コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

観測者は曲面が好きなのか、それとも角度が嫌いなのか?(Bertamini et al., British Journal of Psychology, 2016)

f:id:jin428:20210916152841j:plain

みなさんこんにちは!

今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

観測者は曲面が好きなのか、それとも角度が嫌いなのか?(Bertamini et al., British Journal of Psychology, 2016)

結論から言うと、角度に対する回避のパターンは確認されず、曲率に対する接近のパターンのみが確認された。

 

背景

■曲面への選好

・ホガースは、1753年に出版された『美の分析』という本の中で、自分の理論を詳しく述べている:線を直線、曲線、波線、そして最終的には波線と曲線を組み合わせた蛇行線として区別

・実験心理学の世界では、曲面を好むことを「良い継続」の原理、つまり「良いゲシュタルト」の原理と結びつけることができる(Kanizsa, 1979)

・Köhler (1947)は、観察者が角張った形を「takete」という言葉に、曲がった形を「maluma」という言葉に関連付けることに気づいた:この関連付けは自動的に行われ(Makovac & Gerbino, 2010)、快/不快の概念との関連を含む意味ネットワークの一部となっている(Milan et al., 2013)

・LederとCarbon(2005)は、自動車のデザインが1980年代後半から1990年代にかけての直線的なものから離れていったことを指摘

・Bar and Neta (2006)は、日常的なものや意味のない新しいパターンを描いた画像をペアで使用:湾曲した物体は、鋭角な物体と比較してだけでなく、湾曲した要素と鋭角な要素の両方を含む対照物体と比較しても好まれた

▶レーティングや強制選択課題を用いた実験では、観察者が曲面を好むのか、角張ったものを嫌うのかを知ることはできない

■角を嫌う

・Bar and Neta (2006) は、曲面を好むのは、角度のある物体に対する否定的な反応に由来することを示唆:角ばったものは脅威の感覚を誘発すると主張

・湾曲した物体を好むことが確認され、湾曲した物体に比べて鋭角な物体の方が扁桃体の両側の活性化が大きい (Bar and Neta, 2007)

▶しかし、扁桃体の活性化は、恐怖やネガティブな感情に限ったものではない。扁桃体は、正の価値を持つ刺激の処理にも関与しているという証拠がある(Garavan, Pendergrass, Ross, Stein, & Risinger, 2001)

・また、角度が注意を引くという証拠もある

■曲率と複雑さの関係

・Silvia and Barona (2009) は、対称性、原型性、バランスをコントロールしながら、曲率と複雑さの知覚との関係を調べた:

 

実験1

■参加者:20名の参加者(年齢幅:18〜23歳、左利き5名、女性15名)

■刺激:黒の輪郭をもつ不規則な形状

■手続き

・2×3×2×3の被験者内デザイン:因子は,形状(角張っているものと曲がっているもの),アーティキュレーション(cassini0とcassini70とcassini90),頂点(22と26),方向(0,45,-45°)

・灰色の背景の中央に固定用の十字架が500msの間置かれた後、図形が現れ、反応があるまで画面に留まった

・最初の課題は,好みを嫌い(0)から好き(100)の間で評価するもので,2つ目の課題は,複雑さを複雑でない(0)から複雑(100)の間で評価するものであった

・180回の実験

■結果

・嗜好性に関する分析

・形状の主効果,F(1, 19) = 14.96, p = 0.001が見られた:角張った形状よりも曲線の形状が好まれた(曲線:M = 50.12, SD = 2.46; 角張った形状:M = 37.48, SD = 2.79)

・その他の主効果と交互作用は有意ではなかった(すべてps>0.2)

・複雑さに関する分析では、形状の効果、F(1, 19) = 8.76, p = 0.008:角張った形状は、曲がった形状(M = 40.48; SD = 3.29)よりも複雑だと評価された(M = 46.56; SD = 2.95)

・Articulation, F(2, 38) = 5.53, p = 0.008,  Vertex, F(1, 19) = 121.08, p = 0.000 の効果も有意であった

・相互作用効果は、Shape × Articulationを除いて有意ではなかった F(2, 38) = 3.81, p = 0.031

・相関を:複雑さが増すにつれて、preferenceのスコアはわずかに減少した(r = -.041)が、この相関は小さく,被験者間で一貫していなかった

 

実験2

■湾曲した形状に対する嗜好性が、知覚された距離によって調整されるかどうかを調べた

・鋭角は脅威として知覚され、接近-回避モデル(Pankesepp, 2008)に沿って、このような形状は避けるべきであるとされている

■参加者:20名(年齢層:18〜50歳、左利き0名、女性13名)

■デザイン

・実験2では,70%の調音のみを使用(cassini70)

・これらの不規則な形状は、田舎道、草原、または灰色の画面を示す背景の上に提示

・2×3×3の被験者内デザインを採用し、因子は、形状(角張ったものと曲がったもの)、位置(下段と中段と上段)、背景(田舎道と草原と灰色のスクリーン)

