コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

感動することは心地よい涙による緊張性の生理的覚醒の際に、位相性の生理的落ち着きと関連する (Mori & Iwanaga, International Journal of Psychophysiology, 2021)

f:id:jin428:20210705183338j:plain

みなさんこんにちは!

微かに混じり合う教育と心理学とアートを考えていますじんぺーです。

今日も論文を読んでいきます。

  

www.jinpe.biz

 

さっそくいきます!

 

感動することは心地よい涙による緊張性の生理的覚醒の際に、位相性の生理的落ち着きと関連する (Mori & Iwanaga, International Journal of Psychophysiology, 2021)

結論から言うと、寒気は皮膚電気活動の段階的な増加を、涙は緊張性の生理的覚醒時の心拍数と呼吸数の段階的な減少を誘発することが明らかになったが、涙が感動の経験を予測するのに対し、寒気の経験は予測しなかった。

 

背景

■感動

・多くの人類の文化では、古代ラテン語の修辞学や詩学など、感動の体験を記録してきた長い歴史(Wassiliwizky et al.2015)

・このような情動体験をするのはヒトだけであると考えられている(Gračanin et al.2018)

・感動することは、心地よい「寒気」(鳥肌が立ち、背筋がゾクゾクするような主観的な感覚)の体験など、生理的な覚醒状態の誘発を伴うことがある (Goldstein, 1980; Panksepp, 1995)

・実証的・理論的研究によると、心地よい寒気の感覚は、感動することと関連しており、寒気の経験には接近と回避の両方に関連する側面があることが示唆

■愛着理論

・感動するという現象は、基本的愛着理論と拡張的愛着理論の観点から定義することができる(Cullhed, 2019)

・Menninghausら(2015)が開発した概念によると、感動する経験は愛着関連感情であり、彼らは、感動することの評価は、道徳的理想に沿って他者を助けるなどの向社会的行動との適合性が高いと報告

▶この理論は、対人関係による感動体験を捉えていますが、音楽による感動体験を完全に説明するものではない

■感動の覚醒度

・寒気がするような高覚醒状態と感動が完全に一致するわけではない

・1000人以上の参加者を対象としたアンケート調査では、感動することは低~中程度の覚醒レベルを伴うことが示されている(Menninghaus et al.2015)

・生理的な覚醒と感動との間に関連があるというこれまでの知見(Benedek and Kaernbach, 2011; Wassiliwizky et al., 2017a)は感動が低~中程度の覚醒と関連するという仮定とは一致しない

・悪寒に関連した心理生理学的反応よりも、別のタイプの心理生理学的反応の方が、動かされることに密接に関連している可能性がある

・涙の情動反応は、感動することと強く関連していることが分かっており(Cova and Deonna, 2014; Fiske et al., 2019; Menninghaus et al., 2015)、生理的な鎮静効果を喚起する可能性がある

■涙

・いくつかの研究では、涙の反応が生理的な落ち着きに関係していることが報告(Hendriksら、2007年、Mori and Iwanaga、2017年、Sharmanら、2019年)

・これとは対照的に、他の研究では、寒気と同様に交感神経活動の増加が涙と関連することが明らかになった(Grossら、1994年、Rottenbergら、2002年、Sakuragiら、2002年、Wassiliwizkyら、2017a)

・これらの実証結果は、感情的な涙に関する一見相反する2つの理論に対応

1.覚醒の軽減を促す鎮静行動としての涙(カーミング理論)

2.苦痛に伴う覚醒行動としての涙(アローサル理論)

・Mori and Iwanaga(2017)の研究では、リスナーの好きな音楽に反応した心地よい涙は、音響を合わせた対照群と比較して、一時的に呼吸数が減少することが示唆

・一方、Wassiliwizkyら(2017a)は、参加者の好きな映画に反応して涙を流すと、客観的に測定された寒気(フィジカル・ピロリアン)よりも強い心拍数とEDAが誘発される

■主観的な寒気と涙の反応を分離することが重要

・2つの生理的効果が絡み合い、互いに干渉し合うことがある

・主観的な悪寒は、鳥肌の3倍以上の頻度で起こると報告されている (Benedek and Kaernbach, 2011)

・別の研究では、鳥肌と主観的な寒気の生理的な違い(Sumpf et al.2015)

・涙の反応は寒気の反応よりも感動することと強く関連していることが示唆(Seibt et al., 2018)

 

実験1

■参加者:20名の大学生(男性6名,女性14名,平均年齢=19.20歳,標準偏差(SD)=1.00)

・寒気と涙の頻度など0~10で尋ね、カットオフスコアは、「寒気」と「涙」の両方で4点以上

■手続き

・本試験では,自分で選んだ音楽が提示された

・各参加者は,寒気を引き起こす音楽と涙を引き起こす音楽を交互に選択し,6曲を擬似的にランダムな順序で聴いた

・参加者には,音楽を聴いているときに,寒気(鳥肌が立つ,背筋が伸びるなど)を感じたらマウスの左ボタンを押し,涙(泣く,喉が詰まるなど)を感じたら右ボタンを押す,というボタン操作を指示

・各曲の直後に、コンピュータの画面上に自己申告式の感情尺度が表示された。参加者は、「感動」の度合いを、0(まったくない)から9(非常に強い)までの9段階のリッカート尺度で評価

