コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

5-HTTLPR, HTR1A, HTR2A累積遺伝子スコアが気分反応性と相互作用して、気分に一致した視線の偏りを予測する(Disner et al., Cognitive, Affective, and Behavioral Neuroscience, 2014)

f:id:jin428:20210415174031j:plain

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

  

www.jinpe.biz

 

5-HTTLPR, HTR1A, HTR2A累積遺伝子スコアが気分反応性と相互作用して、気分に一致した視線の偏りを予測する(Disner et al., Cognitive, Affective, and Behavioral Neuroscience, 2014)

結論からいうと、遺伝的リスクが最も高い人は、悲しい気分を引き起こすと、気分に一致する刺激に持続的な注意バイアスを示し、ポジティブな刺激には注意を向けない傾向が強かった。

 

背景

■うつ病患者では、健常者と比較して、気分に合致した刺激に注意が偏ることが一貫して観察されている

・気分と一致しないネガティブな刺激への持続的な注意は、環境中のネガティブな情報の情動的影響を増大させ、それによってストレスフルなライフイベントの影響を悪化させることで、うつ病の原因となると考えられている

・気分に合致した刺激に偏った注意は、認知的再評価や文脈情報の統合など、より適応的な認知メカニズムを損なうと考えられている

・環境ストレス要因に対する反応性が高く、気分の誘発後に強い認知バイアスを示す人(認知反応性と呼ばれる)は、MDDなどの感情障害の発症や再発に対して特に脆弱であると考えられる

■モノアミン神経伝達物質であるセロトニン

・認知や情動などの情動精神病に関連する行動と関連することが明らかになっている

・セロトニンの機能異常は、気分障害や不安障害で観察

・急性のトリプトファン枯渇によってセロトニンが実験的に減少すると、気分障害の症状が再発することが多くの研究で示されている

・感情の調節障害や偏った認知は、大脳辺縁系の活動亢進や前頭葉の活動低下と関連

5-HT1A受容体は、海馬、海馬傍回、扁桃体などの辺縁系領域に多く存在し、5-HT2A受容体は、中前頭回、前帯状皮質、口蓋垂などのトップダウンの気分調節に関連する領域に多く存在

・この2つの受容体は、それぞれ大脳辺縁系領域を抑制し、前頭葉領域を興奮させる役割を担っています(Buhot, 1997)

■5HTR1Aの遺伝子多型

・Cアリルは、GG遺伝子型に比べて5-HT1A受容体の発現と結合が大幅に減少することが示されている(Kishiら、2009年、Le Françoisら、2008年、Lemondeら、2003年)

▶これが扁桃体の反応性を高め(Fakraら、2009年)

▶アジア人集団におけるMDDのリスク増加と関連(Kishiら、2009年)

■5HTR2Aの遺伝子多型

・A(-1438)G多型として知られるrs6311のCアリルは、HTR2Aのプロモーター領域のすぐ上流に位置しており、プロモーター機能を調節することで遺伝子の発現やタンパク質量に影響を与える

・HTR2Aの変異は、怒り、攻撃、および自殺行動の増加と関連

■5-HTTLPR

・SまたはLG変異体の保有者は、不適応な情動処理に一致する様々な認知的および生理的特性を示している

・SおよびLG変異体が前頭前野の抑制調節機能の低下と関連している

・5-HTTLPRと情動刺激に対する注意バイアスとの間に確立された関連性

・情動的な顔を処理する際の扁桃体過活動

■cumulative genetic score (CGS)

・2 つ以上の多型がもたらすリスクを 1 つのスコアにまとめ、累積リスクを表すのに用いる

・CGSを使用することで、個々の遺伝子座の効果サイズが小さい場合に比べて検出力が向上し、セロトニン系のより多くの変動をモデル化することができるなど、いくつかの顕著な利点

・5-HTTLPRのS対立遺伝子の保有者は、5-HT1A受容体結合が減少する

 

方法

■参加者のうち、HTR1Aは173人、HTR2Aは171人、5-HTTLPRは175人の遺伝子型を確認

・CGSの対象となった170名(年齢:M = 28.32、SD = 8.24、女性61%)

■手続き

・気分状態のプロファイル(POMS,1992)

・悲しい気分の誘導:映画の映像、または悲しい音楽と自伝的な記憶の組み合わせのいずれかを用いて、悲しい気分の誘導を受けるように無作為に決定

・パッシブビューイング/アイトラッキングパラダイム:International Affective Picture System (IAPS; Lang, Bradley, & Cuthbert, 2005)から選ばれた画像を用いた

・4枚のIAPS画像(各カテゴリーから1枚ずつ)を、20インチの液晶コンピュータモニタの4つの象限に同時に表示

 

結果

■全体として、悲しい気分の誘導により、参加者のPOMSスコアは1.65ポイント(SD = 1.96)上昇

・短い映画クリップを見た参加者のPOMSスコアは、平均1.31ポイント(SD = 1.69)、つまり29.8%上昇したのに対し、悲しい音楽と自伝的記憶の誘導を完了した参加者のPOMSスコアは1.99ポイント(SD = 2.15)、つまり41.6%上昇

・悲しい音楽と自伝的記憶の誘導は、短い映画クリップよりも悲しい気分を高める効果が有意に高かったため、t(168) = -2.28, p = 0.01、以降のすべての分析では、低次の交互作用の要因として誘導のタイプを含めることで、気分誘導のタイプをコントロール

■遺伝子多型

・5-HTTLPRの遺伝子型を測定した175名:S/S(n=54)、S/L(n=86)、L/L(n=35)

・HTR1Aの遺伝子型が判明した173名:C/C(n=48)、C/G(n=87)、G/G(n=38)

・HTR2Aの遺伝子型が判明した171名:C/C(n=117)、C/T(n=53)、T/T(n=1)

■CGS

・気分反応性、感情の価数、およびCGSの間の三元的相互作用を推定する混合効果回帰モデルは、F(3, 167) = 5.04, p = .0017, Bonferroni-corrected p = .0068と有意

・CGSと気分反応性の相互作用は、憂鬱な刺激に対して有意であり、β = 0.173, SE = 0.066, F(1, 164) = 6.78, p = 0.0101, Bonferroni-corrected p = 0.0404

▶気分誘導に反応しやすいCGSが高い人は、同じように反応しやすいCGSが低い人と比較して、悲しい刺激を注視する時間が長く、幸せな刺激を注視する時間が短い

・中性刺激(p = 0.2223)および脅威刺激(p = 0.7572)のいずれにおいても、CGSと気分反応性の交互作用は見られかった

・気分反応性は、遺伝的影響とは独立して、刺激の価数に応じた固視標変化を予測しなかった

・セロトニンCGSが大きい人は、環境の影響を受けやすい注意システムを持っていると考えられる

 

コメント

セロトニン系の遺伝子多型3つを組み合わせたCGS(cumulative genetic score,累積遺伝子スコア)を使って注意バイアス(というよりも感情誘導の効果)を検討しているのが、おもしろい。この後、ポジティブ誘導の実験もされたかどうかがとても気になるところ。「5-HTTLPRとHTR2A(rs6311)は、遺伝的要因が個人が環境から受ける影響の程度を調整するという仮説である「感受性の違い」と関連している」というのもおもしろい。

 

論文

Disner, S., McGeary, J., Wells, T., Ellis, A., & Beevers, C. (2014). 5-HTTLPR, HTR1A, and HTR2A cumulative genetic score interacts with mood reactivity to predict mood-congruent gaze bias. Cognitive, Affective, and Behavioral Neuroscience, 14(4), 1259–1270.