・2つのタスク:図形が手の届く距離にあるかどうかを、Y(Yes)とN(No)と書かれた2つのキーのいずれかを押して示した

・その後、1(低)から7(高)までの数字を押して、好みを評価

■結果

・距離には,図形が置かれている場所に基づく定義(Actual Distance)と,参加者が報告した内容に基づく定義(Perceived Distance)があるため,2つの分析を行った

・実際の距離

・形状の効果、F(1, 19) = 9.06, p = 0.007, eta2 = 0.323が示され、角ばった形状(M = 3.45; SD = 1.32)よりも曲線の形状(M = 4.34; SD = 1.22)が好まれることが確認

・他の主効果や交互効果はいずれも有意ではなかった(すべてps>0.05)

・知覚距離

・形状の効果が確認され、F(1, 19) = 9.39, p = 0.006, eta2 = 0.331

・場所の効果も有意で、F(1, 19) = 5.00, p = 0.037 eta2 = 0.208

・参加者は全体的に、手の届く範囲(M = 4.08; SD = 1.39)と手の届かない範囲(M = 3.67; SD = 1.18)の間にある図形を好んだことになる

・その他の主効果、交互効果はいずれも有意ではなかった(すべてps>0.05)

 

実験3

■実験1と2で用いたものよりもさらに単純な刺激に対する視覚的選好を調べた

・曲線の刺激と角度のない直線の刺激を比較することができる

■参加者:14名(年齢層:17〜44歳、左利き1名、女性8名)

■デザイン

・7本の線で構成されたパターン:パターンには3種類

・3×2×2の被験者内デザイン:因子は、線(角、曲線、直線)、絞り(四角、円)、色(セット1、セット2)

・応答があるまで画面に表示され続けた:実験参加者は,実験1で使用したのと同様の視覚的尺度(0=嫌い,100=好き)

■結果

・嗜好性に関する反復測定ANOVA

・線の効果が確認され,F(2, 26) = 6.50, p = 0.005 eta2 = 0.333:曲線を使ったパターン(M = 60.45; SD = 2.34)は、直線を使ったパターン(M = 51.79; SD = 3.94)よりも好まれる

・色の効果はあり、F(1, 13) = 6.64, p = 0.023 eta= 0.338であった:セット1(M = 53.70; SD = 2.65)がセット2(M = 50.05; SD = 2.94)よりも魅力的であると感じた

・角張った線を持つパターンと直線を持つパターンの好みには,t(13)=1.70, p=0.114の差がなかった

・相互作用効果は有意ではなかった(ps > .05)

 

実験4

■マネキン課題を用いた(De Houwer et al.2001)

・参加者は棒人間を刺激に向かって動かしたり、刺激から遠ざけたりした

■参加者:36名の被験者(年齢層:18〜31歳、左利き2名、女性27名)

■デザイン

・実験1で用いたものと同様のものを用いた.各図形は,cassini0関数から始まる22個の頂点を用いて生成

・マネキンは,頭が円,胴体と手足が直線で構成された棒人間の絵を使用:大きさは高さ2.5cm,幅1cm.動きの中で,右足と左足が長くなったり短くなったりして,歩いているような印象を与えた

・条件(相性の良いものと悪いもの)と形状(角張ったものと曲がったもの)を因子とする2×2の被験者内デザイン

・テンキーで「5」を押すと,マネキンが画面に現れるように指示

・750ミリ秒後に,画面の中央に形状(角張ったものと曲がったもの)が提示

・参加者はマネキンと同一視して、曲線状の図形に向かって移動し、角状の図形から遠ざかるように指示された(適合条件)、あるいはその逆(非適合条件)を行った

・従属変数は,マネキンが登場してから最後にキーを押すまでの時間とした

■結果

・RTに関するANOVAでは,条件の効果が確認され,F(1, 28) = 10.69, p = 0.003 eta2 = 0.276となった:互換性のある試行(M = 1.11; SD = 0.057)では、互換性のない試行(M = 1.27; SD = 0.088)よりも速かった

・形状の効果,F(1, 38) = 3.23, p = 0.051 eta = 0.145 も有意

・曲線(M = 1.25; SD = 0.079)よりも角張った形(M = 1.14; SD = 0.063)の方が速い反応を示した

・重要なことは、条件と形状の間に相互作用があり、F(1, 28) = 18.22, p = 0.000 eta = 0.394 となったこと

・角度刺激については,適合する試行と適合しない試行の間でRTに差はない

・曲線刺激では,相性の良い試行と悪い試行の間でRTが異なり,t(28) = -3.93, p = 0.001となった:参加者は,曲がった図形に近づく方が(M = 1.16; SD = 0.29),離れる方よりも速く動かした(M = 1.41; SD = 0.52)

 

コメント

この2日くらいで無意味図形を研究で使う予定がなくなってしまった…けどこのテーマの重要論文2本読めてだいぶ勉強になった!

論文

Bertamini, M., Palumbo, L., Gheorghes, T. N., & Galatsidas, M. (2016). Do observers like curvature or do they dislike angularity? British Journal of Psychology, 107(1), 154–178. https://doi.org/10.1111/bjop.12132