低下しており(Wangら、2004年)、これが生理的なドーパミンシグナル伝達能力の向上につながると考えられている

・7Rキャリアは、4Rキャリアと比較して、腹側線条体の活動が活発であり、報酬に対する感受性が高い

・アジア人では、7R対立遺伝子はあまり一般的ではなく、代わりに2R対立遺伝子が多く見られる

・DRD4の7R変異体(および2R変異体)が可塑性対立遺伝子として機能しており、環境の影響に対する感受性と関連しているという仮説を立てている

▶DRD4の7Rまたは2R変異体がどのような行動特性と関連するかは、個人が特定の環境や文化的文脈での経験から何を学ぶかに依存する可能性

■仮説

・DRD4の7Rおよび2R対立遺伝子の保有者は、これらの変異体の非保有者よりも、文化的に支配的な社会的志向性(ヨーロッパ系アメリカ人は独立、アジア人は相互依存)をより強く示す

 

方法

■参加者:ヨーロッパ系アメリカ人(EA)とアジア系アジア人(AA)の学生200名

・7Rおよび2R対立遺伝子の保有者(比較的高いドーパミンシグナルに関連する;EA84人、AA63人)

・これらの対立遺伝子の非保有者でドーパミンシグナルが低いグループ(主に4R/4R遺伝子型、および3R、5R、6R、8R、10R対立遺伝子を含むより希少な変異体;EA105人、AA125人)

■尺度

・Singelis(1994)のSelf-Construal Scaleの独立サブスケール

・一般的自己効力感尺度(Schwarzer, Mueller, & Greenglass, 1999)

・自尊心尺度(Rosenberg, 1965)

・表現の価値に関する質問票(Kim & Sherman, 2007)

・Singelis(1994)の自己対照尺度の相互依存サブスケール

・Analysis-Holism尺度(Choi, Koo, & Choi, 2007)

 

結果

■独立因子スコアを従属変数に、文化(EAとAA)とDRD4(7/2Rアレル保有者と7/2Rアレル非保有者)の2つの被験者間変数を用いた分散分析

・文化の主効果はF(1, 373) = 9.81, p < 0.002となり、EAの参加者はAAの参加者よりも独立

・文化×DRD4の交互作用は、F(1, 373) = 5.77, p < 0.02と有意

・7/2Rキャリアでは、独立性に強い文化的差異が予測され、EA参加者はAA参加者よりも有意に独立性が高かった(F(1, 373) = 12.49, p < 0.001)

■相互依存スコアを従属変数

・文化による有意な主効果、F(1, 373) = 7.54, p < 0.01が見られ、AAの参加者はEAの参加者よりも相互依存的

・文化×DRD4の交互作用、F(1, 373) = 3.15, p < 0.08によって、わずかに修飾

・文化の違いは、7/2RキャリアではF(1, 373) = 8.33, p < 0.005と有意であったが、7/2R非キャリアではF < 1となり、そのような違いは見られなかった

■社会的志向の単一の複合指標を作成

・EA参加者とAA参加者の間には、社会的志向の指標において、F(1, 373) = 18.14, p < 0.001の有意な差が見られ、EA参加者は独立性が高く、AA参加者は相互依存性が高い

・文化とDRD4の間には有意な相互作用があり、F(1, 373) = 9.15, p < 0.003, η2𝑝 = 0.024となり、DRD4の対立遺伝子の違いが、2つの文化グループの社会的志向性に影響を与えている

 

コメント

以前に一度読んでいる論文であったが、読み返した。論も結果もクリアでインパクトも大きい。ドーパミンは扱わないと思うけど、読みたい論文もいくつか見つかったので、先行研究にさらにあたってみる。

 

 

論文

Kitayama, S., King, A., Yoon, C., Tompson, S., Huff, S., & Liberzon, I. (2014). The Dopamine D4 Receptor Gene (DRD4) Moderates Cultural Difference in Independent Versus Interdependent Social Orientation. Psychological Science, 25(6), 1169–1177. https://doi.org/10.1177/0956797614528338