コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

中国人集団において,5-HTTLPR遺伝子と5-HTR1A遺伝子の複合効果がネガティブなライフイベントと大うつ病性障害の関係を修飾することを解明 (Zhang et al., Journal of Affective Disorders, 2009)

f:id:jin428:20210415132834j:plain

みなさんこんにちは。

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

  

www.jinpe.biz

 

中国人集団において,5-HTTLPR遺伝子と5-HTR1A遺伝子の複合効果がネガティブなライフイベントと大うつ病性障害の関係を修飾することを解明 (Zhang et al., Journal of Affective Disorders, 2009)

結論から言うと、5-HTTLPRの多型と5-HTR1A遺伝子座のrs6295には、MDD患者と対照群の間に対立遺伝子の関連が認められ、5-HTTLPR多型は、MDDのネガティブなライフイベントと関連していた

 

背景

■セロトニン(5-HT)は、情動、認知、概日リズムなど、多くの生理的活動の調節に関与する重要な神経伝達物質

・5-HTシステムの機能障害がうつ病の発症に重要な役割を果たしていることが示されている

・5-HTトランスポーター(5-HTT)、HTR1A、HTR1B、HTR2Aをコードするものが含まれる

■セロトニン関連の遺伝子多型

・MDDとの遺伝的関連性について研究された最初の遺伝子座

・5-HTT遺伝子座には、2つの機能的な多型:プロモーター領域にある44bpの挿入欠失多型(5-HTTLPR)、イントロン2にある可変数タンデムリピート(VNTR)(STin2)

・いくつかの研究では、5-HTTLPRの短アリル(S-allele)とSTin2のアリル12が、うつ病の遺伝的リスクをもたらす可能性が示唆

・5-HTシステムに関するいくつかの受容体遺伝子の多型も、うつ病の遺伝的要素として研究

・5-HT受容体1A(5-HTR1A)遺伝子座のrs6295(-1019C/G塩基変化)、5-HT受容体1B(5-HTR1B)遺伝子座のrs130058およびrs11568817、5-HT受容体2A(5-HTR2A)遺伝子座のrs6313(102C/T)などの一塩基多型が、うつ病、双極性障害、自殺企図と関連することが報告

▶これまでに報告された知見は、再現性に乏しく、決定的なものではなかった

■環境要因

・社会的支援がストレスの多いライフイベントによって引き起こされるうつ病のリスクを低減できる

・5-HTTLPRのS-alleleは、幼少期の虐待歴や最近のストレスフルなライフイベントを経験した人においてのみ、うつ病と関連する

・しかし、いくつかの研究では、うつ病におけるこのような遺伝子-環境相互作用を再現できなかった

5-HTR2A遺伝子のrs6313が幼少期の母親の養育と相互作用し、その結果、晩年にうつ病症状を発症する可能性を示唆

 

方法

■参加者:2.710±11.061歳のMDD患者401名(男性184名、女性217名)と、年齢・性別をマッチさせた神経精神疾患の既往のない対照者391名を募集

■手続き

・ネガティブなライフイベントは、Desen YangとYalin Zhangが作成したライフイベントスケール(LES)を用いて評価:このスケールでは、家族生活28項目、労働問題13項目、社会的その他7項目の3つの側面に合計48項目が分類

・社会的支援の状況は、中国の社会的支援評価尺度(SSRS)(Xiao, 1999)を用いて評価した:客観的社会的支援(3項目)、主観的社会的支援(4項目)、社会的支援の利用(3項目)の3つの側面からなる10項目

 

結果と考察

■5-HTTLPR(χ2=9.48、補正P=0.005、OR=1.45)とrs6295(χ2=5.56、補正P=0.016、OR=0.76)に対立遺伝子の関連が認められた

・患者群では、5-HTTLPRのL-alleleとrs6295のG-alleleが多く見られた

■20〜29歳の集団において、5-HTTLPR多型と5-HTR1A遺伝子の複合効果が負のライフイベントとMDDの関係を修正する

・L/L + G/Gの遺伝子型を持つ人は、若年層でネガティブなライフイベントにさらされた場合、MDDになりやすい可能性がある

・5-HTTLPR S/SおよびS/L遺伝子型を持つ人は、L/L遺伝子型を持つ人よりも、すべての脳領域で5-HTR1Aの潜在的な結合値が低い

 

コメント

沢山引用されているが、いまいちメッセージが伝わってこなかった。

(自分の知りたかったことがあまり知れなかった?)

 

論文

Zhang, K., Xu, Q., Xu, Y., Yang, H., Luo, J., Sun, Y., Sun, N., Wang, S., & Shen, Y. (2009). The combined effects of the 5-HTTLPR and 5-HTR1A genes modulates the relationship between negative life events and major depressive disorder in a Chinese population. Journal of Affective Disorders, 114, 224–231.