コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

チューリング・テストと芸術的創造性(Boden, Kybernetes, 2010)

f:id:jin428:20210610115633j:plain

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

  

www.jinpe.biz

 

 

チューリング・テストと芸術的創造性(Boden, Kybernetes, 2010)

結論からいうと、コンピュータ・アートのTTは、すでに時折、世界的なレベルで「行動的」に合格している

 

ポイント

■コンピュータアートの領域でチューリングテスト(TT)として数えられるものは、通常のTTのケースとはかなり異なる

・「芸術的」なプログラムがTTを通過するためには、以下のようなアートワークを生み出すことが必要

1. 人間が作ったものと見分けがつかない、または

2. 人間が制作したものと同じくらいの美的価値があるとみなされた

・基準(2)に関しては、機械の性能は、比較的平凡な人間の芸術作品にしか匹敵しないかもしれないし、世界的な例に匹敵するかもしれない

・前者の場合は、TTに合格したと言える

・TTのオリジナルバージョンでは、コンピュータが、平均的な言語使用者ではなく、高度に熟練した言葉の専門家と間違われることを必要としなかった

・TTに関連するコンピュータアート作品とは、人間が直接介入することなく、全体的または大部分がコンピュータのプロセスによって生成されたもの(Boden and Edmonds, 2009)

・非インタラクティブなコンピュータアートは、インタラクティブなコンピュータアートよりも、TTをより強く表現

■人間の影響が直接的であればあるほど、"パス "の説得力は低下する

・例えば、観察者(参加者)の体の動きによって、作品の色が予測できないように変化することがある

・観察者はそのことに気づいているかもしれないし、気づいていないかもしれない。たとえ気付いていたとしても、予測不可能であるがゆえに、自発的に作品を特定の方法で成形することはできない

・そのため、結果に対する創造的な責任は非常に限られたものになる

・対照的に、インタラクションのルールはより明白で、かつ決定論的であるかもしれない:ギャラリーを訪れた人の体の動きによって、現像中の絵の右下(または左上)にオークの木(またはモミの木)が追加されることが予測できるかもしれない

・そうすると、結果の美的魅力の多くの側面は、コンピュータプログラムではなく、彼らの意図的な選択によるものになる

■TTは、グラフィックアートや音楽を生成するプログラムの一部で、すでに強く(つまり、予測不可能な相互作用を介して、あるいは非相互作用的に)受け継がれている

・その中には、世界に通用する品質のものも

・コーエンの線画作品「AARON」(2002年)のデザインは、世界中の主要なアートギャラリーで展示され、高い評価を得ている

■TTを通過したアートプログラムの例としては、2007年の夏、コロンビア特別区のワシントンで行われたカラーフィールド・ペインターズの60周年記念式典でのことが挙げらる

・このグループには、マーク・ロスコ、クリフォード・スティル、ケネス・ノーランドなどが含まれていた

・彼らが描いたキャンバスを展示する大規模な回顧展の一環として、オタクではなく「伝統的な」ギャラリーのキュレーターである主催者は、カラーフィールドグループと同様の美的関心から着想を得たと思われる現代作品を2点だけ展示した

・そのひとつは、Boden and Edmondsがデザインしたコンピュータアート作品(2009年)

・この作品は実際にはインタラクティブなものですが、インタラクティブなルールが複雑であることや、かなりの遅延が組み込まれていることもあり、観客が「管理できる」ものではなかった

・このような有名な人間の芸術家の「ダイヤモンド・ジュビリー」を祝うイベントで、ロスコと並んで展示されたことがTTを通過したことにならないとしたら、何が通過したことになるのか

■作曲家のCope(2001, 2006)は、Xのスタイルで音楽を生成するEmmy(Experiments in Musical Intelligenceより)というプログラムを書いた

・Xは、モンテヴェルディからスコット・ジョプリンまで、多くの有名な作曲家の一人

・バッハとジャズ、タイ音楽と西洋音楽など、異なるスタイルの「組み合わせ」可能

・このプログラムは、コープが作曲家の特徴として選んだ音楽的な断片の膨大なデータベースと、一般的な作曲法や音楽学的なルールに基づいている

・音楽的な知識のあるリスナーは、エミーの音楽を人間が作曲した「同等のもの」と区別できないことがある

・特に、最初に説明したTTのように、5分間しか聴かない場合はそうである

・確かに、音楽的に優れた人の中には、例えばEmmyのモーツァルト風の曲をモーツァルト自身の曲と区別することができる人もいる

・しかし、現在の人間の音楽家が書いたモーツァルト風の曲(パスティーシュといってもいい)とは区別できない

・つまり、モーツァルトのような「超人」ではなくても、少なくとも私たちよりも作曲に関する専門家である人間にとっては、TTは合格なのである

・チューリングは「Shall I compare thee to a summer's day」と生意気なことを言ったが、テストを受けるプログラムがシェイクスピアに完全に匹敵することを要求したわけではない

