コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

共感、エンゲージメント、エントレインメント:美的体験の相互作用のダイナミックス(Brinck, Cognitive Processing, 2018)

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

さっそくいきます!

 

共感、エンゲージメント、エントレインメント:美的体験の相互作用のダイナミックス(Brinck, Cognitive Processing, 2018)

ポイント

■共感と美的経験

・芸術作品は、見る人に強い体験をもたらす傾向

・絵画や彫刻を見ていると、その作品と経験を共有しているように感じることがある(共感しているような感覚)

・「人とのつながり」と「作品とのつながり」には、相手の経験や考えを相手の立場で理解する「共感」という共通の基盤があるから

・共感は、自分とは別の主観的な世界観を直接的に提示するものであり、それは自分の中から発生したものではなく、既成事実として遭遇するもの

・さらに、美的体験も他人の主観的視点の体験も、日常的な体験とは別の質的プロファイルを持ち、強く感動することができる

・機能的、実用的な特性を無視して、高い覚醒度、持続的な注意、認知的にも感情的にも顕著な個人的関与を特徴とする(Markovic 2012; Vessel et al.2012)

 ・他人の主観的な経験を理解したいという気持ちは、典型的には二人称で対話しているときに生じる

・今日では、美的経験における感情、知覚、身体的感覚の機能や、その源である共感について広く関心が持たれている

美的体験は共感に基づいており、作品に描かれた要素を精神的・身体的にシミュレーションすることで発生するという見解が、最近、神経科学における美学の研究で復活している

▶私は、シミュレーション理論のオリジナル版と、神経美学におけるその現代版の両方を批判し、芸術の知覚と美的経験が、作品との関わりの中で体現され、埋め込まれ、制定されるものであると説明する美学へのダイナミックなアプローチを擁護する

・私は、美的知覚は探索的であり、知的な知覚技能と運動技能を伴うことを提案する一方で、鑑賞者と作品の間の関係的な力学を参照して美的経験の出現を説明

・美的経験は、知覚-行動および運動-感情のループという補完的なプロセスを介して、芸術作品に身体的および感情的に関わることで生まれると提唱

 

■美的体験のシミュレーション理論:反省点

・美的体験には共感が伴うという考え方は、Robert Vischer(1873年)が提唱:美的経験は純粋な形に対する真の共感から成り立っており、それは静的な形が自由に動くのを感じたいという無意識の傾向や、自己と人工物の間にリズミカルな連続性があるという自発的な経験によって証明

・ヴィッシャーは、芸術を理解するための感情と想像力の重要性を強調し、美的経験は、芸術作品の観察された形態に感情を抱く行為である「アインフュールング」から生じると主張

鑑賞者は作品の重心に身を置き、作品の中に入り込んで考える

・そして、想像力によって、最初は漠然としていた感覚の内容が、感覚的な具体的な形としてシミュレーション

 

・ディ・ディオら(2016)は、ナイーブな被験者の場合、人間の動的なコンテンツは運動共鳴を起こし、静的な自然のコンテンツは、表現された風景の機能的な可能性を反映した想像上の運動シミュレーションを起こすと結論

・共感は、2つの連続したプロセスで構成:まず、精神状態が身体でシミュレートされ、次に精神的に対象物に投影される

■この共感の概念がなぜ問題なのか

・まず、シミュレーションとは、モデルの状態やプロセスを模倣することであり、他人の経験のシミュレーションに成功すれば、その人の経験を文字通り共有することになる

・しかし、文字通りの共有は、相手が感じたことを再現することにとどまり、共感の本質を無視

共感の機能はその逆で、相手の経験を自分の経験として認識すること

・現象学的に言えば、共感では、自分自身が生きていない質的な経験の存在に直面(Zahavi and Rochat 2015)

・相手の経験を自分の経験とは異なるものとして認識することで、例えば、悲しみを経験している人を慰めたり、痛みを経験している人の苦痛を和らげたり、幸せを経験している人と一緒に喜んだりするなど、相互に反応することができる(Zahavi 2008)

 ・投影に目を向けると、それは、プロセスの中心に相手ではなく自分を置いて、経験を自己から他者へと類推して移すことである

・この方法は、共感の相互的な性質とは明らかに矛盾

・むしろ、他人の経験を正確に認識するためには、その根本的な他者性を認識する必要がある

・私たちは、他者を生きた身体として知覚的に知ることで、直接的かつ非推論的に理解することができる(Gallagher 2001, 2008; Krueger 2012; Scheler 1954; Zahavi 2008)

・彼らが何を望み、何を必要としているか、何を恐れ、何を避けているか、何を感じ、何を意図しているかがわかる

・簡単に言えば、共感とは、他人の経験を自分の経験とは異なるものとして即座に認識することに基づいている

 ■ミラーシステム

・FreedbergとGallese(2007)は、Vischerの理論を発展させ、美的体験を脳内のミラーニューロンによる行動や感情のシミュレーションとして説明

・彼らは、目標に向かって行われた行為、それによって得られる行為を介した人工物、感情を表す体や顔の表情、実際のまたは暗示的な体の動き、道具を使った行為の痕跡(地面を踏む足音、紙の上の鉛筆のストローク、彫刻の上のノミの跡など)を観察することで、観察者の脳と行為者の脳にあるほぼ同じニューロンが活性化

