コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

人工知能作品の創造性に対する鑑賞者の評価は、制作過程に影響されるのか? (Xu & Hsu, 2020)

f:id:jin428:20210626202437j:plain

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

人工知能作品の創造性に対する鑑賞者の評価は、制作過程に影響されるのか? (Xu & Hsu, 2020)

現在、人工知能の製品やプログラムは、芸術作品を含め、人々の日常生活のあらゆる場面で広く活用されている。芸術作品の場合、鑑賞者はプロセスではなく結果を見ることが多い。しかし、芸術作品の制作過程は、鑑賞者の創造性の評価に影響を与えることが多い。しかし、現在では、人工知能の作品性能に焦点を当てた研究が多く、制作過程は無視されている。

本研究では、スキーマ理論に基づいてARS尺度を用いた実験を行い、芸術作品の創作過程を実現した後に、鑑賞者の芸術作品に対する評価に違いがあるかどうかを分析した。その目的は、人工知能によって生成された結果に対する創造性の評価に、創作のプロセスが鑑賞者の評価に影響を与えるかどうかを検証することであった。その結果、人工知能の芸術性に対する評価は、創作過程に一定の影響を受けており、単色の作品よりも多様な色彩を持つ作品の方が評価に影響を与えていることがわかった。

 

論文

Xu R., Hsu Y. (2020) Will the Process of Creation Impact the Viewer’s Appraisal of the Creativeness of Artificial Intelligence Artworks?. In: Yamamoto S., Mori H. (eds) Human Interface and the Management of Information. Interacting with Information. HCII 2020. Lecture Notes in Computer Science, vol 12185. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-50017-7_31