コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

性格の違いとグループ対個人のブレーンストーミング(Furnham & Yazdanpanahi, Personality and Individual Differences, 1995)

f:id:jin428:20210906153635j:plain


みなさんこんにちは!

じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

性格の違いとグループ対個人のブレーンストーミング(Furnham & Yazdanpanahi, Personality and Individual Differences, 1995)

結論から言うと、3つの問題を1人で、2人で、または似たようなパーソナリティスコアの4人グループでブレインストーミングした結果、2人組の創造性総得点は、4人の名目グループや実グループ、2人の個人の単独作業よりも常に低かった。

 

背景

■ブレインストーミングは、Osbom (1957) によって、グループの問題解決に有効な手法であると初めて主張

・Osbom は、この手法によって、グループメンバーが生み出すアイデアの質と量が向上すると主張

・「平均的な人は、グループで作業しているときは、一人で作業しているときよりも2倍のアイデアを思いつくことができる」(Diehl & Stroebe, 1987)

・名目グループ(一人でブレインストーミングをした後、冗長でないアイデアを組み合わせたグループ)が、同じ数の相互作用グループよりも優れていることを発見

▶この発見は一貫して再現されており、この30年間で研究は大きく進展

■1980年代と1990年代に行われた研究では、なぜ個人がグループよりも優れたパフォーマンスを発揮するのかという疑問に答えようとした

・批判、生産の妨げ、社会的怠惰、評価に対する不安などの問題を克服するための有効性が示されている

・ソーシャルローフィング:Social loafingとは、相互作用しているグループメンバー(アウトプットを共有している)は、同じような参加者が単独で作業している場合よりも、より少ない努力で済むという知見

・評価不安:Colaros and Anderson (1969)は、評価不安を最も大きくすることを目的とした条件では、生産性が最も低くなると結論

・Maginn and Harris (1980) の「観察者がいる場合の個人の生産性は、観察者がいない場合の個人の生産性と有意差がない」という結果とは異なる

・生産妨害:グループ内で一度に一人しか発言できないため、他のグループメンバーが思いついたアイデアを発表することができないという考え方

■創造性は精神病と関連

・Eysenck(1992)は、親族や子孫、あるいは精神病患者が非常に創造的であることを示す証拠の結果として、創造性は精神病症状を発症させる素因となる精神病性(P)の機能であると主張

・Heston(1966)は、統合失調症の母親の子供は、非統合失調症患者に比べて、芸術性や想像力が高いことを明らかにした

 

方法

■参加者:心理学専攻の学部1年生52名

■指標

・独立変数:創造性の高低は、EPQ(Eysenck & Eysenck, 1975)のSのPスコアに基づいて予め決定

・4点以上のSは高得点群に、4点以下のSは低得点群に分類

・課題

1.5分で、新しいチョコレートバーの異なる(グッドトレード)名称をできるだけ多く提案

2.10分で、漫画のスケッチを見て、次に起こりそうなことをできるだけ多く書き出す

3.15分で、新しく発売された咳止め薬のテレビ広告を完成させる

■従属変数

6つの異なる従属変数:

(1) 重複しないアイデアの総数

(2) 創造性に関する文献を学んだ学生で構成された訓練された評価者によって測定されたl-5スケールの平均創造性スコア(Cooper, 1991)。
(3) 優れた反応の数:優良回答とは、上記の創造性評価で-Cまたは5点を獲得したアイデア
(4) 冗長でないアイデアの総数のうち、優れた回答の割合。
(5) 創造性生産率:これは、各課題で考えられたアイデアの総数を、その課題に取り組んだ個人の数で割ったものである。
(6) 想像力の自己評価:1(低い)から10(高い)のスケールで評価

・Qua/iv. クオリティーは、オリジナリティーに応じて、1人の実験者が5段階[1(低)〜5(高)]で評価した。スコアの信頼性をテストするために、2人目の実験者も全体のアイデアの2.5%を評価

■手続き

・標準的なブレーンストーミングの手順が書かれた小冊子を渡された

・グループ条件では、グループが考えたアイデアを書き留めるために1人のメンバーが指名され、各人の貢献がテープレコーダーによって評価

 

結果

■t検定

(i)Pスコアの高い実在グループと名目上の4人グループの優れたアイデア(t = 6.40; P < 0.005)とアイデア数(t = 6.65; P < 0.05)

(ii)Pスコアの高い実在グループと名目上の2人グループの優れたアイデア(t = 2.8 I ; P < 0.05)とアイデア数(t = 1 . Ol; ns)

(iii)低Pスコアの実在・名目上の4人グループは、優れたアイデア(t = 0.94; ns)とアイデア数(t = 10.55; P < 0.001)

(iv)低Pスコアの実在・名目上の2人グループ(t = 1. 35;ns)とアイデア数(t = 1.80;ns)

(v)一般的に実在と名目上の4人グループ(t = 3.27;P < 0.001)とアイデア数(t = 13.68;P < 0.001)

(vi) 一般に実在する名目上の2人グループ(f = 1.92; P < 0.05)とアイデアの数(f = 1.90: P < 0.05)

■2×3×3の混合ANOVA(2つのパーソナリティグループ、3つの作業条件、3つのタスク)

・アイデアの数:タスクの主効果のみを示した:第1課題は、第2課題、第3課題に比べて、より多くのアイデアを生み出した

・優れた回答(作成された回答の質に関連する):Pスコアタイプ、グループ、タスクの3つの主効果

・Pスコアの高い人は、より多くの優れた回答を作成した(F=6.94, P<0.001)

・タスクの主効果では、タスクIIが最も多くの優秀な回答を生み出し、タスクI、タスクIIIがそれに続いた(F = 4.93, P < 0.001)

・交互作用は非有意

・創造性評価の平均値:Pとグループタイプの2つの主効果と創造性×Pの交互作用が見られた

・P値の高い人は、P値の低い人と比べて、平均創造性スコアが高くなりました(F = 6.87; P < 0.001)

・この傾向はペアでも同じだが、一般的にこの平均値は個人の場合よりも低くなる(F = 7.95; P < 0.001):低Pの4人グループが交流した場合、その平均創造性率は、同等の高Pグループの平均創造性率を上回る

 

コメント

少し古い研究で、もう少しグラフとか使って、分かりやすく説明して欲しかった。精神病スコアとグループの交互作用は出ず、という結果がメインかな。

 

 

論文

Furnham, A., & , T. (1995). Personality differences and group versus individual brainstorming. Personality and Individual Differences, 19(1), 73–80. https://doi.org/10.1016/0191-8869(95)00009-U