コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

アートに報酬を:ビジュアル・アートの予測誤差に関する暫定的な説明 (Van de Cruys, S & Wagemans, I-Perception, 2011)

 

f:id:jin428:20210402134612j:plain

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

 

www.jinpe.biz

 

 

アートに報酬を:ビジュアル・アートの予測誤差に関する暫定的な説明 (Van de Cruys, S & Wagemans, I-Perception, 2011)

ポイント

■人類学者のディサナヤケと一緒に、私たちは「美的認知を単に「感覚的」または「知覚的」と概念化すると、多くのことが見落とされる」と主張(Dissanayake 2009, p163)

■予測符号化

・脳が感覚入力を受動的に登録するのではなく、積極的に予測するという知覚のアプローチ

・脳は、過去の経験に基づいて、現在の刺激の状況下でどのような視覚入力を期待すべきかを積極的に予測

・予測は、視覚階層の各レベルで生成され、トップダウンで下位のレベルに伝わり、ボトムアップで入ってくる証拠と照合される

■予測と感情

・感情は、生物に、通常は適応的な行動を追求し、通常は不適応な行動を回避する動機を与える

・予測の失敗は、常にある程度ネガティブな感情を持っている

・同じ矛盾であっても、状況や認知的文脈によって、異なる価値づけの感情を生み出す可能性がある

・たとえ状況が正確に予測されていなくても、実際には予測よりも良い状況であったとしても、あらゆる矛盾(驚き)は最初は否定的に経験されると主張

▶その後すぐに再評価が行われ、ポジティブな経験に変換され、実際にはネガティブな経験が先行していなかった場合よりもポジティブな経験

・予測可能性の回復(予測エラーの解決)に成功したときに、ポジティブな感情が生まれる

・「(予測エラーに対する)抵抗が好感を生む」

・予測不可能な(一時的な)状態(予測エラー)は、予測可能性と同様に知覚的快感の出現にとって重要であると推察

■予測不可能性が感情の重要な要素であることを示す、より多くの神経的な証拠が蓄積

・ヒトとマウスにおいて、時間的に予測できない音に対して、リズミカルな(予測可能な)音と比較して、持続的な扁桃体の活動が認められた

・条件が完全に学習されると(つまり、刺激が完全に予測されると)、扁桃体の反応は弱まり、外部の関連付けが変化したとき(予測が失敗したとき)にのみ復活

・知覚と非知覚の異なるレベルで機能していることが明らかな芸術における感情の説明として、純粋に知覚的な原理以上のものを包含する理論には大きな魅力

■視覚芸術

・アートでは、予測誤差を減らすように刺激を操作するとは限らない

・予測誤差がすべて負の値であった場合のように、ほとんどのアートが不快なものとして経験されることにならないのはなぜ?

▶美術館に行くと予想外のものを期待するから、このような環境では、緊急に行動する必要はない

 ・そのため、ネガティブな直感的反応の直後に、ポジティブな再評価を行うことができる

・多かれ少なかれ制御された信頼性の高い(反復可能な)方法で、美的体験を最も強く引き出すことができる芸術形態が音楽である

・Sloboda (1991)は、これらの寒気は顕著な期待の違反と強く相関していることを発見

 ・鑑賞者はすぐに不調和に遭遇し、おそらく予測エラーを減らすことを目的とした覚醒が発生する。このスタイルによる覚醒は、「誤差」があっても、描かれた感情表現を認識できるため、コンテンツの感情性を高める

■予測符号化は本質的に階層化されたマルチレベルモデル(Lee and Mumford 2003)

・低レベルの特徴に関連する予測

・中レベルの構成的予測

・高レベルの具体的・抽象的な意味的予測まで、視覚システムのすべてのレベルで暗黙的な予測が生成され、チェックされる

・私たちがある絵画を非常によく知っていて、視覚入力が実際にはもう予期しないものではない場合でも、私たちはこのダイナミクスに従うことになる

・私たちの視覚システムは、鑑賞者の意識的な記憶とは関係なく、無意識のうちに一瞬一瞬の予測とエラーを計算している

・予測は、刺激の特定の履歴、つまり文化的、個人的な経験に依存している

■2つの仮説

1.個人は自分が最も喜ぶ予測不可能性の最適な量を持っている可能性が高い

(予測エラーが多すぎると不快で、邪魔にさえなります。予測エラーがないか、少なすぎると退屈)

