コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

赤・黄・青を怖がる人はいない?認知的閉塞感が美的嗜好を予測する(Wiersema et al., PACA, 2012)

f:id:jin428:20211003091958j:plain


みなさんこんにちは!

じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

赤・黄・青を怖がる人はいない?認知的閉塞感が美的嗜好を予測する(Wiersema et al., PACA, 2012)

結論から言うと、NFCの個人差が、結末の見えない劇への好感度と関連していることを明らかにしたり、時間的なプレッシャーを感じながら絵画を判断した参加者(高NFC)は、対照条件(低NFC)の参加者と比較して、抽象的な絵画よりも具象的な絵画をより強く好むことがわかったりした。

 

背景

■美的嗜好の違い

・ある研究では、教育の種類(科学と芸術など)、社会階層、教育レベルなどの特性と結びつけている

・科学的な教育を受けた人は、芸術的な教育を受けた人に比べて、美術館に行く可能性が低い(McManus & Furnham, 2006)

・美的体験の性質は、対象物、観察者、観察者の焦点、体験が行われる物理的・社会的・歴史的な背景などの特性が複雑に絡み合って決まると主張する、複合的なアプローチを採用した研究も

・経験への開放性は、代表的な抽象画やポップアートへの嗜好と関連し(Furnham & Walker, 2001)

・日本美術、ルネッサンス美術、キュビズムへの嗜好とも関連している(Chamorro-Premuzic, Reimers, Hsu, & Ahmetoglu, 2009)

・Sensation seeking (Zuckerman, 1979)、つまり、新奇で複雑で強烈な体験を求め、自分の感情に頼ることを習慣とする人は、具象絵画よりも抽象絵画を好む(Furnham & Bunyan, 1988; Rawlings, Barrantes-Vidal, & Furnham, 2000)

・Mastandrea, Bartoli, and Bove (2009) は,異なる美術館の来館者のパーソナリティを調査した結果,現代の美術館の来館者は,古代の美術館の来館者に比べて,感覚を求める傾向が強いことを明らかにした:現代の美術館の来館者は、絵画を見る喜びなどの情緒的な理由を多く挙げていたのに対し、古代の美術館の来館者は、文化的な豊かさなどの認知的な理由を多く挙げていた

■NFC の構成要素

・秩序への嗜好、予測可能性への嗜好、決断力、曖昧さへの違和感、および閉ざされた心という 5 つのサブコンポーネントからなる

・特に後者のサブコンポーネントは、経験への開放性と重なる部分がある

・他の構成要素はNFCに特有のものであり、経験への開放性の概念化や運用には登場しない

■NFC は他のいくつかの重要な点で経験への開放性とは異なる

・経験への開放性は、状況の関数として変化しない安定した特性として概念化されている:NFC は特性および状況的傾向の両方として概念化

・NFC はより強い動機付けの要素を持っている:開放性の動機的な部分には、変化を求めること、感覚を求めること、知的理解を求めることなどが含まれており、これらは閉鎖性の必要性そのものとはむしろ異なる

・「経験への開放性尺度」は、「美学」サブスケールを通じて芸術への感謝を直接評価

・NFCが高い人は即答を好むことがわかっている:そのため、答えを思いつくことができる最初の機会をつかみ、その後、情報処理が停止

・明確で即時的な意味を持たない芸術形態(例:不条理物語、またはユーモア、および非 表現芸術)は、(例:タイトルまたは何らかの参照枠によって;Landau, Greenberg, Solomon, Pyszczynski, & Martens, 2006)意味が付与されたとき、および/または個人が自分で意味を作 り出そうと動機づけられたときにのみ、理解および評価されます(Prouxl, Heine, & Vohs, 2010)

 

研究1

■結末の必要性が、結末の見えない作品への好感度に影響するかどうかを調べた

■参加者:合計40名の被験者

■手続き

・来場者は研究者に声をかけられ、人々の「文化的イベントに対する評価」を調べる調査への参加を呼びかけられた

・アンケートが書かれた小冊子が入った封筒が手渡され、観劇後に記入

・「完結欲求」(Webster & Kruglanski, 1994)を測定する42の項目

・劇中のエンディングがオープンエンドであると認識しているかどうかを、1(クローズド)から5(オープン)までのスケールで確認

・劇全体の評価を1(非常に否定的)から5(非常に肯定的)の間で、また、劇の結末をどの程度気に入ったかを1(全く気に入っていない)から5(非常に気に入っている)の間で尋ねた