・その結果、対応する運動行為や感情のシミュレーションが行われると主張

・つまり、美的体験は、脳内のシミュレーション機構やミラー機構によってもたらされる

 ・彼らは自分たちに有利なように、脳の反応が自動的であるという経験の直接性を説明し、共感が観察者自身の感情的反応の投影を伴うことを否定

・しかし、ヴィシャーと同様に、彼らは共感を経験の共有として考えており、これは共感の中核的な機能である互恵性と相反するものである

・さらに、ミラーニューロンの活動が、質的に感じられる美的体験を説明するのに十分かどうかも疑問 

・FreedbergとGalleseは、作品中の動き(または動作、表情、視線など)を観察すると、実際の動きを観察したときと同様に、その動きのシミュレーションが行われ、その結果、経験が得られると主張している

・その結果、なぜ通常の動きや感情の体験ではなく、美的な体験になるのかという疑問が生じる:この2つのタイプの経験は、どうやら同じ種類の操作によって起こるようだ

・したがって、フリードバーグやガレーズの仮説では、何が体験を美的なものにしているのかが未決定のまま

・シミュレーション仮説による美的体験の説明を否定することは、芸術に対する反応の因果的実現にミラーニューロンが関与していることを否定するものではない

芸術作品の視覚処理には、運動、体性感覚、内臓運動などのプロセスが関与

・それらが具体的に美的体験にどのように作用するかは不明

・アートの目的の一つは、鑑賞者に見慣れないもの、非日常的なものを体験させること

・時には、具象的または非具象的な対極のイメージを提示したり、世界の未知の側面を開示したりすることで、洞察、学習、驚き、畏敬の念などの感情を生み出す

共感と同様に、美的経験は、自分自身の経験と、他者に由来する経験との違いを把握することにかかっている:作品に由来するものの根本的な他者性を認識することで、美的体験の特徴である心理的な再編成が可能になる

 

■美的感覚の本質:後天的なスキル

・美的経験は、物理的空間におけるある種の物質的アーティファクト、すなわち芸術作品を積極的に探索することで生じる 

・鑑賞者は、どのように見て、どのように行動するか、何にどのように注目するかを学ぶ(Gibson 1986; Ingold 2001)

・Merleau-Ponty(1964)は、芸術のパフォーマンス的側面に着目し、芸術の知覚を一人称で表現:これまでの研究(Brinck 2003, 2007)で、私はこれらの理論的視点をまとめ、アートの制作と消費を、環境の物質的・文化的特性に構成的に依存する多方向の実践の、対照的でありながら相互に関連する次元として説明

 

 

 

 

おわりに

■鑑賞者が物理的・物質的空間の中で、身体的・感情的に作品に関わることで、非発見的な美的体験が生まれると主張してきた

・これらのプロセスは、鑑賞者が作品と一緒に動いたり、作品に動かされたり、作品に動かされるように動いたりすることを可能にし、これらすべてが、人間の主体間の共感や視点の取り方のように、作品とともに知覚し、行動し、感じることを促進する

・知覚、行動、動き、感情、動き、そして感情は、関係性のダイナミクスを構成する不可分の要素 

■この相互作用を、時間的・空間的に異なるスケールで作用する2つのプロセスによって説明

知覚-行動のループは視覚的経験を特定することによって組織化し構造化する

感情-運動のループは質的に感じられる身体的意味を生成し、全体的な感情や態度を調整すると主張

・この区別は、美的関与の2つの基本的な次元や機能を明らかにするという説明上の目的を反映

・実際には、美的体験の処理は階層化されていませんが、プロセス内だけでなく、時間的に連続するプロセス間(水平方向)や、同時に発生するプロセス間(垂直方向)でも相互作用がある

 ■美的体験は、動きや方向などの身体的な体験に基づいており、必然的に感情や評価の次元を持つ

・鑑賞者は、同調したり外れたりしながら、相互作用を維持するために身体の動きを絶えず調整するので、感情の経験は、感覚形成プロセスのオンライン評価を支える

・動きは価値を伴い、作品やインタラクション全体に対する鑑賞者の感覚的な経験や感情を条件づける

・したがって、例えば、鑑賞者が美術館の空間を一周して、現在展示されている個々の作品を一点ずつ鑑賞するための最適な視点を見つけるときのように、人々が通常意識的に注意を向ける、より大きな中間的な時間的・空間的スケールで展開される行動や振る舞いに影響を与える

・作品と一緒に身体的、精神的に動くことで、鑑賞者は積極的に物質的な空間を探索し、意味のある位置や軌道を探すことができる 

・作品との関わりは、理解のための開放性と好奇心を特徴とする二人称の関係であると考えることができる

・鑑賞者と作品の間のインタラクションが展開するにつれ、エージェントは作品の新たな側面に気づき、新たなバリエーションのパターンが生まれ、インタラクションの複雑さと飽和感が増していく

 

 

論文

Brinck, I. (2018). Empathy, engagement, entrainment: the interaction dynamics of aesthetic experience. Cognitive Processing, 19(2), 201–213. https://doi.org/10.1007/s10339-017-0805-x