2.アーティストは作品の中で予測可能性と驚きの最適なバランスを取ろうとする

・ドジソンは、美的最適を見出すためには、最高のゲシュタルトを描くことではなく、パターンを再構成できるだけの情報を提供し、パターンが明らかになるほどの情報を提供しないことが重要であると主張

・最も楽しいのは、極端な新しさではなく、"最適な "革新性、つまり慣れ親しんだものを取り戻すことができる新しさである

■予測エラーはネガティブ

・神経画像研究では、扁桃体の反応は、驚きの表情と恐怖の表情が同じくらい強く、怒りや喜びの感情にはあまり反応しないことから、この類似性が裏付け(Whalen 1998)

・美的鑑賞に関する神経画像研究のメタ分析では、前島皮質が一貫して活性化

▶この構造は、特に嫌悪感や痛みなどの不快な感情に対して、意識的で身体的な情動体験に関与する

・美学に関する研究でこの領域が系統的に現れることに戸惑いを覚え、芸術作品の直感的なインパクトを証明するものだと考えた

▶島皮質の活動は、美的体験の重要な段階である予測エラーの不快さを指し示している

・芸術における予測エラーが不確実性(最終的に報われないリスク)を引き起こし、その計算によって、目をそらすか、その作品の探索を続けるかが決まるという私たちの推論と一致

■アートにおけるダイナミクス

・美術品の知覚については、Ishaiら(2007)が、絵を理解するのに必要な時間と美的価値(提示された絵の「力強さ」の判断)の間に正の相関があることを発見

・Pepperell(2011)は、コンテンツを認識するのに必要な労力が美的価値にプラスの影響を与えていると指摘

・基本的な仮説は、予測不可能な状態から不確実性の低い状態への進行は快感を伴うというもの

・単純性とプレグナンツを強調するゲシュタルトの伝統から受け継いだ、パルシモニー(表現の効率性、前出参照)への関心を持っている

 ・「解けない」絵でも、私たちはポジティブな感情を抱くことができる、ネガティブな予測エラーを安全な文脈で再評価することで、コントラスト効果により、結果として非常にポジティブな感情を得ることができる

■より暗黙的なメカニズムである誤帰属によって、ネガティブな興奮がポジティブな情動価数に変わることがある

・人々が自分の経験した感情や興奮の源をほとんど理解していないことを示している

・カピラノ吊り橋実験:高くて揺れる橋の上を歩くことへの恐怖からくる興奮を、魅力的な感情と誤解した

 ・マティスの絵に描かれているネガティブな色のミスマッチを、私たちが感情的にポジティブなものと誤認してしまうのも、この現象によるところが大きいかもしれない

■Landau et al (2006) の研究では、恐怖管理理論は芸術鑑賞にも適用されて

 ・死の恐怖(salience)によって、「意味のない」抽象的な芸術への好感度は低下し、具象的な絵画への評価は損なわれないことが明らかになった

・この効果は構造に対する個人的なニーズが高い人に限られ、抽象画にタイトルなどの意味を持たせると減少することがわかった

 

コメント

長かった…けどとても面白く、予測符号化をアート研究に持ち込んだ初めての研究(レビュー)と思われるので、これを引いている論文をたくさん読んでいきたい。アートをアートとして考えようとしすぎていた気がしていて、もっとシンプルに知覚や注意の1領域と考えたほうがいいかもしれない、と思い始めてきている。

 

論文

Van de Cruys, S., & Wagemans, J. (2011). Putting Reward in Art: A Tentative Prediction Error Account of Visual Art. I-Perception, 1035–1062. https://doi.org/10.1068/i0466aap