■結果

・一般的に、被験者は劇の結末がクローズドエンドではなくオープンエンドであると認識していました(M = 4.26, SD = 0.99)

・NFCは、演劇全体の評価とは相関しなかったが(r = -.08, ns)、演劇のエンディングの評価とは相関していた(r = -.37, p = 0.02)

 

研究2

■抽象画と具象画の好き嫌いとNFCとの関係を調べた

■参加者:心理学を専攻する学部生59名(男性16名、女性43名)

■刺激:参加者は40枚の絵画について、抽象性と好感度を評価してもらった:これらの絵画の写真は、検索エンジン「Google」で「abstract art」と「figurative art」のキーワードで検索したほか、グッゲンハイム美術館、オルセー美術館、近代美術館(MOMA)などの美術館のウェブサイトでも検索

■手続き

・それぞれの絵画について、知覚された抽象性と個人的な評価

・抽象度は、その絵が現実を明確に描写していると思う度合いを測定:個人的評価は、その絵画に対する好感度として測定

■結果

・絵画の平均抽象度スコアを算出した.抽象度の高い20%(M = 19.75, SD = 10.89; 以降、「抽象画」と呼ぶ)と低い20%(M = 87.46, SD = 13.22; 以降、「具象画」と呼ぶ)の絵画を選択

・抽象画の平均評価は44.81(SD = 18.86)であり、具象画の平均評価は46.03(SD = 15.27)であった。これらの平均値は、参加者内で有意な差はなかった

・抽象画ではNFCと好感度の間に負の相関が見られ、r = -.24, p = 0.03(片側検定)となった。一方、具象絵画では、r = 0.22, p = 0.048(片側)と、有意な正の相関が見られた

・NFCの低い参加者には知覚された抽象度と評価の間に相関は見られず、r = 0.03, nsであったのに対し、NFCの高い参加者には知覚された抽象度と評価の間に負の中位相関が見られ、r = -.40, p = 0.005

・NFCと抽象画を判断する時間の間には、有意な負の相関があり、r = -.24, p = 0.037:NFCが高い人はNFCが低い人に比べて、抽象画を見る時間が短い

 

研究3

■時間的プレッシャーの下で絵画を審査させることで,閉鎖欲求の高まりを実験的に誘発

■参加者:学部生58名(男性20名、女性38名)

■手続き

・評価は、1(まったく魅力を感じない)から100(非常に魅力を感じる)までの100点満点のVASスケール

・3秒以内に絵を判断できなかった場合、プログラムは自動的に新たな絵を提示

■結果

・抽象画と具象画の平均評価を反復測定として、混合法によるANOVAを実施(Need for Closure Scaleのスコアを連続的な調整因子)

・時間的圧力の主効果は、F(1, 54) = 5.11, p = 0.028, [eta]2 = 0.09:時間的制約のある条件の参加者は,対照条件の参加者(M = 42.49, SE = 2.01)に比べて,絵画に高い評価を与えた(M = 48.91, SE = 2.01)

・絵画の種類による有意な主効果は,F(1, 54) = 10.79, p = 0.002, [eta]2 = 0.17:全体的に、具象画の方が抽象画よりも高い評価(M = 50.43, SD = 15.66)を得た

・抽象画と具象画の好みの違いは、時間的プレッシャーのある条件でのみ有意であることが明らかになった(F(1, 56) = 9.80, p = 0.003)

・NFCの気質と絵画の種類との間には有意な相互作用があり、F(1, 54) = 5.31, p = 0.03, [eta]2 = 0.09

 

コメント

研究1~3で題材や特性・状態の操作を変えたりして、クオリティが高い研究でした。

 

論文

Wiersema, Daphne, van der Schalk, Job & van Kleef, Gerben. (2012). Who's Afraid of Red, Yellow, and Blue? Need for Cognitive Closure Predicts Aesthetic Preferences. Psychology of Aesthetics, Creativity, & the Arts, 6, 168-174. https://doi.org/10.1037/a0025878