コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

コロナ・コンサート:バーチャルコンサートの特性が社会的つながりとカマムタに与える影響(Swarbrick et al., Frontiers in Psychology, 2021)

f:id:jin428:20210830174259j:plain

みなさんこんにちは!

じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

コロナ・コンサート:バーチャルコンサートの特性が社会的つながりとカマムタに与える影響(Swarbrick et al., Frontiers in Psychology, 2021)

結論から言うと、(1)社会的つながりとカマ・ムタは関連しており、共感的関心によって予測されること、(2)ライブコンサートは録音済みのコンサートに比べて社会的つながりを多く生み出すが、カマ・ムタは生み出さないこと、(3)コンサート中のコロナウイルスの注目度がカマ・ムタを予測し、この効果は社会的つながりによって完全に媒介されることがわかった。

 

背景

■コンサートのストリーミング配信

・不確実で困難な時期に、安心感とつながりを与えてくれたよう

・チャット機能やリアクションボタンなど、従来のライブコンサートとは異なる方法で、観客同士や出演者との交流を可能にする機能が搭載されていることが多い

・新たなプラットフォームを提供するために、いくつかの新しい会社が設立(Breese, 2020)

・ライブの観客は、より精力的に動き、より強い音楽体験をし、演奏者と直接対話する機会があり、おそらく観客と演奏者の間のパラソーシャルな関係が強化

■バーチャルコンサートにかかる心理的因子

・オーディオ品質は、プレゼンスまたは「そこにいる」という感情の重要な予測因子である可能性(Lessiter and Freeman, 2001; Nordahl and Nilsson, 2014)

・観客がコンサート中にコロナウイルスの重要性を認識した場合(例えば、演奏者や観客がその話題について話したり、寄付を促したりした場合)、バーチャルコンサート中の社会的つながりの感覚が高まると予測

■感動 kama muta

・最近の実証研究では、感動の感情は主にポジティブなものとして経験され、社会的または道徳的に重要な出来事や芸術作品によって典型的に誘発され、社会的結合や共同体関係への献身を動機付けることが立証

・共同体共有関係(CSR)が突然強まったときに起こると考えられている(Fiske et al., 2019)

・好ましい状況よりも好ましくない状況で人々が親しくなる様子を描写したヴィネットに、より多くの感動を覚えた(Strick and van Soolingen, 2018)

■共感的関心

・ネガティブな経験をしている他者に対して共感や同情の感情を抱く傾向

・向社会的行動や利他的援助と最も確実に関連する共感の側面

・共感的関心が感動体験を予測することから、Zickfeldら(2017)は、共感的関心によって喚起される向社会的行動の意図自体が、共同体の共有を突然強める(それによってカーマ・ムタを誘発する)ことを表しているのではないか

 

方法

■参加者:661人が研究に参加するためのリンクをクリックし、参加することに同意

・最終的なサンプル数はn=307(女性:n=156、男性:n=147、言いたくない:n=3、アジェンダー:n=1)

・録画されたコンサートを見たことがある人がn=76、放送された時のライブストリームのコンサートを見たことがある人がn=158、放送された後のライブストリームのコンサートを見たことがある人がn=65となり、主変数であるコンサートタイプの3つのレベルが形成

■手続き

・最近バーチャル・コンサートを15分以上視聴したことがある場合はアンケートに答え、最近視聴したことがない場合は好きなコンサートを視聴するよう勧められた

・参加者が視聴したコンサートは、コロナウイルスのパンデミック以前のものでも、パンデミック中のものでもよい

・コンサートでどのような気分になったかを、自由記述と感情尺度(平和、元気、幸せ、悲しみ、緊張、優しさなど)への回答で共有し(Vuoskoski and Eerola, 2017)、音楽に合わせて動きたくなる、声を出して笑う、リラックスして呼吸するなどの身体的反応をどの程度経験したかを報告

・コロナウイルスの個人的な影響を測定するために、パンデミックが始まってから、孤独感、仲間がいないこと、他人から孤立していること、不安を感じる頻度を尋ねた

・Kama mutaは、KAMMUS-2の短縮版であるKAMMUS-Sで測定した(Zickfeld et al.2019からの引用)

・コロナウイルスの話題性を測定するために,「コロナウイルスの話題性は?」「コロナウイルスによる社会的疎外感はどの程度顕著でしたか」と尋ねた

・社会的つながりの尺度:3つの側面から構成(感情、社会的存在感、行動)

 

結果

■共感的配慮、社会的つながり、カーマ・ムタ

・共感的関心は、社会的つながりとカーマ・ムタを有意に予測

■ライブ vs. 事前録画

・コンサートの種類が社会的つながりとカーマ・ムータに及ぼす影響を個別に調べるために、一元配置のANOVA

・コンサートの種類は、社会的つながりに有意に影響したが[F(2, 296) = 11.3, η2 = 0.071, p < 0.001]、カーマ・ムタには影響しなかった[F(2, 326) = 1.61, η2 = 0.010, p = 0.20]

■媒介分析

・従属変数(kama muta)と媒介変数(社会的つながり)の両方に対して、独立変数(コロナウイルスの話題)が有意な効果を持つことがわかった

・コロナウイルスの受容性がkama mutaに与える影響は、社会的つながりによって完全に媒介

■社会的つながりとカーマ・ミュータという結果変数を最もよく説明する探索的予測因子を決定するために、重回帰の後方選択アプローチ

・「社会的つながり」という結果を最もよく表すモデルは、分散の38%を説明:選択手順の結果、ジャンル、プラットフォーム、コンサートの盛り上がり、同じ空間や地域で他の人が見ていたかどうかが要因

・kama mutaの結果を最もよく表すモデルは、分散の37%を説明[R2Adjusted = 0.43, F(24, 232) = 9.09, p < 0.001]:連続予測因子である共感的関心、音質、1日に音楽を聴く時間、注意レベル、共感性、ファンの状態、演奏者が観客と対話することを効果の大きさ(部分的二乗)の降順で含み、すべて正の傾き

■参加のモチベーションとKama muta

・カマ・ムタを最もよく表すモデルは、分散の32%を説明し[R2Adjusted = 0.32, F(7, 299) = 21.5, p < 0.001]

・アーティストが好きである、リラックスを予測する、楽しみを予測する、より多くのつながりを感じたい、元気づけられたい、アーティストを個人的に知っている、退屈を感じているという予測変数を含む

 

コメント

題材が今っぽいし、やりたいことも明確でよい研究。Kama mutaの研究が続けられているのもうれしい。

 

論文

Swarbrick, D., Seibt, B., Grinspun, N., & Vuoskoski, J. K. (2021). Corona Concerts: The Effect of Virtual Concert Characteristics on Social Connection and Kama Muta. Frontiers in Psychology, 12(June), 1–21. https://doi.org/10.3389/fpsyg.2021.648448