・むしろ、TTはEmmyによってパスされることもあると言うべきかもしれない

・というのも、コープが注意して指摘しているように、このプログラムは、対象となる作曲家の音楽と多かれ少なかれ重要な点で異なるスコアを生み出すことがある

■特定のスタイルを採用して探求するという、探索的な創造性を伴うものであり、斬新な構造はすべてそのスタイルの中にある(Boden, 2004)

コンピュータ・アートの中には、新しい構造がそれ以前の構造とは根本的に異なる、変革的な創造性を伴うものがあると言える(Boden, 2004)

■これには、遺伝的アルゴリズム(GA)を用いた進化的プログラミングが含まれる

・GAは、プログラム自身のルールをランダムに変異させることができ、例えば、色付きの画像を生成することができる

・まだインタラクティブ性が強く、各世代での評価・選択は人間が行っている

・そのため、AARONやEmmyの場合よりもはるかに弱い意味でTTをパスすることに

■今まで褒めていた映像や音楽がコンピュータで作られたものだと知って、それまでの評価を撤回することがある

芸術とは、人間の経験を人から人へ伝えることに他ならないのだから、コンピュータの「芸術」は本当の意味での芸術ではないというのだ

・したがって、コンピュータの「アート」は本当の意味でのアートではない

・彼らは、それが持っているように見える「美」は、純粋に表面的なものであり、実際には幻想であると主張

・ある音楽評論家は、エミープログラムによって作曲された音楽の初の公開コンサートについて、非難の「批評」を発表した(Cope, 2001)

・しかし、その批評はコンサートが開催される2週間前に行われた

・コンピュータで作曲された音楽、特に人間の特定の作曲家を「模倣」することは許されないという彼の先入観が、TTの試みを全く無意味なものにしてしまった

・このような反応や、エミーの作曲した曲が、音楽としてではなく、「コンピュータの出力」としてしか考えられていなかった同様の反応が多くあったため、コープ氏は最終的に落胆し、25年間かけて苦労して構築したエミーのデータベースを破棄してしまった

・TTの対象となる新たなエミー賞音楽はない(ただし、後継プログラムとして、コープ(2006年)の個人的なスタイルでの作曲はある)

・確かにひとつひとつの作品は個性的だが、聴き手は、プログラムによって無限に生成されることを知っている

■一方、人間のアーティストは、エネルギーに限りがあり、さらに言えば、地球上での時間にも限りがある

・彼らの死は、いつかは完成する作品を保証している

・そして、道理にかなっているかどうかは別にして、人々はその希少性ゆえに、生き残った努力をより高く評価する

・明らかに、アーティストの死期は作品自体には告知されておらず、TTの状況では隠すことも証明することもできない

・しかし、(この意味での)独自性の欠如は、いったん発見されると、コンピュータで作成されたアートワークの価値を下げたり、否定したりする理由としてよく使われる

■同様の問題は、多くの人がアートの概念と密接に関連している「創造性」という概念にもある

・一般的には、コンピュータの創造性というものが原理的に存在しないため、コンピュータ・アートというものは存在しないと言われている

・このような見解を示す論拠は様々であるが、一般的には、意味(意図性)、意識、身体や神経タンパク質の役割、人間の道徳的共同体の構成員など、非常に議論の多い哲学的な概念が関係している(Boden, 2004)

・同じく問題のある概念である「生命」が議論の対象になることもあります(Boden, 2006)

・このように、コンピュータの創造性の可能性については、原則的に意見が分かれる余地があるのは明らか

・これらの理由で否定する人は、TTがいわゆるコンピュータ・アートの存在を証明しているとは認めたくない

■要約すると、コンピュータ・アートのTTは、すでに「行動的」に合格している

・時々、世界的なレベルで。非対話的な例(AARONやEmmyなど)については、比較的強い形で合格していると言える

・このことが、コンピュータに関して真の芸術/創造性を語ることを正当化するかどうかは、大いに議論の余地のある哲学的な議論にかかっている

 

 

論文

Boden, M. A. (2010). The Turing test and artistic creativity. Kybernetes, 39(3), 409–413. https://doi.org/10.1108/03684921011036132