コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

変化への期待と矛盾への寛容さの文化的差異:実証的研究の10年(Spencer-Rodgers et al., Personality and Social Psychology Review, 2010)

f:id:jin428:20210325114846j:plain


みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

変化への期待と矛盾への寛容さの文化的差異:実証的研究の10年(Spencer-Rodgers et al., Personality and Social Psychology Review, 2010)

ポイント

■弁証法

・ナイーブな弁証法は、一般人が一見矛盾した情報に直面したり、変化のパターンを予測したりする際に、認識上の指針となるため、ナイーブな弁証法の効果は、矛盾や変化の認識を伴う課題で特に顕著に現れると予想

・変化の概念は、宇宙は流動的であり、世界のオブジェクト、イベント、存在の状態は、2つの極端なものや反対のものの間で永遠に交互に繰り返されていると主張する(Peng & Nisbett, 1999)

・関連概念である「矛盾」によると、宇宙に存在する物体、事象、状態は、相反する要素で構成されていると考えられている

■ナイーブ弁証法

・ナイーブ弁証法(Peng, Spencer-Rodgers, & Zhong, 2006)は、弁証法的思考(Peng & Nisbett, 1999)を拡張し、理論的に解明したもの

・ナイーブな弁証法を、認知スタイルや認知の必要性などの志向性ではなく、世界の性質についての一般的な信念の集まりであると理解

・ナイーブな弁証法(すなわち、変化への期待と矛盾への耐性)は、西洋と東アジアの両方のサンプルで確実に測定し、実験的に操作することができる (Alter & Kwan, 2009; Chen, English, & Peng, 2006; Cheng, 2009; English & Chen, 2007; Paletz & Peng, 2009; Spencer-Rodgers, Boucher, Mori, et al., 2009; Spencer-Rodgers, Peng, Wang, & Hou, 2004)

・ナイーブ弁証法は、一般的な東アジアの道教、仏教、儒教の認識論に由来しており、ホリズムという広範で包括的な解釈構成の一面と見なすことができる一般的な信念体系

■文化心理学の3つの伝統

・規範と価値(1970年代から1980年代に登場した集団主義/個人主義など;Triandis, 1995)

・自己概念(1990年代に登場した相互依存/独立など;Markus & Kitayama, 1991)

・文化と認知(全体論的思考/分析的思考など;Nisbett, 2003)

・ここで紹介するナイーブな弁証法に関する文献は、排他的ではないものの、主にホリスティック/アナリティックシンキングの伝統から生まれたもの

■全体論的思考/分析的思考

・全体論的思考者は、焦点となる対象物よりも「全体像」を重視する傾向

・宇宙に存在するすべてのものは永遠に変化し続け、流動的な状態で存在

・全体論的思考者は、矛盾をより快適に受け入れようとする

■変化と矛盾

・チリ人は高度な集団主義者ですが、弁証法的ではない(Schimmack, Oishi, & Diener, 2002)

・同一文化集団内では表向き相関しているはずの文化的構成要素(東アジア人が相互依存的な自己構造と全体論的な世界観の両方を保持している度合いなど)が、質問紙調査で評価すると弱い相関しかないことが多い(韓国人の相互依存的な自己構造と全体論的な世界観の関係,r = 0.09, ns)

・2つの構成要素である「変化への期待」「矛盾への耐性」が相関していることは必ずしも予測できない

・変化を期待する傾向は、一つの真実が永続的で信頼できるものとは見なされず、複数の真実の間に矛盾が生じることは避けられないという見解をもたらす

(実験的データは、変化と矛盾の間には、有意ではあるが比較的小さな関係があることを示唆)

・情動に関する文献では、情動の変化しやすさ(情動の不安定さ)が、情動の複雑さ(相反する情動を同時に経験する傾向)と相関していることが示されている(Goetz, Spencer-Rodgers, & Peng, 2008)

