コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

目が語る「詩を読む」ということ(Menninghaus & Wallot, Poetics, 2020)

f:id:jin428:20210422170521j:plain

みなさんこんにちは。

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

 

www.jinpe.biz

 

目が語る「詩を読む」ということ(Menninghaus & Wallot, Poetics, 2020)

結論から言うと、詩の大まかな特徴については、韻と拍子が読解時間に及ぼすいくつかの流暢性向上効果が見られたが、詩のより局所的な特徴については、注視時間に及ぼす非流暢性効果の増加が見られた。

 

背景

■詩的言語

・詩的な言語は、人間の言語使用の非常に古い形態であり、おそらく書き言葉よりも先に生まれている(Finnegan, 2017)

 ・「詩的な平行性」:音楽における反復や変化(Lerdahl and Jackendoff; 1977, Margulis, 2014)や、視覚的美学における対称性(Berlyne, 1974; Palmer and Hemenway, 1978)言語バージョン

・詩の平行性の特徴の多くは、かなり明確に規定されているため、言語処理に対する明確な効果を検証する目的で、選択的に実験を行うことができる(詩を経験的美学に用いるメリット)

■韻律と韻

・韻律と韻は継続的な反復構造であり、予測コーディングの能力を高め、迅速な同調を可能にする

・韻律と韻は、詩をより美しく、感動的に、喜びに満ちたものにするとともに、悲しみに満ちたものにすることが示されている

■ 美的評価と報酬の一般的なメカニズム

・韻と韻律は、これから出てくる言葉、具体的には行やスタンザの閉じ方をより予測しやすくすることで、知覚的/身体的処理の容易さを高める

・このような処理の流暢性の向上は、読解速度の向上や、N400およびP600成分における明確なEEG信号(韻を踏んだ詩とメートル法の詩では偏向が低い)に反映

▶韻律の流暢性の向上は、しばしば本質的な報酬として経験

・韻律と韻は、最も自然な単語の選択と順序に大きな制約を与える傾向があるため、意味/概念および/または構文理解の難易度を高め、結果的に読解速度を低下させることにも関連する(Wallot and Menninghaus, 2018)

・詩的言語の流暢性と非流暢性の両方の効果を規定する2因子モデルを提案

・美的好感度が高いと、好ましい刺激への繰り返しの曝露を求めるだけでなく、可能であれば曝露時間を延長するという動機付け効果がある

▶後者の現象は「savoring」効果と呼ばれている

■眼球運動パラメータ

・韻を踏むことで処理しやすくなる(流暢性)のであれば、固視時間が短くなり、逆行性眼球運動が減り、全体的または局所的な読解時間が速くなる

・流暢性と非流暢性の組み合わせの仮説については、2つの結果が予想

1.ある眼球運動の特徴が流暢性を高め(例えば、固視時間が短い)、他の眼球運動の特徴が流暢性を低下させる(例えば、逆行する眼球運動の数が多い)という複合的な効果

2.同じ尺度に影響を与える場合、(韻律的)流暢性の増加と(意味的)非流暢性の増加は、互いに打ち消し合う可能性もある

■主観的な美的評価を予測する可能性のある眼球運動特性

・読解プロセスデータからテキスト理解度を予測することを目的とした研究と類似している

■RQ

・韻や韻律の有無は、詩を読むときの眼球運動に影響を与えるか?

・韻や韻律の有無は、読者の主観的な詩の美的評価を反映しているか?

 

方法

■参加者:40人の参加者(女性32人)19歳から40歳(平均年齢=24.83歳、SD=4.63)

■材料:

・参照研究で、韻を踏んでいる原詩とメーターを踏んでいる原詩を、韻もメーターも踏んでいない修正変種と比較して、美的評価に有意な差があると報告されていた10編の詩を選択

・10編の詩のすべてが、「非常に感動的」「非常に美しい」と評価され,また,10編の詩のうち5編は,悲しみが高く喜びが低いと評価されたが,他の5編はその逆であった

 

結果

■主観的な美的評価への影響

・ 韻を踏んでいて、かつメートル単位の原詩が最も高く評価された

・2つの読解条件(昇順と降順、韻律と旋律の有無)の結果が同じパターンを示す

▶段階的な親しみやすさの向上や、2つの提示順序の非対称性による潜在的な効果が、詩の修飾の効果に比べてわずかなものであることを示唆

■眼球運動特性に対する韻律・韻の効果

・詩の最後の単語すべてにおいて,韻のみ,韻+韻律,韻律のみの3つの詩のバリエーションでは,韻も旋律もないものに比べて,総注視時間が長い(R-M-, t = -2.42, p = 0.015)

・韻と韻律のあるオリジナルの詩は、最も顕著な閉鎖効果を示しており、詩の最後の単語の注視時間は、前の詩の最後の単語に比べて長い

▶この効果は、詩全体(スタンザ最終詩を除く)で観察された読解時間の短縮、ひいては流暢性効果と決して矛盾するものではなく、むしろ、韻と韻律が読書時間に及ぼすグローバルな流暢性効果の中での、局所的な非流暢性、または味わい効果と解釈することができる

■全体的な眼球運動と主観的な美的評価との関係

・美的評価の点数が高い詩の朗読では、個々の単語をより長く読む

・美的評価の高い詩は、個々の単語の固定時間が長くても、全体の読解時間は短い

▶読者がテキストを一語一語慎重に読み進めているにもかかわらず、再読に余分な時間を費やさず、また、より速いペースで単語から単語へと進むことで、全体的な読解プロセスを速めている

・詩全体の読解時間の減少が少ないほど、美的評価のスコアは高い

・詩の読解時間が短くなるほど、美的評価が高くなると同時に、この減少が顕著でないほど、その詩はより好まれる

 

コメント

詩の特徴を見事に操作しながら、視線計測を行った研究。来るべき批判に備えて、刺激も手続きも進められていて、一流の研究者の研究って感じがする。勉強になる(すぐに全部はまねできない…)。

 

論文

Menninghaus, W., & Wallot, S. (2020). What the eyes reveal about (reading) poetry. Poetics, 101526. https://doi.org/10.1016/j.poetic.2020.101526