コーヒー1杯の暖かさ

心理学を研究する大学院生が、研究もそこそこちゃんとやりながら、日本の教育に一石を投じます。

芸術的創造から美的受容へ:アートのミラーモデル(Tinio, PACA, 2013)

f:id:jin428:20211012100149j:plain

みなさんこんにちは!

じんぺーです、今日も論文を読んでいきます。

 

www.jinpe.biz

 

芸術的創造から美的受容へ:アートのミラーモデル(Tinio, PACA, 2013)

 

Review

■美学と創造性の分野は相対的に分離

・美学と創造性のどちらかに特化することで、芸術に関するさまざまな概念を比較的わかりやすく説明できるというメリットがある

■ミラーモデル

・アートの美的体験は、作品の表面的な特徴を認識することから始まり、作品に秘められた意味や文脈、個人的な関連性のある概念を把握したときにピーク

・このプロセスは、作品が生まれた過程を逆に映し出す

・このモデルがアート制作とアート鑑賞の両方のプロセスを詳細に記述しているにもかかわらず、それらの相互作用に重点を置いている

■創造的な作品作りのプロセス

・基本的には、コンセプトを絵画などの物理的な表現に変えること

・いくつかの研究(例えば、Mace & Ward, 2002)では、様々な芸術作品の制作に共通する実践方法や段階が特定

・これらの段階を研究するために用いられてきた2つのアプローチ:アーティストの作業を直接観察する方法とアーカイヴ調査法

■Mace & Ward (2002)

・アーティストの仕事ぶりを直接観察することで、プロのビジュアルアーティストの現実世界での活動を垣間見せ、アート制作のプロセスを包括的に説明

・最初の段階では、明示的にも暗黙的にもアイデアが考案され、アーティストは興味深く、実現可能なアイデアをアートプロジェクトの候補として選択

・次の段階では、作品の物理的な構成の開発が続く:作品の構成がより完全に確立され、さらに探求、実験、改良、評価のプロセスを経て、最終的な完成へと進む

・最終段階では、作品を完成させ、発表の準備をする

■ステージI:初期化

・コンセプトの発生とアートワークとしての最初の表現が密接に関連していることを示す、他の実証的研究の結果にも基づく

・実行可能だと思われるアイデアを検討

・ダーウィンの視点によれば、アーティストは最初に、自由奔放に多くのアイデアのバリエーションを生み出し、そして、その中から1つのバリエーションが選ばれ、さらに検討される(Simonton, 1999, 2007)

・もう一つの視点では、アイデアの生成は、中心となるコンセプトの継続的かつ段階的な発展を伴う、より体系的なプロセスに従っていると考える(Weisberg, 2004; Weisberg & Haas, 2007)

・アーティストは、経験や背景知識、現在の影響、感情やモチベーションの状態などに影響されて、アイデアや表現の最初の物理的な表現であるスケッチを数多く作成

・作品制作の最初の段階でのスケッチの重要性は、デザイナーが創造的なデザイン問題を解決する際に、特に複雑な問題を解決する際に作成したスケッチを分析した研究でも証明

・Jaarsveld and van Leeuwen (2005) は,デザイナーが創造的なデザインプロセスの中で作成した初期および中間のスケッチを評価することで,デザイナーが使用したコンセプト開発戦略を検討:分析の対象となったのは,各スケッチにおける個々の物体の特徴と全体的な構成要素の導入,変化,安定性:デザインプロセスの初期段階では個々のデザイン要素が導入され、後期段階ではそれらの要素が洗練されることがわかった

・最終的なデザインが美術評論家から最高の品質評価を受けた参加者は、初期のスケッチでデザインの全体的な構造を導入していた可能性が高く、全体的な構成構造は初期のスケッチで定義される

・アーティストの動機、個人的および芸術的な影響、人生経験、関連する芸術関連の知識と技術、作品が制作された社会的および芸術史的な文脈を、作品の他の層よりも密接に、そしておそらく直接的に反映