・弁証法的自己信念の尺度(Spencer-Rodgers, Srivastava, et al., 2010)と相互依存的自己構造(Singelis, 1994)の相関は、カリフォルニア大学バークレー校のアメリカ人大学生ではr = 0.08、北京大学の中国人大学生ではr = 0.06にとどまっている

■一貫性

・東アジア人は、欧米人と比較して、役割や文脈の違いによる一貫性のなさに加えて、常に矛盾した自己信念、態度、価値観を持っている

・弁証法的な文化のメンバーは、より多くの矛盾した自己認識が利用可能であり、認知的にアクセス可能であることを示唆

・東アジア人は欧米人に比べて、自己概念における変化への期待と矛盾への寛容さが大きいことを示す証拠がある

■感情

・東アジア人が反対の感情や「混合した」感情をより快適に許容する

・「弁証法的感情」(Leu et al., in press; Lindquist & Feldman Barrett, 2008; Miyamoto, Uchida, & Ellsworth, in press)

・弁証法的な分類が集団主義的な分類よりも感情の複雑さをより強力に予測したことであり、感情の複雑さの国民性の違いは、集団主義ではなく、ナイーブな弁証法に起因することが示唆

・弁証法が高い人は、「良いことの中に悪いことを見つける」傾向が特に強いことが示唆

・Cheng(2009)は,香港の中国人学生において,自己に関する弁証法的な信念(DSSで評価)が対処の柔軟性と関連していることを,横断的,実験的,縦断的に示した

・弁証法的な文化のメンバーは、ポジティブな感情とネガティブな感情の共同作用を自然で必然的なものと考え、非弁証法的な文化のメンバーは、感情の純粋さや統合を好む

▶混合感情に対する文化的アプローチの根本的な違いを考えると、弁証法的な文化のメンバーにとって、感情の複雑さが心理的なダメージを少なくすると予想する

・西洋文化では、感情の複雑さは内面の葛藤や心理的苦痛の指標であり、より大きな認知的・感情的処理が必要である

■社会問題への態度

・最近の研究によると、日本人とアジア系カナダ人は、ヨーロッパ系カナダ人に比べて、さまざまな社会的・政治的問題に対する態度が両極端

・アジア系カナダ人は、ヨーロッパ系カナダ人に比べて、人工妊娠中絶、移民、グローバリゼーションなどの問題に対して両価性を示し、この両価性の文化的差異は、参加者のDSSへの回答によって媒介されることがわかった(Hamamura, 2004)

・東アジア人は、社会問題に対する両価性が高いだけでなく、その両価性に悩まされることも少ない

・アジア系カナダ人は、ヨーロッパ系カナダ人に比べて、認知的両価性と感情的両価性(引き裂かれた感じ)の相関が有意に弱く、アジア系カナダ人は両価性に悩まされていない

・東アジア人は北米人に比べて社会集団をより主体的・能動的にとらえ(Kashima et al., 2004)、文脈的な情報がないとすぐにステレオタイプ化してしまう(Spencer-Rodgers et al., 2007)が、彼らのステレオタイプ的信念はより柔軟で変化しやすいかもしれない(Williams & Spencer-Rodgers, 2010)

・弁証法的な意思決定者は、未来を直線的な軌跡ではなく、ダイナミックな変化の中で捉え、「波紋」のような結果が何年も続くことを期待

 

コメント

ボリュームがすごいけど、とても丁寧なレビューで勉強になることばかりだった。東洋の人は物事をステレオタイプ(両極端?)で見がちだけど、一方でそれは柔軟に変化させていくっていうお話が矛盾しているようで、実は直観とも、自分の研究結果とも即している気がする。宗教の影響をゆくゆく絡めるヒントにもなるかもしれない。

 

 

論文

Spencer-Rodgers, J., Williams, M. J., & Peng, K. (2010). Cultural Differences in Expectations of Change and Tolerance for Contradiction: A Decade of Empirical Research. Personality and Social Psychology Review, 14(3), 296–312. https://doi.org/10.1177/1088868310362982