・それぞれの曲に対する感情の反応を、価数(-4=不快、4=快)と覚醒度(-4=非活性、4=活性)で評価

・ボタン押下の前後10秒を感情のピークの発生とし、分析を行ったのは、この期間が悪寒と涙の両方による生理的変化を捉えるのに十分であると考えられたからである(Grewe et al.2010; Martínez-Molina et al.2016; Mori and Iwanaga, 2017; Salimpoor et al.2011)

■結果

・単発の寒気と涙はすべての参加者から報告されたが、混合の寒気と涙はそれぞれ80%と75%の参加者から報告

・合計で、単一の寒気が225件、単一の涙が269件、混合の寒気が108件、混合の涙が108件報告

・「感動」は寒気を誘う音楽よりも涙を誘う音楽の方が評価が高く,「興奮」は寒気を誘う音楽の方が涙を誘う音楽よりも評価が高いことが分かった

・音楽鑑賞時の全体的な反応については、HR(M = 3.21, SD = 3.10)、RR(M = 2.04, SD = 2.18)、SCR(M = 1.65, SD = 1.96)が、音楽条件では音楽なしのベースラインよりも有意に高かった

・涙は単発および混合反応のいずれにおいてもHRを急速に低下させ、生理的な落ち着きを段階的に誘発することがわかった

・しかし、悪寒は混合反応のみでHRを低下させ、単発反応では低下しなかった

 ・単発および混合反応のいずれにおいても、涙の反応におけるRRが寒気の反応に比べて急速かつ有意に減少した

・感動体験の評価と、「混合した寒気」(r = 0.53, p < 0.001, 95% CI [0.26, 0.73])、「単発の涙」(r = 0.42, p = 0.009, 95% CI [0.11, 0.65])、「混合した涙」(r = 0.58, p < 0.001, 95% CI [0.32, 0.76])、「覚醒」(r = -0.34, p = 0.038, 95% CI [0.26, 0.76])の評価との間に、有意な相関

・感情反応のピーク数と感情の評価は,「感動した」という評価をうまく回帰

 

実験2

■実験2では,刺激マッチング手順を用いて,心理音響特徴の潜在的な効果を明示的にコントロール

・実験者は、ある参加者の自己選択音楽を別の参加者の対照音楽として割り当てる

■参加者:34名の大学生(男性14名,女性20名,平均年齢=19.06歳,SD=1.70)

■刺激:音楽刺激は自分で選んだ3曲と実験者が選んだ3曲から取った

■結果

・自分で選んだ音楽の方が、実験者が選んだ音楽よりも、「感動」と「価値観」の評価が高いことを確認:t 検定の有意差は感度分析で信頼できると判断された(信頼できる効果量は 0.83 以上)

・音楽鑑賞時のHR、RR、SCRの全体的な反応については、HRは実験者が選んだ音楽(M=1.41、SD=3.68)よりも自分が選んだ音楽(M=3.80、SD=4.72)の方が有意に増加したが、RRとSCRに有意な差は見られなかった

・単涙・混合涙反応と混合寒気反応でHRが急速に低下し,段階的に生理的な落ち着きが得られることを示唆しているが,このHRの傾向は実験者選択音楽では見られなかった

・寒気のRRは、単一反応と混合反応の両方で、急激に増加し、生理的興奮を示した。これらの効果は、参加者が自分で選んだ音楽を聴いているときに現れ、実験者が選んだ音楽を聴いているときにははっきりしなかった

・音楽が自分で選んだものか実験者が選んだものかにかかわらず、単一の寒気反応はSCRを急速に増加させて生理的覚醒を誘導し、単一の涙反応はSCRを急速に減少させて生理的鎮静を誘導する

・「感動した」という評価と、「寒気がした」(r = 0.55, p < .001, 95% CI [0.35, 0.70])、「涙が出た」(r = 0. 49, p < .001, 95% CI [0.27, 0.66])、および混合した涙の反応(r = 0.58, p < .001, 95% CI [0.39, 0.73])の数と、価値観の評価(r = 0.74, p < .001, 95% CI [0.60, 0.83])との間に有意な相関関係

■まとめ

・寒さは、SCRとRRをベースラインから瞬時に増加させ、段階的な生理的覚醒を引き起こすことが示された

・一方、心地よい涙は、HR、RR、SCRをベースラインから急速に減少させ、段階的な生理的鎮静を引き起こすことが示された

 ・寒気と涙が同時に起こると、これらの生理的効果は消失し、併発した

・涙の反応数と価値評価は、感動の経験と強く関連していた

・実験者が選んだ音楽を参加者が聴いたときに、自分で選んだ音楽ではHRとRRの明確な増加や減少が見られなかった▶心理的な音響特徴だけでは、悪寒や涙の生理的反応を説明できないことが示唆

・なお、自分で選んだ音楽と実験者が選んだ音楽の両方にSCRが増減していることから、この効果は心理音響効果に由来するものと考えられる

 

コメント

これまでの感動を扱った研究の結果の不一致具合を涙とチルの共起を分けて考えることで乗り越えたとても意義のある研究と思った。結果も一貫していて、感動もここスタートで研究していけるのではないかと思うレベル。

 

論文

Mori, K., & Iwanaga, M. (2021). Being emotionally moved is associated with phasic physiological calming during tonic physiological arousal from pleasant tears. International Journal of Psychophysiology, 159(December 2019), 47–59. https://doi.org/10.1016/j.ijpsycho.2020.11.006