■ステージII:拡張と適応

・初期段階で確立されたアートワークの側面を発展させ、微調整を行う

・アートワークの特定の要素を追加、変更、削除することで下絵を継続的に発展させたり、陰影の詳細などを導入

・絵画を調べるための代表的な画像処理技術のひとつに、X線撮影:最近の研究では、著名な芸術家の制作過程や、彼らが行った絵画の変化について、重要な情報が得られている

・既に描かれている部分に別の視覚的特徴やイメージを重ねて描くという行為

・拡張と適応の第二段階は、下絵から始まり、作品全体の構造的な構成に大きな変更(通常は追加と削除)が加えられたときに終わる

■ステージⅢ:最終仕上げ

・作品の土台となる構造の大幅な変更がなくなったときに始まると考えられ、作品の完成が近づいていることを示す

・デクーニングの後期の作品の赤外線画像検査:最終段階として、デ・クーニングはキャンバスに色の要素を加え、1980年代半ばの彼の抽象絵画に特徴的なニスのようなものを塗って、作品の表面をダメージを与える可能性のある要素から保護

・Ireson and Wright (2010b) は、セザンヌの絵画を例にとり、「キャンバスの一部がさまざまな方法で加工されており、ブラシストローク、モデリング、ラインといったさまざまな種類のレイヤーが、作品に大きな視覚的エネルギーを与えている」と述べている

・作品づくりにおいても鑑賞においても、一番下の層が最も重要:この考えは、芸術体験の全体性を説明できるようにするために必要

■美的体験

・フェヒナーの研究によると、美的体験はボトムアップとトップダウンの要因の相互作用によってもたらされると考えられている

・共通しているのは、「絵画などの対象物は、色などの低次の視覚的特徴の処理に始まり、意味づけや美的判断などの高次の認知操作に至る一連の認知プロセスを通じて経験される」という考え方

・Lederら(2004)のモデルから導き出されるのは、色やコントラストなどの低レベルの刺激特徴の初期の自動処理、作品の内容やスタイルの識別を含む中間の記憶関連処理、そして作品の意味やそれに関連する概念の理解の後期の処理という、3つの大まかな処理段階

・Chatterjee(2003)の神経生理学的な視覚的美学の枠組み:アート作品は、初期処理では他の視覚オブジェクトと同様に、色や明るさなどの特性に基づいて処理、続く中間処理段階では、小さな視覚単位がより大きな単位、つまり対象物のアイデンティティを決定する要素にグループ化される、後期処理段階では、芸術作品が他の物体と異なる特徴として、他の物体よりも鑑賞者を強く惹きつける視覚的特性と、芸術作品が鑑賞者にもたらす感情的反応

■芸術創造と美的受容の接点

・(L3)芸術作品の美的体験は本質的に自己言及的であり、このような反応の仕方は普遍的なものである可能性が示されている(Vessel, Starr, & Rubin, 2012)

・美術館を訪れた来館者が、アーティストや作品が作られた背景についての情報を期待し、必要とし、積極的に求めている

・情報は、知覚者がもともと持っている知識であれ、作品とのインタラクション中に受け取ったものであれ、L3対応を促進し、その結果、鑑賞者と作品の間の結びつきを促進:鑑賞者に伝えられる作品制作プロセスの文脈が重要

・Pitman and Hirzy (2010) は、美術の専門家は、作品に描かれているものを理解するだけでなく、アーティストが使用したプロセスや素材、さらには創作プロセスに影響を与えたであろう個人的、社会的、歴史的な影響にも関心があると述べている

■考察

・ミラーモデルは、文章、写真、音楽など、視覚芸術以外の芸術メディアの経験の研究にも応用できる

・例えば、音楽の美的体験には、視覚芸術で説明したのと同様の処理段階の進行があるよう

・Koelsch and Siebel (2005) の音楽知覚の神経認知的枠組みには、聴覚の処理段階の違いが含まれる:音楽を入力とした場合の初期処理は、音程、音色、強弱などの低レベルの音の要素を抽出し、メロディなどの単位にまとめ、時間間隔で分析する。この初期処理に続いて、音楽の構造や構文を処理、これらの初期処理は自動的に行われ、感情的な経験や意味付けなどの高次の処理に影響を与える

・本物の美的体験を説明するためには、芸術の受容と芸術の創造を結びつける必要があると主張

 

コメント

Mace & Ward (2002)とLeder (2004) を組み合わせた美しいモデル。この研究を引用している論文をどんどん読んでいこう。

 

論文

Tinio, Pablo. (2013). From Artistic Creation to Aesthetic Reception: The Mirror Model of Art. Psychology of Aesthetics, Creativity, & the Arts, 7, 265-275. https://doi.org/10.1037/a0030872